2018年12月14日

海鮮鍋、豚の角煮、鶏肉と大根の韓国風煮物ほか

今夜はわが家で気の置けない常連メンバーと忘年会\(^O^)/鍋はお取り寄せで、炊飯器調理した角煮と手馴れた煮物をご披露して、お持たせのおつまみやデザートで久々の超絶満状態に\(◎o◎)/ 明日も忘年会で、胃が保つか心配です(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年12月13日

カレー、レンコンとトマトの胡麻マヨ和え

カレーは市販のレトルト。明日わが家で忘年会をするため今夜はその料理の下準備に追われました(^^ゞ
けさのBBCはいうまでもなく専らメイ首相の信任投票に関する報道が中心で、ひとまず不信任は避けられたものの、与党内でさえ100人以上の反対派が出たEU離脱合意案が議会を通過する可能性に疑問符がつくのは必至という、予断を許さない状況が露わになった印象だ。それにしても離脱強硬派が北アイルランドの国境を緩くしたままの合意案を拒否しているのは、陸続きのアイルランドに実質的な併合をされる恐れがあるというふうに考えるからなんだろうか(?_?)とにかく今年のBBCはず〜っとこの問題ばかり採り上げているのをワタシも見ているわりに、英国がどうしたいのかイマイチわからないのは国内でも意見が二分されているからなんだろう。ロンドンのガイドブックを編集する仕事で二度ほど長期滞在した経験があるが、日本と同じ島国とはいえかつて世界中に植民地を有していた大英帝国の名残で異民族には比較的寛容な国との印象を得ていただけに、EU離脱に舵を切ったことには当初から頗る奇異な感じを持たずにはいられなかったのだけれど、移民に寛容だった分、国外労働者の流入が過剰となって国内労働者を圧迫していることが背景にあるようで、都市部と地方とではかなりの温度差があるのも指摘されている。日本は周回遅れどころか何十周も遅れて移民問題に取り組もうとしているわけだが、労働者の国内外バランスを取るのは微分積分的に難しいというのが現在の英国の苦悩に象徴されているように思われます(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年12月12日

マーボーめん

QPで見た料理。豚ひき肉に酒を混ぜてパラパラになるまで炒め、豆板醤を炒め合わせて味噌で調味し、水と醤油とオイスターソースと砂糖を足してから、しっかり水切りしてサイの目切りにした豆腐を入れてしばらく煮込み、おろしニンニクとネギのみじん切りを加えカタクリ粉でとろみをつけてマーボーあんを作る。鶏ガラスープを塩醤油コショウで調味し、茹でた中華麺を入れてさっと茹でた豆苗とマーボーあんをトッピングして仕上げる。材料はリーズナブルだしシンプルな調理でけっこう美味しく出来たが、食べながら豆腐は別に要らないんじゃね(?_?)という気もしました(^^ゞ
けさNHKBSで見たフランス2はテロ事件にまだ触れておらず、昨日のマクロン演説を受けての減税やら最低賃金保障等についての報道に終始したが、それにしても京都の妹が「日本人は大人しすぎるんやで〜革命しはった国はやっぱり違うわ〜」と言った通り、政策を百八十度転換させた仏デモパワーは侮れないのであった。国が経済的弱者を切り捨てたカタチの財政再建に乗りだそうとたら国民が黙っていないのは何もフランスに限った話ではなく、今や先進諸国が皆この種の問題に行き詰まりを露呈しているのだろうが、日本の場合は国民が大人しいとかいうより政府自体も財政再建にすっかり腰が引けちゃってるのか、来年の消費税増税に関しても対策ばかりがやたら強調されてる感じは否めません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年12月11日

、焼きネギのサラダ、海老しんじょ揚げ、鉄板焼き他

今夜は旧友モリと忘年会する予定で、モリに頼まれて近所の人気隠れ家レストラン大宮0760を予約したにもかかわらず、なんと今朝になって風邪で熱が出たという電話が入ったのだが、最近なかなか予約しづらい店だけにキャンセルするのは勿体なくて、急きょPメディアの三村さんをピンチヒッターに呼んで会食した次第(^^ゞこれを皮切りに今週から来週にかけては忘年会シリーズです(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年12月10日

豚肉とジャガイモのザーサイ炒め

今日のQPで見た料理。素材はすべて細切りに。先にジャガイモを揚げ炒めしておく。酒醤油を揉み込んでカタクリ粉をまぶした豚肩ロース肉の細切りを炒め、ザーサイを炒め合わせ、ジャガイモを戻して塩胡椒でシンプルに調味しただけ。
けさのワールドニュースで、フランス2はもちろん先週末土曜日の過激デモで荒れまくったパリと、翌日曜日の打って変わった穏やかな雰囲気を映像で伝えていたが、ワタシが呆れたのは燃料税増税をきっかけに爆発した市民の怒りに対して、「いっそパリ協定なんか破棄して化石燃料をどんどん量産する方針にしたら、フランス市民の不満もいっきに解消するはず」と米国のトランプ君がツイッターしたらしいのをロシア T Vが報じたことである(@_@;)仏極右のルペン氏もデモ支持を表明したようで、要は地球温暖化対策なんて遠い将来(かどうかも不明なのに)のことを心配するより、目先のお金に困ってる人たちの味方づらをするポピュリスト政治家が世界に氾濫している現実はまさに暗澹たるものである。
片や国内ニュースではついに閉会した今国会運営が余りにもお粗末過ぎたために呆れ過ぎて書く気もしなかったし、それ以外にも呆れるニュースが昨今は多々あり過ぎるため却ってすぐに忘れてしまうのだが(-。-;)さっきTVニュースを見て(?_?)エ?と思ったのは、順天堂医大が女子の入学を足切りしていた理由に関して、大学入試の時点では女子のほうがコミュニケーション能力の高いのを指摘したことである。確かに大昔から女子のほうが男子よりも精神的な成長は早いといわれているものの、大学入試の時点ですら精神年齢の低い男子だと一生逆転はムリなんじゃね?としかオバサンには思えんのですけど(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする