2018年01月17日

豚肉とブロッコリーの甜麺醤炒め

QPで見た料理。斜め薄切りにしたニンジンと小房分けしたブロッコリーを少なめの油とお湯でさっと蒸し炒めしておく。塩胡椒酒で下味しカタクリ粉をまぶした豚肉と薄切りにしたエリンギを多めの油でつやが出るまでじっくりと炒め合わせ、先の野菜を戻して甜麺醤砂糖醤油酒水を混ぜた合わせ調味料で仕上げる。ブロッコリーは厚めに皮を剥いた茎も使うべし!
昨日芥川賞を受賞された若竹千佐子さんの記者会見をチラ見し「人生の終盤でこんなに晴れがましいことが起こるなんて」と仰言った時にドキッ (◎-◎;) としたのは、この方がワタシよりも一歳年下だったからで、そうだ…もう終盤なんだ…(-。-;)との思いを新たにしたものである。子供がいないと自分が年取るのを忘れがちで、おまけにペットの亀もゼンゼン年取らないので気づく瞬間に恵まれないせいもあるし、インドア派で軟弱だったカラダも乗馬のおかげで今や人生イチバンの筋肉質になって以前より重いモノがラクに持てたりするし、旅行とかも若い人と同行して食欲で引けを取ることも少ないしで、ともすれば終盤戦であるのを意識せずに日々うかうか過ごしている自分を改めて反省しなくてはならないf(^ー^;とはいいつつも、このままうかうかしているうちにあっさり死ねたら理想的な気もしていて、何が何でも死ぬまでにコレだけは!という思いがイマイチしないのは、人類の先行きが超ドラスティックな変化を遂げて従来の文化がほとんど消滅する予感を抱いちゃってるせいかもしれない。もっとも今はそういう予感を持ってる人のほうが多数派の時代なのかもしれず、そんな時代にあって医療等の進化で寿命がどんどん延びちゃうのは全くホラーな展開だと感じる向きもありそうだ。ともあれ終盤戦にさしかかった身としては、さまざまなイノベーションによる身のまわりのアイテムにどこまでお付き合いすべきかが今やイチバンの決め事で、たとえばウエアラブルコンピュータはカラダに悪そうだから止めておこうとか、IoTやルンバ以外のロボットは果たして必要なんだろうか?とか、AIに対応する用意をしなくてはならないんだろうか?とかSNSを一体いつまで続けるのか?とかいったふうに、これまでのお年寄りはゼンゼン考えなくて済んだような選択を迫られているのがワタシと同世代の高齢者なんだろうと思われます(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年01月16日

牛肉と野菜のコチュジャン炒め

前にQPで見た料理。牛肉にコチュジャンおろしニンニク砂糖醤油胡麻油を混ぜ合わせたタレを揉み込んでおく。胡麻油でシメジを色づくまで炒めてから肉と櫛切りにした玉ネギを炒め合わせ、肉の色が変わったらもやしを入れて塩胡椒し、さっと蒸し炒め。仕上げにニラを加えて炒め合わせるだけ。もやしは炒める前に水にしばらく浸してしゃっきりさせておくこと。
今日のワールドニュースでは、ロシアのラブロフ外相が日本のイージス・アショア導入に対して、米軍により攻撃に使用される懸念を洩らしたのにいささか驚き、ええっ!あれは迎撃ミサイルじゃなかったの(-。-;)と思いながらも、この間イージス・アショアに関する具体的な情報が少なくとも TV の報道番組でほとんど得られなかったことに、改めて日本のマスコミの深刻な危機を感じてしまった。実際問題スモウ取りがどうなろうが日本人のほとんどは痛く痒くもないはずだが、多大な税金が使われるイージス・アショアが一体どんな働きをするのか関心を持たない側もどうかとはいえ、やはり一般の喚起を促す報道をしない側が問題にされるべきではなかろうか。もっとも今や旧メデイィアは「貧すりゃ鈍す」の典型として、低予算で発行部数や視聴率を稼ぐために、ごく身近な問題か理解しやすい出来事にしか反応しないヒマな若年層と高齢層を多数派と見切って、そこに向けて発信するしか能が無い状態なんだろうけど、ヒマな主婦やってる京都の妹でさえ「BSはともかく、イマドキふつうの放送番組を見てたらますますアホになってしまうわ〜」と昨日の電話で嘆いておりました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年01月15日

信州飯田行

底冷えの京都に生まれ、北海道で雪中乗馬までしたワタシにして、今回の旅行は人生イチバンの寒さに震える体験と相成りました(@_@;) 何しろ飯田は盆地で、それも京都のようにヤワな盆地ではなく、周囲に2、3千m級の山々が聳え立つ標高500mの盆地を今季最強の寒波が襲う最中だったから、まるで冷凍庫の中に閉じ込められたような状態で丸二日間を過ごすことに。北海道だと二重窓で室内は意外に暖かなのだけれど、飯田は真夏の気温が三十度を超えるらしいから、宿泊した高級旅館でも、温泉にのぼせるほど浸かった上にヒートテックと浴衣と羽織を重ね着したまま掛け布団二枚で暖房をガンガン効かせてようやく何とか就寝できる感じでした (^_^;)
取材中も氷点下な感じながら、それでも現地の皆さんは親切に応じてくださって、160年前に建てられた現存する日本最古の人形芝居小屋の中に入れてもらったり、江戸期のカシラを修復して使っている人形を手にして遣わせてもらったり、当時の古文書を手に取って拝見したり、何かと貴重な体験をさせて戴いて面白いお話も伺えたのは喜ばしい限り。こうした体験を通しての紀行文は3月に出る「ひととき」四月号に載る予定ですので、ご興味のある方は東海道山陽新幹線のグリーン車か取り扱い書店でゲットして下さい<(_ _)>
写真は上から往きの新幹線車中で見た富士山を新年らしくUPしました。次はこれまた新年らしく飯田の宿から見た南アルプスの日の出をUP。三段目の写真は江戸初期に使われたとおぼしき人形のカシラ群。下は極寒の中で160年前に創建された黒田人形舞台を保存会の会長さんたちが開けて下さっているところ。さらに下はその人形舞台の二階。最後は飯田近くの観光名所として名高い天竜峡だが、さすがにダレもいませんでした(^0^;)




このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年01月11日

菜の花とキャベツとしらすのサラダ、中華総菜4種

大宮そごう地下でゲット。
新年早々今日は午後からカード情報誌「てんとう虫」の取材で同誌編集部の田中さんから「お土産について」のインタビューを受けた。写真撮影のため、ヴィタメールの馬と蹄鉄を象ったチョコを文字通りお土産に戴いたのは超ラッキーでした\(^O^)/
明日はこれまた新年早々の出張となり、新幹線のグリーン車に置いてある情報誌「ひととき」の取材で早朝から長野県の飯田に向かい、現地で郷土芸能として昔から盛んな人形浄瑠璃のカシラや舞台、稽古場風景を拝見したり、保存会の方々からお話を伺うなどして丸二日間を過ごすことに。その間はブログの更新をせず、日曜日に帰宅してからの再開と相成ります<(_ _)>宿で温泉に入ったりもできるようですが、ちょうど寒気の襲来と重なって現地の最高気温4度、最低気温−9度という予報に恐れをなしつつ、とにかく風邪をひかないよう無事な帰宅を願うばかりであります(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年01月10日

プルートウ

2015年の初演を非常に面白く観たので、今回は舞台好きの馬トモ人事部のSさんをお誘いして非常に感謝された次第。舞台評は2015/1/9のブログもご参照願いたいが、基本は手塚治虫と浦沢直樹の漫画を原作に、コンテンポラリーダンスを中心にしたパフォーマンスで、映像やパペット技術も取り入れながら、イラク戦争を彷彿とさせる未来社会の混乱を背景に、憎しみの連鎖が止まらない人間社会のありようをロボットの目を通して逆照射するテーマは変わらない。ただ初演ではラスト近くで可動装置を巧く使ったカラクリ仕掛けに人間の動きが噛み合ったスピーディ且つダイナミックな舞台転換に目を奪われて圧倒された印象だが、今回はむしろ芝居の部分が膨らんで今日的にわかりやすいストーリーを楽しめる舞台になっていた気がする。初演からアトム役は森山未來で決まりだが、今回加入したウラン役の土屋太鳳とゲジヒト役の大東駿介が想像以上の出来映えで芝居の部分をしっかりと支えている。Sさんが「これなら誰にでもオススメできる舞台ですよ!」と言われたのもむべなるかなであった。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする