2020年02月21日

歌舞伎座2月興行昼の部

最近は歌舞伎の古典演目を積極的に敬遠しているワタシが(^_^;)珍しく今月の歌舞伎座を観る気になったのは、「菅原」の「道明寺」はひょっとしてこれが見納めになるかも?という気がしたからで、まずこの演目の菅丞相こと菅原道真役は恐らく当代の仁左衛門以外に演れそうな人が見当たらないし、今回はおまけに玉三郎がなんと菅丞相の伯母の覚寿役を引き受けたという衝撃的に豪華な配役なので、見納めかも?という気になったのは無理もないと思って戴きたい。で、他にもそういう気になられた方が多いだろうし、また往年の孝玉ファンもそそられただろうから、新型肺炎禍で銀座がガラガラだったわりに歌舞伎座は意外とそこそこ満員に見えたのだった。
ともあれ昼の部は「道明寺」を眼目に据えて、そこにつながる場面をつなげた「菅原」の半通しといった演目立てで、まずは菅丞相が初めて登場する「筆法伝授」の場の第一声「さりがたき仔細あって」が先代仁左衛門のちょっとうわずったような声と怖いほどそっくりなのに驚かされた。先代もそうだが、当代も菅丞相の居ずまいと佇まいの立派さは絶品で、この演目はそれを見せてもらえばもう十分といってあげいたいくらいなのだけれど、やはり芝居が進行するにつれて仁左衛門の声が聞こえづらくなったのはいささか残念で、この俳優の年齢を考えたらもっと初日に近い日にちで観劇すべきとはいえ、こっちも仕事の関係でなかなかそうはいかないのであった。
覚寿役の玉三郎もまた初役の疲れが多少出ていたせいもありそうだが、それ以上にこの役がまだ全く手の内に入っていない印象を受けたのは幕開きの杖折檻のかたちが少しも極まらなかったせいで、この役の性根をそこできっちりと見せないため、菅丞相に伯母御前と呼ばれるだけの貫禄もまた見せられないのであった。それにしてもこの役に限らず丸本物の婆役は今後ますます難しくなりそうで、優れた爺婆役者がいないと丸本物の多くは上演できないことを改めて考えさせられてしまう。玉三郎は昔から汚れ役や老け役をも厭わない精神の女方であるのは可としても、そもそも世話味が勝った人だから丸本時代物の婆役に挑むのが向いているようにはどうも見えなかったし、姿かたちに人一倍こだわるりこの俳優が今回の役に関しては佇まいからして及第点が取れていなかったことを指摘しておく。とはいえこの役が意外にアクティブで、婆役ながら脇ではなく、この場の中心として活躍する存在感を示した点は評価しなくてはならないだろう。この場全体でいえば、千之助の苅屋姫はいささか芸が若すぎて評価のしようもないとはいえ、芝翫の判官代輝国、孝太郎の立田の前、歌六の土師兵衛、弥十郎の宿禰太郎いずれも当代きっての本役といえそうだし、おまけに勘九郎が中間役のご馳走で付き合っているから、こうした配役の点でも今回の「道明寺」は見るべき上演だったのだけれど、とても気になったのは丸本物としての盛り上がりを損なう足取りの悪さであり、要するに丸本物はミュージカル的側面が強いためフィナーレが近づくにつれて急調子即ちアップテンポで盛りあげていかないといかないのに、〽仰せは外に荒木の天神……以下の足取りの悪さは劇全体の感興を削ぐこと夥しく、こうした点も主立った俳優の高齢化がもたらすのだとしたら、周囲がそれをカバーする仕組みも必要なのでははるまいか。ただ昔の役者は高齢でも急調子に耐え得る息の詰め方をしていたようにも思われて、ワタシもこんなふうなことを書くようになった自らの高齢化を大いに感ずるところであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年02月20日

クラブクロケット、菜の花のポタージュスープ、野菜サラダ

Pメディアの三村さんと歌舞伎座昼の部を観て、終演後は食事するのに中途半端な時間となり、三村さんが銀座で何故かふしぎとまだ一度も入ったことのない超有名店として資生堂パーラーを挙げられたので、ワタシも久々に定番洋食が食べたくなってご一緒した次第。やっぱりここの蟹コロッケは美味しい!です∈^0^∋帰宅ラッシュを避けるために食後お茶して結構遅くなったので、肝腎の歌舞伎座の感想は明日書きます(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年02月19日

レンズ豆と豚肉のカレー

お察しの通り一昨日の残りにカレー粉を加えただけです(^^ゞ
国内外共に今日も新型肺炎ニュースに席巻されているなかワタシ的に印象に残ったのはフランス2の報道で、同局は海上を放浪の末にようやくカンボジアで意外とあっさり下船できて一瞬めでたしめでたしかに見えたウエステルダム号の乗員5 0 0名の中から、米国女性の感染者が発見されたことによって 新型コロナウイルスが世界中に拡散した可能性を淡々と指摘(@_@;) 次いでこの流行が今後の世界経済を揺るがす事態となりかねない一番の理由として、製造業のサプライチェーンがいかに中国に依存しているかを具体的な数字で示し、たとえばスマートフォンの7割、自動車の3割が中国製であるばかりか薬品の多くも中国製でペニシリンに至っては9割が中国製!!と聞いてビックリでした(!_+)
それにしても日本のTV報道は相変わらず目先のことしか追えていない感じがするのだけれど、そのマスコミ以上に品質が低いのは言わずと知れた政治家のようで、昨日たまたま電話した京都の妹はアベボンの大人げないヤジ発言にほとほと呆れてしまったといい「政治家なんてほんまに要らんで〜あんな人らに税金を使われてる思たら腹立ってかなんわ〜(-_^:)」とのこと。でもって今日のニュースでは、政治家は国のコロナウイルス対策会議に出席しても欠席しても別にたいして変わりがないのを知って、本当に要らない人たちなのかも(?_?)と思われたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2020年02月18日

刺身の盛り合わせ、太刀魚と舞茸の天ぷら、白子ポン酢と松前漬け、とろ鰯の一本焼き、蒸し牡蠣、鰹の煮物、ホタルイカと鯛の釜飯鱈ほか

文春「オール読物」の大沼編集長と川田さん、単行本担当の高橋氏と大宮東口の「二つめ」で食事。川田さんがブログでこの店に興味を持たれて、ここで「江戸の夢びらき」連載打ち上げの会食と相成った次第(^^ゞお三方共に今回の連載を意外と面白く読まれたようで「初代團十郎が歌舞伎にとっていかに画期的な存在だったのか非常にクリアにわかったような気がしました」と大沼編集長に言われたのは何よりだし、私自身も今回の連載では役者評判記を始め当時のさまざまな資料を元に初代團十郎を歌舞伎の「創造者」として描いた自負もあるので、4月下旬刊行予定の単行本を皆さまにご購読戴ければ幸いです<(_ _)>お三方とは単行本のパブリシティに関する話もいろいろとした上で、同社が昔やっていた文士劇の話になり、石原慎太郎の助六に三島由紀夫の髭の意休、曾野綾子の揚巻に有吉佐和子の白玉という配役のフィルムが同社に残っていてそれを見たという川田さんに、是非それを見せて!と頼んだワタシは子供の頃にTV中継?で「勧進帳」の弁慶を柴田錬三郎、冨樫を村上元三、義経を舟橋聖一で見たような記憶があると話したのだけれど、文士劇には当時オール読物の一年間の売上が飛ぶくらいの莫大な費用がかかっていたらしいという話を大沼編集長に伺ってびっくりでした\(◎o◎)/!


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年02月17日

豚肉とレンズ豆の煮込み

QPで見た料理。豚ブロック肉を食べやすい大きさにカットして塩胡椒を揉み込んで表面が色づくまで焼いて脂を取っておく。オリーブ油でニンニクと縦薄切りにした玉ネギとイチョウ切りにした人参を炒め、水を加えて豚肉とレンズ豆とトマトピューレとケチャップを入れて煮立て、アクをすいてから柔らかくなるまで煮込んで塩胡椒で調味。ふつうの鍋だと1時間ほど煮込むところが圧力鍋だと20分で済みました(*^^)v
けさのワールドニュースでも世界各局が新型コロナ肺炎を大きく取りあげており、中でも横浜に停泊中のクルーズ船が大注目を浴びていて、日本の対応のまずさやオリンピックに対する懸念まで匂わせる報道が気になるところだったし(-。-;)晩ご飯しながら見たBS-TBSの報道1930でも同じ問題を取りあげて、既に国内感染が相当進行している前提での国を挙げての積極的な対策に乗りだすべきだという提言には肯ける点がありつつも、中国のように移動や集会の制限等を短期でも国民的に設けるところまでは行けそうにないだろうから、結局は個々人の判断と行動に任せることになるように思われれるばかりだった。私個人はインフルエンザ対策と同様に自己免疫力のUPを重視しながら、キホン的にもっぱら自宅で執筆活動をし、定期的な出先も乗馬クラブだったりするので、比較的感染しにくい環境に身を置いてはいるのだけれど、劇場に行ったり講演の仕事があったりもするので、この問題に全く無縁とはいえず、実際問題そうした予定が近々に入っているのは一体どうなるんだろう(?_?)といたく案じられるのでした(◎-◎;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする