2024年07月22日

牛トマ炒め

今日のQPで見た料理。ニンニクの薄切りを炒めて色づいたら取りだして、塩胡椒で下味した牛細切れ肉を炒め、トマトと塩を加えて炒め合わせ、細切りした大葉の半分を混ぜ込んで半分をトッピングして仕上げた。トマトは皮ごと切って、皮目を下にフライパンに入れ、加熱で剥きやすくなった皮を菜箸で除去するのがいささか面倒なポイント(^^ゞ
けさのワールドニュースは世界各局がバイデン氏の大統領選撤退とハリス氏の指名を報じていたが、晩ご飯後に見たBS-TBS報道1930は確トラを前提とした日本サイドの対処法を特集。現地インタビューで元側近の白髭ボルトン氏はトランプ氏が日本との軍事同盟=安保条約を全く理解せずに軍事負担を今より強く求めるはずだと言い、経済政策面の元側近はトランプ氏が関税の引き上げは自国の消費者を苦しめて経済を落ち込ませるにもかかわらず、自国の製造業を復活させるために必ず実施するだろうと述べて、それには日本の首脳がトランプ氏の懐にいち早く飛び込んで諄々と説得するという手で何とか被害を最小限に喰い止める方法を模索するしかないようだった。コメンテーターの面々によれば、何しろ相手はアタマの中が80年代で停まっていて、日本は製造品の輸出国で米国の製造業を圧迫していると思い込んでいるそうなので、今はむしろ米国に投資して現地で雇用を確保していると説得するしかないらしく、そのことに長けていた故アベは、世界で最初にトランプと面会した要人ということで多大な信頼を勝ち得ていたわけだけれど、それは搭乗していた航空機がニューヨークで給油することになって、たまたま空いた時間に駆けつけたということだったらしく、これまた意外にもたまたま当選して孤独感を募らせていたトランプの胸中にフィットしたというのだから、いやはや、政治では何が起きて何が幸いするか知れたものではないようだ。そんなわけで11月の大統領選までにもホントのところはまだ一体何が起きるかわかったものではないのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年07月21日

タイ風春雨、青パパイアのサラダ、生春巻き&さつま揚げ、タイ風オムレツ、サテー、シシカバブ、豆カレーとナンとタンドリーチキンのセット他

乗馬の帰りに元米朝事務所の大島さん、音楽ライターの守部さん、幻冬舎のヒメと大宮門街ビル内のエスニック何でもレストラン「ディップ・ガーデン」で食事。
うだるような猛暑の今週末も埼玉県下の馬場で愛馬オランダの幼稚なおじさんクリトンに騎乗。酷暑の中でここんとこずっと股関節痛に悩まされているワタシにとっては今や乗馬も難行苦行に近いとはいえ、クリトンの可愛さに免じて騎乗し続けており、またがった瞬間はアッと声が出そうになるほどの激痛を堪えて常歩で馬場を2,3周し、まだ痛みのあるうちに速歩で走行しているうちにだんだんと痛みが薄らいでいくというパターンで今週も何とか乗り切った次第(^^ゞ ところで可愛いといえば、お盆明けの今週末は亡き俊寛を可愛がってくださった大島さんと守部さんが俊寛の墓参りにクラブへお越しになって、「いや〜付き合いが長かったから俊寛の想い出はいろいろとあり過ぎて大変よ〜とにかく最初の頃は食べなかったから苺とかフルーツトマトとかモロヘイヤとかの嗜好品で気を惹いて何とかリクガメフードを食べさせるので必死だったわよね〜松井さんが旅行中に預かった時はもう心配で心配で、OOさん(某歌舞伎役者)にお呼ばれしてる最中にそっと抜けだすのも大変だったのよ〜」と大島さん。今クラブで飼われているノリちゃんを見て「甲羅がお父さんそっくりよね〜顔はママ似だけど」と大島さんが仰言れば「たしかにシュンは顔がもっとイケメンで、全体に美形のカメだったわよね〜」と守部さんが受けて盛んに故亀の追悼談義をし、大宮で落ち合ったヒメも以前にフトアゴヒゲ?トカゲを飼ってらしたので、なかなか意思疎通のできない爬虫類でも、長くそばにいた存在がいなくなる何とも言えない淋しさを経験済みとのことで、この俊寛追悼の会にも参加してさったのでした<(_ _)>


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年07月20日

昨夜観た「ふくすけ」の感想

松尾スズキの「ふくすけ」を観るのは3度目で、今回が最も腑に落ちたというか、この作品の迫真性に強い共感を覚えたものである。初演はたしかバブルが弾けた直後で、私が最初に観た世田パブの再演は20世紀末だったが、当時はまだ露悪的な毒気の振り巻き方を面白がる程度だったのに、その後の日本社会はどんどん下り坂に突入して底なしの淵に瀕するせいか、今回は日本のある種の現実そのものをリアルに映しだす作品に見えたし、俳優陣も意外なほどのリアルな好演が印象的な舞台であった。
これから初めてご覧になる方もあると思うのでストーリーを詳述は避けるものの、薬害で福助頭の奇形児として生まれた少年ふくすけと歌舞伎町の風俗業界を取り巻く人間模様を軸にして、孤児のDV夫に盲目の妻、双極性障害を持つ妻に吃音症で苛められっ子だった夫といった、いずれも歪な人間の歪な夫婦関係が次第に説き明かされて、最後にふくすけ誕生の秘話に結びつく因果物めいた展開はまるで幕末の黙阿弥劇を彷彿とさせるかのようだった。津軽三味線によるいわば下座音楽も今回の演出で採用した恰好だから余計にそうした印象を受けやすかったのだろうし、時代の閉塞感をリアルに映しだした点で両者を重ね合わせやすかったのかもしれない。
ともあれ今回は黒木華と岸井ゆきのという現代の極めて芸達者な若手女優が参加した上演であることに興味を覚えて観劇し、実際に黒木はハマリ役だったし、岸井も予想を上まわる好演でこの人の可能性を広げて見せたのだが、ホストに貢いで立ちんぼ売春するフタバを演じた松本穂香の存在がさらにこの作品をリアルに見せてくれた点も忘れるわけにはいかない。双極性障害の妻を演じた秋山菜津子もまた相変わらずの達者な演技で、あり得ない展開をみごとに実現して見せてくれる。孤児のDV夫を演じた阿部サダヲはいつもより控えめな演技に見えながら最後に妻に異常な執着を見せて暴力を振るう迫真性の怖さはやはり彼ならではだったし、今回は荒川良々が吃音症の夫を意外なほどの抑えた演技で終始リアリティを持たせたことや、嫌なヤツをマジに演じきった皆川猿時も印象的だったし、他のメンバーいずれもこの戯曲の構造をくっきりと際立たせつつ厚みを持たせる好演だったことが、今回の上演を成功させたのは間違いない。もちろん歌舞伎町のど真ん中に建つ劇場での上演だったことや、折しも異常な都知事選直後の上演だったことも功を奏していたのは、皆さん劇場に行ってご確認を!


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年07月19日

デリカテッセン・プレート

新宿ミラノ座で松尾スズキ作・演出「ふくすけ」を見る前に伊勢丹会館の「美鈴屋」で旧クラブの馬トモ人事部のSさんと食事。観劇後もお茶して帰宅が遅くなったので、面白く観た芝居については後日また改めて書くつもりです(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年07月18日

ポークソテー・ズッキーニトマトソース

今日のQPを参考に作ってみた。QPがサーモンの叩きに添えたソースは細かく切ったズッキーニとトマトの粗みじんをおろし生姜、塩、ワインビネガー、オリーブ油で和えて冷やしたもので、これまたQPが別バージョンとしてオススメしたポークソテーにトッピング。このソースはとてもさっぱりしてて夏にオススメの味わいです∈^0^∋
食後に見たBS-TBS報道1930は百年安心ってホントかなぁ(?_?)の年金について特集。これに関しては現役世代の納付期間を60歳から65歳に延長して基礎年金額を増やすというのが現政権の目玉政策だったはずが、これ以上国民に不人気となるのを恐れた自民党が撤回して御破算になったことからも想像がつく通り、政治家任せにしておいたら抜本的な改革ができるはずもないし、官僚は官僚で若い人はNISAとかをしっかり活用して年金なんかアテにしない生活を送って欲しいようだし、いやはや結局どうにもならずにドンドン目減りしていくような感じだから、早めに60歳から支給されることにしておいて大正解だったかも?と毎回思うテーマである。賦課方式を採っている日本もいずれは積み立て方式に移行しないと現役世代が損するばかりでネグレクトしそうだし、さりとていつから移行すると決めるのも、度胸のない政治家や慣性の法則の奴隷と化した官僚にはできない相談だから、当分このままぐずぐずと行くところまで行くしかないんだろうな〜とこれまた毎回思うのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする