2021年10月21日

鶏唐揚げの甘辛がらめ

今日のQPで見た料理。ケチャップ、コチュジャン、ニンニクと生姜のすり下ろし、酒、醤油を火にかけて混ぜ合わせたタレに鶏もも肉の唐揚げをからめただけ。鶏肉は皮と脂を除いて塩胡椒で下味し、薄力粉とカタクリ粉を混ぜてまぶすこと。付け野菜はサニーレタスで、ワタシはサニーレタスに唐揚げと貝割れ菜を巻いて食べました(^^ゞ
けさのワールドニュースでは新型コロナ感染者が英国やロシアで再び急増している現状を伝えたが、英国の場合は明らかにジョンソン首相の確信犯的な政策によるものだろうし、ロシアの場合はワクチン接種が少ないためで、というのも当初から政府肝煎りの国産ワクチン「スプートニクV」に信用がなく、つまりはプーチン政権そのものの信頼が揺らいでいるせいのようである。ブラジルでは異常な感染拡大の惨状を引き起こした張本人としてボルソナロ現大統領を糾弾する動きも出ていて、このコロナ禍は各国における政権担当者の個性を際立たせ、且つその信用度を推し量れる要素もあるのだろう。ともあれ日本は現在のところ気持ちがわるいほど感染者が急減していて、多くの識者もその根本原因がわからないらしいので余計に気持ち悪いのだけれど、ひょっとしたら日本は一貫して気持ち悪がっていることが意外に功を奏しているのかもしれないと思ったりもする。そもそもダイヤモンド・プリンセス号あたりから感染者数が余り増えなかったことが習近平来日やオリンピック開催の予定にからめてまず不審を持たれ、その後も他国に比べて検査数の少ないことが政府の隠蔽工作みたいに取られ、それに輪をかけたのがオリンピック開催でどんどん不信感が強まる一方、その結果、感染者数が激減した今でもみんなマスクをしっかりしてたりするのが面白いというべきか。要は皮肉にも政府に対する不信感がロシアと真逆に今のところは日本を救ったようなところもありそうで、こういうのって昔から日本人の得意ワザだったのかも、と思える今日この頃(^_^;)願わくば向寒の砌に第6波に襲われないようにしたいものであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年10月20日

高野豆腐の含め煮、昨日の残り

今日のQPは同じ食材を使って戻した高野豆腐をフードプロセッサーでオカラみたいにして食べる料理だったが、どうもフツーに食べたほうが良さそうだったのでわたしはコレに(^^ゞ昨日の残りがあったので今晩はあっさりと。
けさフランス2のニュースを見てたら不動産税がどんどん高くなってるのが問題になっていて、日本だと固定資産税のことなんだろうか(?_?)と思いながら、これからはどこの国でも税金をダレからどうしっかり取るかが問題になってくるよね〜という気がしたものである。岸田首相のいう「新しい資本主義」って別に新しくも何ともない昔でいう修正資本主義のことではないかと思うのだけれど、欧州各国はもとより米国もコロナ禍ではバラマキ政策にならざるを得なかったわけだし、コロナ禍がなくても産業構造の大転換期にはどうしても生活の立ち行かない人びとが増えるのも必至なだけに、今やどこの国も「大きな政府」を志向せざるを得ない状況だから、結局はその財源をどこに求めるかということになってしまうのではなかろうか。でもって日本だとそれを大企業や富裕層への課税強化か国債、カンタンにいえば金持ちからガッポリ取るか子孫にツケを回すかしかなさそうで、多かれ少なかれどこの国でも似たようなもんだろうし、問題は世界を股にかけて逃げまわる金持ちから取りはぐれること!という点でも共通しているのだろう。ただ日本にはまだそこまでの金持ちはいないのがむしろ問題なのかもしれず、その意味でも日本は一億総中流社会の名残みたいなものがまだあって、その名残のジイさんバアさんからの経済的援助で貧困に陥らなくて済んだり中流的な生活が保てている若年層も結構いて、何とか社会の安定が保たれている側面もあるだろうし、だからこそ富裕層のジジババに課税強化をためらう自民党が支持されていたりするのかもしれない。とはいえコロナ禍で明らかになった、日本のもはや先進国とはとてもいえないデジタル等あらゆる面での異常な遅れ方と社会の停滞はあきらかに保守政党とそれを支持する保守層がもたらしたものであり、既得権益を保守しようとする限り日本の未来はなかなか拓けないのが自明の理ともいえそうだ。もっとも困ったもんなのは日本の政党がワタシに言わせれば今やオール保守の様相を呈している点で、経営者もさることながら労組もまた一種の既得権益化しているだけに産業構造をドラスティックに改変する障害ともなり得るからで、自民党が経営者の既得権を保守しようとすれば、立民党は労働者の雇用を保守しようとするし、社民党は憲法九条を保守しようとする政党といえなくもないのであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年10月19日

台湾風スペアリブのオーブン焼き

今日のQPで見た料理。豚のスペアリブを紹興酒、おろし生姜、醤油、塩、五香粉を混ぜ合わせた液ダレに漬け込んで半日ほど冷蔵庫で寝かせて200度のオーブンで30分加熱した。付け野菜のサツマイモは輪切りか半月切りにしてさっと水にさらし、電子レンジで加熱してから塩とゴマ油をからめてオーブンで10分加熱。スペアリブを20分加熱した時点でプレートごと取りだし、空いた部分に埋め込んで加熱するといい。スペアリブは液に漬け込む前にペーパータオルで表面の水けを拭き取っておくこと。スペアリブのオーブン焼きは意外と手間要らずに出来るのでオススメ!
けさのワールドニュースでは相変わらず欧州各国における石油天然ガス等のエネルギー源不足が問題になっているようで、ドイツZDFもフランス2もこれを大きく且つ深刻に取りあげていたが、もっと深刻なのはどうやら中国のようなのだけれど、同国の放送は敢えてこの問題を大きく扱わずに、むしろサプライチェーンが破綻する関係で欧州のほうが先に悲鳴をあげている印象だ。たとえばフランス2がけさ報じたのはアルミニウム不足で、アルミに関しては中国が世界の60パーセントの供給量を誇るというのも今日初めて知ったが、アルミを生産する工場への電力不足が深刻のようで、原因は気候変動抑制のために炭鉱を閉鎖したことらしいから、現代は各国共に何とも難しい問題に直面していると思わざるを得なかった。欧州ではCO2排出量削減のためにエネルギー税を上げたのもガソリンの高騰に輪をかけているところもあるらしく、極端にいえばそれでガソリン車やディーゼル車が割に合わない存在として消滅してくれたらいいのにと願う人たちもいるだろうけれど、一方でガソリン車を生産している労働者もあれば、ここまで発達した物流が崩壊したらたちまち市民生活が滞るのは必至だし、とにかく気候変動問題は対処するにも微妙な舵取りが必要なようで、今後も世界中で最も懸念されて人類史上の最重要課題で且つ最難関の懸案事項になるのは間違いなさそうなのに、日本の政治家が与野党共のこの問題には余り触れようとしないのが謎です(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年10月18日

イカ明太子スパゲティ、三つ葉とエノキ茸のおひたし

三つ葉は昨日乗馬クラブでもらった敷地内に自生している三つ葉です∈^0^∋エノキ茸と共にさっと茹でてカツオだし醤油味醂で和えただけ。スパのレシピは不要かと(^^ゞ
食事中に相変わらず見始めたBS-TBS報道1930はこれまた相変わらず来たる衆院選の特集で、某アンケート調査では与野党伯仲を予想だか期待だかしている有権者が最も多いという意外でも何でもない回答だったらしく、とにかくアベ政権の腐敗をきちんと明るみに出せなかったのも野党議員の数が余りにも足りなくて舐められちゃってるのが最大の原因には違いなかった。一方で野党が政権にただ単にケチをつけるしかない能が無いと見られて国民の支持を増やせないのも事実だし、ことに否定形から入るのを嫌う若年層の支持を受けづらいのは大きな問題で、かつて政権を担った人びとも少なくない野党人としてはむろん具体的な政策が皆無なはずがなかろうし、国会の論戦をきちんと聞けば鮮明にその違いがわかるのだけれど、どうもまだそれをきちんとアピールするコトバが不足しているのではないかとゲストコメンテーターの田中優子氏は指摘。たしかにそういわれたら野党の側から政策的にキャッチーなコトバが少しも聞こえてこないのは確かで、今どきの選挙はそれが結構モノをいうのかも知れないな〜という気がしたのは、小池さんが威勢のいい頃はキャッチーなコピーばっか飛ばしてたよね〜と想い出したからであります(-.-;)y-゜゜だからどうなったわけ?と言われても困るんですが(^_^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年10月17日

水餃子、海鮮上海焼きそば

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
悪天候で気温が急変した今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。このところ快調のクリトンは馬場馬らしい弾発があって且つ柔軟な歩様を披露してくれるので「最近この馬ホントに良くなりましたね〜」とレッスン中に石田先生に話しかけたら「松井さんの乗り方も良くなってますよ。腰がしっかりと使えて押せてるし」と先週に続けて賞められたワタシ(^^ゞ今週の1鞍目は新人インストラクターUさんのレッスンを初めて受けて、下乗りしてもらわずに騎乗したわりには意外と早く弾発のある歩様に持って行けて「イイ感じですね!」と言われてイイ気になっていたら、途中からクリトンが急に左手前を拒否りだして停止後退の合図も聞かずにウロウロし始め、こういうワガママを容認してレッスンを終えると後日のためにならないので発進の合図を繰り返したところ、スピード感のある再発進はするものの何故か定点停止が出来ないままレッスンを終えるはめに(-。-;)で、馬場からツナギ場に連れ帰ったら途端にジャーと大量のオシッコを放出したので、ナルホド、じっとしてられないくらいガマンしてたわけね(^_^;)と納得。レッスン前に飲ませるお湯や水の量をサマータイムと同様バケツ2杯やってたのがまずかったらしく、ツナギ場で蹄を床面にカンカンと叩きつけるしぐさが水を要求するサインとワタシが勘違いしていたようで、どうやらクリトンは蹄に詰まった厩舎のオガ粉を払い落とすためにカンカンしていたと判明した次第。とにかく色んな要求や反応や感情表現が大げさなので、さすが外国産(!_+)とクラブ中の人馬に呆れられているクリトン君が、まるでヤク中患者みたいな目つきになって昂奮する文字通りのジャンキーフードがバナナなのだが、今日はたまたま7歳サラ芦毛レール君ママのMamiさんから頂戴したのを与えたところ、案の定ひと口食べるごとに昂奮してゆき、ヒンヒンと鳴きながら食べるばかりか両隣の馬房の板壁を後肢で蹴飛ばしたり全身体当たりして美味の歓びを表現するので参りました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (3)を読む

コメントする