2021年07月30日

エスニック春雨サラダ、エスニックしじみ汁

昨日の香菜の残りを使い切りたくて、ネットのレシピを参考にしたこのメニューに(^^ゞサラダは茹で戻した春雨に胡麻油でニンニクのみじん切りと共に炒めた豚ひき肉、紫玉葱スライス、横二等分にしたミニトマト、皮を剥いて酒蒸した海老、ちぎった香菜お混ぜ込んでスイートチリソース、ナンプラー、レモン汁で調味し、仕上げに粗挽き黒胡椒を振った。しじみ汁はまずおろし生姜とおろしニンニクを胡麻油で炒め、シジミと二等分したミニトマトを炒め合わせ、水を加えて煮立て、アクをひいてから酒とナンプラーと酢で調味。仕上げに粗挽き黒胡椒を振って香菜をトッピング。
食事しながら見始めたのはネット配信の総合馬術競技で、これは馬場馬術と障害とクロスカントリーを1人1頭でこなす人馬のトライアスロンみたいな競技だが、今宵は馬場馬術のパートとあって、一昨日までソレ専門の馬たちを観ていた目には、な〜んてフツーの馬たちなんだろう (!_+)まあ、 これくらいだったらわがクリトンでも出来るかも(^0^;)と見えたので、つまりはオリンピック級の馬場馬が競技馬の中でもいかに特殊な存在かを改めて再認識させられたといった感じだろうか。ともあれ総合馬にとっては明後日のクロスカントリーが一番の見せ場だろうから、今週の日曜日は乗馬クラブでもそれでもちきりではなかろうか。というのも日本の総合馬術で現在メダルに唯一近い人として知られる大岩選手が以前ある方の紹介でわがクラブに遊びにお越しになって、レッスンを受けた会員さんもいらっしゃるので、クラブのオーナーも大変応援してらしゃるのだけれど、ネット配信をご存じなかったから先日ワタシがURLをメールでお送りして見方を教えて差しあげたのでした(^^ゞとにかく馬術で日本が上位に食い込めそうなのは総合馬術くらいで、馬場馬術だと世界一が90点台を叩き出したのに比べて日本は60点台に留まっており、その壁の厚さはちょっとやそっとで破れるものではないのをつくづく感じさせられたというか、やはりオリンピックの馬術はヨーロッパの伝統競技と認識せざるを得ないのだった。もちろん馬術にはヨーロッパ以外にも色んな地域の馬術があるわけで、長距離を走らせるエンデュランスとかだとアメリカの馬に軍配が揚がりそうだし、草原を疾走させたらモンゴルの馬、山登りをさせたら日本の馬が一番になりそうで、そもそもオリンピック競技に出られるとか出られないとか関係なく、それぞれの地域にそれぞれ色んな点で優れた馬たちや人間が生きているのを忘れてはいけません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年07月29日

鶏肉とカシューナッツのバジル炒め、トマトと香菜の花椒和え

炒め物は昨日のQPで見た料理。潰したニンニクを入れたオリーブ油で細かく切った皮なし鶏もも肉を炒め、角切りした玉ネギと赤パブリカとカシューナッツを炒め合わせ、酒とナンプラーで調味し、仕上げにレモン汁を振ってバジルを混ぜ入れる。和え物は今日のQPで見た一品。生姜の千切りと角切りしたトマトと短く切った香菜を混ぜ合わせて煎って潰した花椒と塩を振りかけ、胡麻油を回しかけて仕上げる。見た目の色味は似てるが、素材も味わいも全く別物です(^^ゞ
馬場馬術競技に現を抜かしてるうちに今日はとうとう国内のコロナ感染者が1万人超となり、中でも人数が際立つ首都圏は東京のみならず3県ともまたまた緊急事態宣言が発出されることになったらしいが、蔓防と具体的にどう違ってくるのか、埼玉県民としては気になるところなんだけど、どうやら飲食業者以外の一般市民にはあんまり関係なさそうだし、緊急事態宣言が出たからといって今さら行動様式を変える市民もあんまりいなさそうなので、政府は一体何のつもりだか、相変わらずどうしてほしいんだか一向にわからないのが困ったもんである(-。-;)そもそも感染力の強いデルタ株によってアジア諸国の感染拡大が凄まじい勢いなのを横目にスガドンは随分ノンキそうな感じでオリンピックを強行し、ひょっとしたら英国ジョンソン君の顰みに倣って、もはや感染拡大やむなしを前提にしているのかも(?_?)とワタシが思ったくらいだから、若い人たちもそれを受けて感染拡大に努めるのは当然ではなかろうか。もしかしてオリンピック期間中はわが家のTVにかじりついてくれるかも?みたいな期待を政府がしてたんだとしたら、それは若い人たちにTVを観る習慣がもはやほとんどないのを知らない人の誤解としかいいようがない。かくいうワタシもTV受像機で今はBSのごく一部の番組かAmazonプライムとかNetflixしか観なくなっていたので、オリンピックが始まっても環境ビデオ風に流している時間帯はあっても、PC画面で観る馬術競技を除いてTVでじっくり観戦した試合はほとんどない。中学の部活はソフトボールだったからソフトボールの予選は2試合ほど少し観たものの、肝腎の決勝戦は馬場馬術と重なって見損なってしまった(__;)とにかくふだんなら結構スポーツ観戦をするほうなのに、今は余りにも多すぎて却って見る気が起こらなくなっており、とにかく馬術の試合が全部済んでから何か観たい試合があれば観るかもである。たまたま環境ビデオ風に流してて涼しげで良かったのはカヌー競技で、やっぱ暑苦しい競技はパスだな〜と思われたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年07月28日

うな丼、アスパラガスとトマトの和風ドレッシングサラダ

今日は土用の丑で安易なこのメニューに(^^ゞ
いや〜残念なことにオリンピック東京2020における馬場馬術の試合が今夜で終わってしまいました(;。;)馬術はあと障害や総合もあるとはいえ、これを一番楽しみにしてただけにワタシ的には早くもオリンピック終了な感じであります (^_^;)今夜は個人決勝で、予選と団体含め3試合目となる馬たちが、ここに来てなんと調子を上げてるというか、集中力のあるプレーをしてるコが多かったのも驚きで、ワタシも最後の試合を存分に楽しませてもらいました\(^O^)/金メダルは予想通りというか順当に独逸の新星ジェシカ・フォン・ブレドウ=ヴェルンドル選手で、銀メダルは同じく独国の重鎮イザベル・ベルト選手。この二人は乗馬も共に牝馬という組み合わせだし、3位の英国C・デュジャルダン選手と併せて実に女子力が発揮された大会だったというべきか。もっとも馬場馬術はこのところ女性騎手に席巻されている観がありそうで、今回も上位に食い込んだ男子はエドワード・ガルのみだった。ガルは伝説の名馬トテュラスのジュニアに騎乗し、BGMもかつての音楽を使ってトテュラスの再現を図ったような演技ながら、如何せんジュニアはまだ9歳の若さでパパほどの機械的な正確さは望めずにメダルを逸した恰好だ。メダリストの3人はいずれも馬との良好な関係をよくわからせる演技を見せ、特に牝馬だと強引な調教や騎乗の仕方はNGだけに、ドイツの二人はその点をよく心得て乗馬を仕上げられたに違いない。イザベルさんの乗馬は17歳というやや高齢な牝馬だけに、3試合目となる今夜は最初なんだかえらくお疲れモードに見えて大丈夫なんだろうか(-。-;)と心配されたほどだが、途中から俄然ぴりっとして、この馬ならではのピアッフェなど正確無比な歩様演技を見せつけてくれたのは、やはり馬も騎手もさすがにベテランだからというべきか。ジェシカさんはご本人も美しいが、乗馬も脚が長くて首長小顔のモデル体型みたいな牝馬で、こんなに優雅な踏歩変換をする馬って滅多にいないんじゃなかろうか\(◎o◎)/パッサージュの滞空時間が長いのも優雅さを際立たせており、芸術点が100パーセント近くまで行って総合点92パーセント台近くにまでのせたのも納得の演技だった。ともあれコロナ禍に東京の酷暑の中で行われた試合としては、これだけの世界的な名選手と一流の馬たちが揃って見応えのあるパフォーマンスを繰り広げたのがフシギなくらいで、惜しむらくはコロナさえなければ、ナマの試合を観るのは無理だったとしても、馬トモみんなで集まってネット配信動画観戦をしたかったところであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2021年07月27日

豚しゃぶの雲白肉

オリンピックでついにQP3分クッキングの放送までなくなった(!_+)ためQPのサイトで見た今日の料理。ニンニクと生姜のみじん切り、醤油、黒酢、紹興酒、胡麻油、五香粉を混ぜ合わせたタレで豚バラ肉のしゃぶしゃぶを食す。付け野菜は皮を剥いて茹でた茄子とピーラーで剥いたキュウリ。
台風の関東直撃が避けられたので予定通り行われたオリンピック馬場馬術団体決勝の試合をネット観戦すべく、今夜は大慌てで料理した次第(^^ゞ
馬場馬術なんて言い方だと知らない人には全くイメージが浮かばないだろうからもっと良いネーミングはないものかと思うが、取り敢えず二人羽織みたいな感じの人馬一体でフィギュアダンスをする競技と考えてください。フィギュアスケートにジャンプとかスピンとかイナバウアーとかあるように、馬のフィギュアにも技がいろいろあって、スキップみたいな一歩毎の「踏歩変換」を派手に見せられるコや、欽ちゃん走りみたいな「ハーフパス」の足並みをきれいに揃えられるコ、抜き足差し足のコソ泥走りみたいな「パッサージュ」やその場で足踏みの「ピアッフェ」が正確にできるコ、旋回「ピルエット」の器用なコや斜め伸長駈歩がド迫力のコ等々それぞれの得意技を披露しながら音楽に合わせて舞い踊るのを今夜もたっぷり堪能できました(*^^)v団体戦は順当にドイツの優勝で、このところドイツ女性陣の優位は揺るがないところらしい。オリンピックで唯一男女別になっていない競技が馬術だから、女性が掛け値なしの世界一になれる競技といっていいが、つまりは人間よりも馬の優劣が物を言う競技でもあるのだろう。さりとて良い馬に乗ればどんな人でも勝てる競技というわけではなくて、何も訓練していないフツーの人がオリンピックに出場するクラスの馬に乗ってあんな凄い動きをされたら、まず間違いなく死にます(-_-;)それくらい馬場馬は見た目優雅に見えても超ハードな動きをしているので、この夜でも蒸し暑い日本の夏に競技するのは人馬共にさぞかし大変だろうと思われる。大変といえば、去勢したセン馬でなく牡馬に騎乗している女性選手が意外に多かったのもオドロキで、しかもまだまだ元気いっぱいのローティーンの牡馬なんかによくぞ乗れるよな〜と感心しきり(@_@;)牡馬のほうも鼻息荒くゼイゼイハアハアいう音がしっかり拾われていて、何やら侠気(おとこぎ)で走ってる感を漂わせていました(^0^;)最高得点を叩き出したドイツのジェシカさんの愛馬は牝馬のようで、いかにも牝馬らしい優雅な物腰に魅了された。ところで馬場馬術の競技に出場する馬は黒鹿毛と青鹿毛とか黒いコ率が非常に高くて、今回白っぽい芦毛のコはたった1頭のみだし、茶系のコも少なめだったが、それにはやはり何らかの理由があるのだろうか(?_?)たとえば黒猫が比較的人に懐きやすいというように、馬の性格にも毛色の違いが反映するとかなのか?ただ単に黒っぽいほうが人の目を集中させるからなんだろうか?インストラクターでよく栗毛はバカだとかいう人がいるけれど、英国のC.デュジャルダンとかドイツのイザベル・ベルトの乗馬とか見たら栗毛バカ説なんて絶対あり得ない気がして、人を肌の色で判断してはいけないように馬も毛色で判断してはいけないのかもしれません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2021年07月26日

フレッシュトマトとソーセージのアラビアータ

今日のQPで見た料理。ソースはオリーブ油にニンニクの薄切りと鷹の爪を入れて玉ネギの薄切りをじっくり炒め、角切りしたトマトを炒め合わせて乱切りしたソーセージを加え、パスタの茹で汁を注いで煮詰めて塩で調味する。仕上げに粗挽き黒胡椒を振ること。
夕方いつもの時間に近所のマルエツへ買い物に行ったら意外なほど空いてたので、何か見逃せない試合でもやってるのかしら(?_?)と帰ってTV点けても別に〜な感じだから、ひょっとしてみんな4連休を取り込んだ夏休みで出かけちゃってるのかしら?そういえば軽井沢にお住まいの乗馬インストラクター石田先生が「軽井沢は例年のより早く混んでるんですよ」と仰言ってたので、この近所の人たちも東京の別荘族に倣って疎開組なんだろうか(?_?) と思ったりした。
昨日最初のワクチン接種をしたワタシは体調に何ら変化がないのでいつも通りに朝20分弱の筋トレをして、ごくふつうに執筆の仕事をしていたが、早朝に必ず見ていたワールドニュースをNHKが放送しないことには参っていて、この間に世界で何が起きてるのか、海外から大勢来ている人たちも知らなくていいのかしら(?_?)それとも彼らをヘンに刺激しないために放送しないんだろうか(?_?)あるいは海外からオリンピックにあれこれ言われるとか、逆に東京2020なんて海外ではほとんど無視されてるのが国内で露顕するとマズイからなんだろうか(?_?)とか色々考えてもさっぱりわからず、別に何も考えずにただオリンピック放送をダダ漏れさせてるだけの、今や公共放送ともいえないくらいにマインドが落ちぶれた放送局の罪なのかもしれなかった。かくいうワタシも昨夜と一昨夜はそのNHKのネット配信で馬場馬術競技を見くるっていたけれど、こと馬術に関しては日本人の活躍なんて余り期待もしていないし、戦前に馬術で唯一の金メダルをもたらしたバロン西がWe Won!=我々は勝った!と言ったのを当時は「日本人が勝った」と解釈した世間のアホもいたが、本当は名馬ウラヌスと共に勝った!と言ったつもりだったというエピソードはとてもステキで、この二晩の予選を観ていても、試合終了と同時に選手が馬体の肩を叩いてねぎらったり、首に抱きついて感謝する様子に、やはり馬術は人間同士の競争を超越する要素があるスポーツなのだと再認識させられたものでありますヽ(^0^)ノところで明日は馬場馬術の団体決勝が予定されているはずだけど、台風直撃するらしいのでどうするんだろうか?そんなに強い台風ではなさそうだけど、他にも影響を受ける試合は沢山あるはずで、アソー君が「呪われた」と言ったこのオリンピックにはまだまだ試練が続くんだろうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする