2021年04月16日

もやし、豚バラ、エノキのオイスターソース炒め

前に作ったQP料理。レシピは去年12/7のブログをご覧ください。
食後は昨夜に引き続いてフィギュア国別対抗戦の録画放送を、国は別にどうでもいいけどペアやアイスダンスまでちゃんと観るのはこの大会くらいかも?と毎度ながらに思いながら視聴しておりました(^^ゞ今季プログラムの見納めにもなるが、羽生結弦の今季フリープログラムはジャンプ跳ぶのをやや意識させてしまうように感じられたものの、音にシャープに合わせる動きはやはりこの人ならではの魅力だろう。ただし今回は2回目のジャンプがすっぽ抜けるなどして完璧とはいえない出来で、ネイサン・チェンの後塵を拝したのはザンネン。チェンはここ数年で驚くほどスケーティング巧くなっていて、確実なジャンプばかりかステップシークエンスなども見応えがあり、スピード感と力感の漲る文句ない1位の滑りを披露した。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年04月15日

鯛と春野菜のフライパン蒸し

昨日のQPはサワラと春野菜のフライパン蒸しだったが、サワラがなかったので鯛を代用。鯛の切り身は塩して白ワインにからめておく。オリーブ油を敷いたフライパンで潰したニンニクを炒め、香り立ったら縦六つ切りにした新玉ネギを透き通るまで炒め、ミニトマト、アスパラガスを炒め合わせて(QPレシピのそら豆はカット) 塩胡椒し、鯛の切り身と水を加えて蓋をして煮るだけ。アクアパッツアみたいな感じで美味しく食べられました∈^0^∋
食事しながら見たのは書かずと知れたフィギュア国別対抗戦の録画放送で、日本の女子ショートはエースの紀平が腰や足首に痛みを抱えての出場で果敢に挑んだ3アクセルに転倒するも、坂本花織がスピードと迫力あるスケーティングで健闘。しかしやっぱり3アクセルをしっかり跳んだ熟女演技のトウクタミシェワと重心移動の素晴らしい新星世界女王シェルバコワを擁するロシア勢には敵わず、といったところ。男子ショートは練習でもミスの目立った宇野昌磨が不調な感じで、片や世界選手権で絶不調の様子だった羽生結弦は復調ぶりを好アピール。もっともライバルのネイサン・チェンもそう崩れることはなかっために、明日フリーでの決着を期待したいところ。それにしてもこの大会、変異株によるコロナ感線拡大が深刻な大阪で、観客を収容して開催されているのがちょっと驚きとはいえ(!_+)フィギュアの競技会が観戦できるレベルはかなり限定されて統制の取れた質の高い客層だから何とか成り立つのだろう、と想像される。故にこれが成り立つからといって、どんな競技でもOKとは考えにくいし、ましてや30以上もの競技が同時期に開催されるオリンピックが成り立つことに結びつけるのは相当なムリクリ感が否めない(-。-;)
ところでけさのワールドニュースではBBCが東京オリンピックの是非を取りあげて、国民の多くが反対していることをデモ映像を交えて報じ、小池知事は大変な政治的リスクを負うことになると指摘し、開催時期には高齢の母親を地方に疎開させるつもりだと話す都内在住の婦人のインタビューなどを通じて、極めてシニカルな論調に終始していたのが印象的でした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年04月14日

焼きビーフン

冷蔵庫に残っていた野菜と近所のマルエツでお買い得だった野菜で思いついた超テキトーな料理(^^ゞニンニクの薄切りと生姜の千切りと鷹の爪を入れた油で豚ひき肉を炒め、新玉ネギの薄切りとパブリカ、椎茸の細切りを炒め合わせてナンプラーとオイスターソースで調味し、乾ビーフンと水を加えて炒め合わせ、仕上げに香菜を混ぜ入れて一部はトッピング。
けさのワールドニュースでは、日本政府が正式決定した福島原発処理水の海洋放出を、世界各局が想像以上に大きく報じていささか驚かされたものである。最近隣国の韓国 KBS が非常に批判的な報道なのは想像の範囲内だったとはいえ、近隣国もさることながら国内でも地元の漁業関係者や環境保護団体が猛反対猛反発している現状を、オーストラリアABCやシンガポールCNA、さらにはフランス2までがさまざまな立場の人のインタビューを交えて報じていたのが印象的で、たとえば環境保護活動をしている一人の女性の意見をここまでしっかり伝えたニュースは日本国内でもなかったんじゃないかしら(?_?)いや、国内ニュースだからないのかも(-。-;)という気がして、日本はまさに当事国であるにもかかわらず、もはや国内ではこの問題に対して関心が薄れているんだろうか(?_?)と思う一方、薄れさせようとする電気マスメディアの意図ようなものも感じないわけにはいかないのでした(-.-;)y-゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年04月13日

鶏肉と筍とスナップエンドウのオイスター炒め

昨日開封した気仙沼産高級オイスターソースを消費期限内に使いきるための料理。適当に作ったわりに美味しく仕上がったのでここにレシピを!茹で筍を薄く切って先に炒めておく。酒醤油で下味して薄力粉をにからめた鶏もも肉を胡麻油で皮目から炒め、脂を拭いてから豆板醤とニンニクの薄切りを加え、筍を戻して斜め半切りに下スナップエンドウを炒め合わせ、酒オイスターソース醤油で調味した。
今日の午後は銀行でカード変更の申請をしなくてはならず、コロナ禍で予約制とかなってるけど意外と直に行っても大丈夫でした(*^^)vところでなぜカード変更しなくてはならなくなったのか、実はフィッシング詐欺にひっかかった(-。-;)というお粗末な私事で恐縮ながら、皆さまのご参考までにここでその顛末を敢えてつぶさに開陳しておきます。
まず先週の金曜日に某クレジットカード会社からの封書が届き、「親展」のハンコは捺してあったものの薄っぺらい紙が1枚入ってるだけの封筒だから、スルーして捨てちゃった恐れも大アリながら、とにかく読んだところ、最近ワタシがふだん使わないようなものに出費しているので、こちらに連絡して確認してもらえませんか?という内容。そこで土日は休みだから昨日初めて連絡したら「松井さんは最近ナイジェリアで4日間連続で200$ほどの小物を買ってらっしゃいますか?」と訊かれてビックリ(@_@;)ナイジェリアという地域はナゾながら、要するにカード情報が抜かれて無断使用されてたわけなので、「こんなことになった理由は一体何が考えられるんでしょうか?」と訊いたら「Amazonから最近おかしなメールが届きませんでしたか?」と逆に訊かれてアッと思い当たるふしがあったのである。
実は使い古した化粧用スポンジを買い換えるべくAmazonに¥770のそれを注文したのだが、たいてい次の日には届くのになかなか来ないのでおかしいな〜(?_?)と思っていたら、Amazonから「お支払いの利用承認が得られませんでした」というメールが来て、ワタシが注文したスポンジの写真まで添付されているからすっかり信じ込んで「支払方法を更新する」と書かれた黄色いボタンを押してしまい、替わった画面に指示通りカード情報を書き込んでしまったのでした(>_<)ゞ何しろ偽メールとはいえAmazonのロゴやデザインとそっくりだし、注文した商品が届かずにそのメールが来たということは注文の時点で既にフィッシングされてるわけなので、こちらも気づきようがなかったというべきか。カード会社が「Amazonから最近おかしな〜」と訊いたのも既にこの種の偽メールが出まわっているということだろうから、Amazonをご利用の皆様くれぐれも御用心くださいませ!ともあれカード会社がガードしてくれたお陰で幸い金銭的な被害はなかったのだけれど、今までクレジットカード決済していた公共料金を始めさまざまな支払がこの間止められてしまうことになるし、再発行には最低でも3週間かかるそうで(!_+)、おまけにそれがメインバンクのカードと一体化したものだから、今後3週間以上もカードでお買い物はできないし、銀行口座からカードでお金を引き出せなくなるという、大変不自由な生活を強いられるはめになっちゃいました(;。;)まあ、無駄遣いしなくていいようなもんですが(^_^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2021年04月12日

牛肉と春キャベツの梅肉炒め

今日のQPで見た料理。ざく切りにした春キャベツを少しずつわけて水けが出ないよう強火で先にさっと炒めておく。酒とカタクリ粉と油にからめた牛肉を炒め、キャベツを戻し炒め合わせて、梅肉オイスターソース酒酢の合わせ調味料を回しかけて仕上げる。昔なら牛肉と梅干しは食い合わせでアリ得へん (¨;)料理だけど結構美味しく食べられました∈^0^∋
けさはワタシもさすがにNHKBSのワールドニュースではなく、TBSのマスターズLIVE中継を見ていたが、土日月と3日間も連続視聴したのは今回が初めてだけに、松山英樹オーガスタ制覇\(^o^)/の瞬間が見られたのは何よりでした(*^^)v一時は荒天にも見舞われたオーガスタが今日は文字通りグリーンの映える絶好のお日和で、松山は昨日の勢いを借りて今日も当初は余裕のヨッちゃんで優勝できそうな雰囲気だったが、終盤は池ポチャと後続の追い上げでひやっとさせられつつも大崩れすることはなく、3日間通じて木下陰を縫うスーパーショットや逆に木に当たってはね返ったラッキーショット、正確無比なラインを辿ってホールに吸い込まれてゆくスーパーパットの数々を堪能させてもらいました。それにしてもこの間にMLBでは大谷翔平が少年マンガ顔負けのスーパープレイヤーぶりを発揮している一方で、アジア人に対するヘイトクライムが激化しているニュースも流れるだけに、米国における2人の大活躍がどんなふうに受け止められるのかちょっと心配されなくもないけれど、少なくともオーガスタに集った大勢のギャラリーならぬパトロンズは幸い祝福のスタンディングオベーションで迎えていたのが印象的でした(*^_^*)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする