2022年12月06日

十三代目市川團十郎白猿襲名披露公演

昨夜は遅くに帰宅し、ブログをさっと書いて入浴してからW杯クロアチアVS日本のLIVE放送を前半戦まで観て、前田のゴールで、ああ、これはもう大丈夫だとして床に就いたのがまずかったのか(-。-;) 後半戦のクロアチアの猛追で延長線、PK戦にまでもつれこみ、敗退に追い込まれた結果は本当に残念としかいいようがないけれど(v_v)とかく残念なことが多い昨今の日本で、意外なほどの強さを発揮してコーフンさせてくれた森保JAPANには大いに感謝したいものだ。
残念といえば昨日の初日で残念だったのは、まず劇場全体に襲名興行らしい活気がゼンゼン見られなかった点で、それはコロナも多少尾を引いているのだろうが、ロビーにはよくご贔屓からの贈り物を積物(つみもの)と称して披露するのが恒例なのに、それもほとんどないので長い幕間の時間の潰し方に困ったくらいである。口上も今月は市川一門と親戚筋に限ったとはいえ、また白鸚の休演も響いているとはいえ、各人の余りにもあっさりし過ぎておよそ芸が無い口上には愕然とさせられた。これは何か襲名当人が市川家ならではの「にらみ」を際立たせるために一同に要請して、こんなしょうびんなものになったのかどうか、関係者に訊いてみたかったくらいである。
中幕の「團十郎娘」は市川ぼたんが歌舞伎の本興行では60年ぶりに女性で一本の出し物を上演することに何かと物議もあったようだが、初日とは思えぬ堂々とした舞いぶりにはちょっと唸らされたものである。とにかく可愛らしい女の子がパワフルでもあるという設定にぴったりハマっていて、右團次が付き合う恰好で、これは何とか出し物として成立していた。
夜の部でホンキの出し物はやはり「助六」で、玉三郎の揚巻はこれが見納めかと思ってわざわざ観に行ったのだけれど、70代とはとても思えぬ容姿に、何といっても声がほとんど衰えていない点は、わが愛する歌右衛門勝りともいえそうだ。「悪態の初音」の件りは世話がかり過ぎてやや生っぽいきらいがないとはいえないものの、ある時期から歌舞伎界全体でセリフをわかりやすく言うモードに突入したらしいのを考えたら、今後の揚巻もこの路線を踏襲することにはなるのだろう。髭の意休も弥十郎が演じることでこれまでより断然セリフがわかりやすく聞こえたし、その分昔のように結局わけがわからんけど何だか有り難いお芝居みたいにはもう絶対なれないのが歌舞伎の現在位置だと、われわれ観客も関係者各位も心得るべきだろう。嬉しかったのは勘九郎の白酒売り新兵衛が故勘三郞を彷彿とさせて、ああ、本来なら故人がこの役をやるはずだったのに……と思わせつつも、勘九郎がその大役に十分堪え得るまでに成長を遂げたことである。
猿之助の通人はもっとはっちゃけるのかと思いのほか、この人意外とマジに歌舞伎の将来を憂えてるのかも?という印象を残したし、彼が心配するのは無理もない気がしたのは、若手総出演の豪華な舞台のはずなのに、肝腎の助六に花というかオーラというか身の輝きが乏しくてむしろ暗い印象が持たれたせいである。これはセリフがどうとか発声がどうとか芸がどうとかいう以前の問題で、海老蔵襲名の頃を観ている者としては、一体どうしちゃったんだろう?と案じられた。悪い噂が飛び交ったのも尾を引いてやや萎縮しているきらいがあってもおかしくないにせよ、襲名当人は今が人生でイチバン輝くべきはずの時であり、襲名披露公演はその輝きを観に行く興行なのだからして、関係者各位がそれを一体どう考えているのか訊いてみたいくらいだったが、初日なのにロビー等でダレも知り合いに会わなかったのもまた珍しいことである。もっともワタシの知ってる関係者はもうほとんどが過去の人だろうから、ワタシと同様にどうしちゃったんだろう?と思っているか、もう完全に見放しているのかもしれない。ともあれ、この公演を襲名披露として高額に売りだした興行主はふてえ野郎だと、ダンビラを振りかざして襲いかかるような人たちもイマドキはいないからいいようなもんの、と思いながら劇場を後にした次第です(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2022年12月05日

蟹クロケットよビーフシチューのランチコース

歌舞伎座の初日を観る前にPメディアの三村さん、旧友のモリ、幻冬舎のヒメと銀座の洋食店「みかわや」で食事。せっかく高いチケット代を払って團十郎襲名興行を観るのだから、食事もちゃんとしたいよね〜という気持ちで何十年ぶりかにこの店を訪れたのだが、お高くないお店とはいえないものの、付け野菜に至るまでちゃんとした素材でオーソドックスに調理されていて、他の三人にも大好評で、やっぱり老舗の看板を掲げて勝負するって実際こういうことなんだよな〜とつくづく思った次第。で、肝腎の襲名興行に関しては明日書きます(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年12月04日

鮨、天ぷら、ざるうどんのセット

乗馬の帰りに大宮そごう内の「歌行燈」でハフ・アラブMixウラ嬢のオーナーOさんと食事。
師走らしい冷え込みになった今週末も埼玉県下の馬場で愛馬オランダの幼稚なおじさんクリトンに騎乗。今週は久々に A子先生のレッスンで、下乗りされてもらったクリトンは駈歩でハーフパスや踏歩変換を待ってました!とばかりに嬉々としてこなし、ワタシの騎乗でも快適に走行して駈歩発進もスムースに行ったのは何よりでした(*^^)vもっとも右手前の発進は伸長速歩に逃げられがちで、それはどうも左後肢の膝が悪いせいではないかと思われるのは、レッスン後半で左脚を庇うような走行が目につくからだった。年を取ると膝関節に痛みが出るのは馬も人間も一緒で、対処法は筋肉をつけるか、体重を落とすか、あるいは関節に効く薬を投与するしかなく、まあ時には薬の投与もしながら、筋肉がつくよう今のうちからムリさせない程度に積極的に動かすほうがいいんでしょうね〜という話になった。とにかく馬は寝たきりでとか半身不随で生きることなど絶対に出来ない草食動物なのだから、長生きをさせるには年を取っても活発に運動をさせるしかないのである。
ところで今週の当クラブではサンデーサイレンスのお孫さん黒鹿毛サマ嬢が原因不明の起立不全で急死したことが、会員さんのみならず馬たちにも大変ショックだったようで、クリトンも厩舎で珍しく大人しかったのだが、サマ嬢と馬房が近い優等生サラ鹿毛ボニー君やデカ鹿毛サラオー君は直後の動揺が非常に激しかったようだし、放牧場の女子会でいつも仲良く寄り添い動作まで時々シンクロしてたウラ嬢の落ち込みようは週末の今日まで尾を引いていて、走行姿勢はきれいだし歩様がいいにもかかわらず、終始どよんとして暗い表情なのがイッパツわかる感じだったから、馬といえども仲間の死は精神的に相当応えるものと推察された。かくしてオーナーのOさんはウラ嬢に「あなたは長生きするんだから、他の子も次々と看取らなきゃなんないの!って言ってやったの」とのことでした(v_v)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年12月03日

月見キツネ蕎麦、おでん

昨日の鍋のおいしい出汁が残っていたのと今夜の寒さで、こんな手抜きメニューに(^^ゞ
食事しながら見たTBSの報道特集はゼロコロナ政策に端を発する中国の反体制デモと、日本政府が原発の使用年数延長を進めている問題を取りあげて、いずれも興味深く視聴した次第。前者に関してはかつて天安門事件の学生リーダーだった王丹氏がコメントを寄せ、若年層が習政権に反発した一番の理由はやはり当局が厳しいネット規制をしたことであり、運動が政権の予想以上に拡大化しているのもまた SNS の利用によるものだとしていて、政権が今後コロナ規制を緩和しても、いったん火が付いた反体制ムーブメントが果たして収束するかどうかはまだダレにも予見できなそうな感じである。
原発の使用年数延長に関しては、ウクライナ危機のドサクサに乗じた現岸田政権のいわば火事場ドローボーじみた姑息なやり口なのか、あるいはアホほど楽天的な判断力の帰結としか思えないのだけれど、原子力規制委員会の3TOPに就任したのが相変わらず原発推進省庁である経産省の出身者だったり、来春の法改正を目指して着々と手が打たれている一方で、これまで長くて40年とみられてきた耐用年数を超えた原発を抱える地元にはまだいっさい説明がなされていないようだし、これで万が一の事故でも起きてしまったら、フクシマと同様にまたダレも責任を取らないまま深刻な事態に陥るのは必至なだけに、科学的根拠もなく延長を認めるアホほど楽天的な推進派の犠牲になるのは、原発で潤う地元の人たちもさすがにコリゴリなのではなかろうか?と思われたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年12月02日

鶏団子とゴボウの鍋

今日のQPで見た料理。鶏ひき肉に塩、酒、生姜汁とカタクリ粉に水少々を加えて練り混ぜた団子を昆布&煎り子出しで煮て、笹掻きゴボウ、薄切りコンニャク、舞茸を加え、醤油味醂塩で調味して 10分ほど煮込んでからセリをトッピングし軽く火を通せば出来上がり。ゴボウはピーラーで幅広い笹掻きにすること。鶏団子をふわふわに仕上げるのがポイントで、コンニャクは切る前にしっかり塩もみしておくこと。シンプルな素材のわりに、いい出汁になってとても美味しく食べられるのでオススメ!寒い晩にぴったりです∈^0^∋
けさはサッカーW杯スペインVS日本戦を、なんとLIVEで観てしまいました \(^O^)/ 実をいうと録画で観るつもりだったのが4時半くらいにピコッと何かが鳴ったような気がして目を覚まし、だれか電話くれたのかしら?と思いながらTVを点けたら1-0で負けていて、鎌田のシュートが弾かれたのを見たあと、スペインチームのパス回しの上手さに見惚れてしまい、ああ、こりゃとても点を取るのはムリだという気がしながらも、せっかく起きたのだからと見続けていたら、この日のために制作したのか!みたいなCMが流れてそれもふしぎにずっと見てしまい、後半戦で三苫と堂安が投入されたので少し期待を持ちつつ、でも久保は外しちゃうのか?と思いながら、強運のワタシがなぜか起きて観てるんだからひょっとしたらひょっとするかも(笑)なんて勝手な自信妄想をふくらませていたら、後半開始早々に堂安が素晴らしいスピードとキレのあるシュートでゴールを決め、そこからスペインが前半戦とは別チームのような感じでパス回しにも綻びが見え始め、再び堂安が斬り込んで、浅野が受けるかと思いきやボールが外にこぼれたのを三苫がかろうじて拾って田中がゴールを決めたのはシロウト目にも実に微妙なプレーで、一瞬ボールは外に出てたように見えたからVAR判定はてっきり黒かと思いきやセーフだったのはまさしく僥倖とすべきで、ああ、これならもう日本は勝つだろうな〜という気がしたのでした。その後もスペインは元気なく、日本チームのほうがアグレッシブに健闘し、ことに三苫のアグレッシブな走りは驚異的で、本当に日本のサッカーは変わった(!_+)ことをワタシみたいなド素人でも実感できたし、試合直後に堂安が語ったようにドイツ戦は奇跡的でも何でもなく、知らない間に日本チームは強くなっていて、それは海外のチームに所属する選手たちが当たり負けしないだけの体力とメンタルを身につけたことが大きいのだろう。日本人アスリートの心身が画期的に進化したのは何も大谷翔平だけではなかったのを改めて感じさせられた今回のW杯であります\(◎o◎)/


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする