2021年01月20日

さば缶キムチチゲ

一昨日のQPで見た超カンタン安上がりな韓国風鍋料理。白菜キムチをゴマ油で炒め、サバ缶を丸ごと崩し入れて水と酒を注ぎ、煮立ったら豆腐を入れて醤油少々で調味し、仕上げに春菊を加えるだけ。
食事しながら見たBS-TBS報道1930では米国の新大統領就任式直前のトランプ君総括を特集し、トランプびいきのFOXTVでさえバイデン氏の当選を報じた後も、選挙に不正があったとしてホントはトランプ当選というフェイクニュースを流し続けたTV局があって、そこの社長として紹介された初老の裕福そうな男性の写真が、暴動デモで映された明らかにWASPの落ちこぼれという感じの男性と同じく、完全にイっちゃってる人の眼だったのが恐ろしかった(@_@;)就任式における再暴動が懸念されて2万5千人もの州兵が動員されているが、彼らの中にも強固なトランプ支持者がいたりするようで、最近は兵士や警官といった制服組に極右主義者が増えているとの話も恐ろしく、アメリカでまさかクーデターは起きないよね〜(-。-;)なんて漫ろ心配してしまったのは、最近マーガレット・アトウッド著「侍女の物語」の続編「誓願」を読む機会があったせいかもしれない。これはアメリカで大統領の暗殺に端を発してキリスト教原理主義者によるクーデターが起き、そのことによって女性に究極のディストピアが訪れる近未来小説であり、これを割合忠実に映像化した「ハンドメイズテール」もHuluで見応えのあるドラマだが、この小説の中にクーデター以前のアメリカが「わたしの国は長年にわたり負のスパイラルに陥っていた(中略)インフラの老朽化ーどうして手遅れになる前に、ああいう原子炉をだれか廃炉にしておかなかったんだ?悪化する一方の経済、失業問題、下がり続ける出生率。人びとは不安になっていた。そのうちに怒りだした。希望のある救済策は出てこない。責める相手を探せ」と表現された一節があって、読んでて関係のない他国の話とはとても思えませんでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年01月19日

豚肉と大根の甘味噌炒め

今日のQ Pで見た料理。生姜汁、酒、醤油で下味した豚バラ肉を炒め、イチョウ切りにして塩を振り電子レンジで火を通した大根を色づくまで炒め合わせ、味噌砂糖酒醤油を混ぜた合わせ調味料を回し入れて、ワケギを加え混ぜて仕上げる。ワケギがなかったので京都産の九条ネギを使用。Q Pは豚バラ肉にカタクリ粉をまぶしたが、ワタシはまぶさずにしっかり炒め出た脂を捨ててヘルシーバージョンに(^^ゞ
けさ見たワールドニュースでも各局でコロナ変異種の問題が取りあげられていたが、英国変異種は若年層に感染しやすくなっているようなので、子供にもワクチンを投与すべきかどうか、投与するとしたらその適量はどうなるのか?といった問題をBBCが報じて、英国変異種がすでに侵入してしまった日本の現状を憂えずにはいられなかった(-。-;)もっとも人種によって遺伝子は異なるし、コロナウイルスの感染力や毒性も遺伝子に左右されるそうだから、なんとか無事に済むよう願いたいものだが、それにしても入国の際にすり抜けが起きたり、自己申告任せで超ユルユルとしか思えない水際対策はどうにかならんもんか!と腹立たしいばかりだ(-_^:)この手の問題はまるで昨春の蒸し返しのようだし、いわば島国のメリットを依然としてさっぱり活かそうとしない政府の感染対策の根本的な原因は一体どこにあるんだろうか(?_?)ひょっとしてこれもオリンピック禍?とか思っちゃうのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年01月18日

肉じゃが

冷蔵庫にジャガイモが残っていたのでコレ(^^ゞ写真でおわかりの通り今日はちょっと濃い目の味つけに。
昼間に元外交官夫人である旧友のモリから突然の電話で「別に用はないんだけど、ダンナがうちにいるとやっぱり政府の悪口が言い難いのよね〜でもホントに酷いよね〜」とのこと (^_^; 何が酷いといって、二人とも呆れてしまったのが入国の水際対策が信じられないほどお粗末だったことで、まずこの段階で英国からの帰国者?を受け入れていたのがフシギよね〜とモリは言い、まあ、それなりの事情はあったんだろうけれど、入国の際の検査をすり抜けてしまう人が出るようなことでは、所詮オリンピックをやるなんてのは全くの妄想でしかないよね〜という話になったのだった。で、晩ご飯しながら BS-TBS 報道1930を見ていたら、「今入ったニュース」としてコロナ英国変異株の市中感染者が早くも静岡で見つかったことが報じられて愕然とした次第(@_@;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年01月17日

アボカドと京野菜のサラダ、おこわ弁当

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
寒暖差に驚かされた今週末もオランダの幼稚な子クリトンに騎乗。石田先生の指導に与った1鞍目は最初サクサクと非常にいい調子で走ってくれたのに、休憩タイムでいったん手綱を弛めてしばらく歩かせ、持ち直して再発進したらどうもまた例のハミを下にぐいっと引っ張るワガママが出はじめて久々に手を焼いてしまい、先生に乗り代わってもらっても同様のしぐさが続くので何だかおかしい (?_?) 一体どうしたんだろう?と思っていたら少し落ち着いて、再度ワタシが乗ってもふつうに走ってくれたので、やっぱりワタシの手綱の操作がまずかったんだろうか?と悶々としつつ下馬して頭絡を外してやったら、クリトンが咥えていた大勒ハミにも水勒ハミにも砂が付着しているので、「ひょっとしてコレが問題だったんじゃないでしょうか?」と先生に見せたら「あっ、そうかもしれない」とのこと。思うに手綱を弛めてクリトンが頭を下げた時に何らかの拍子で地面に口をつけて砂をいっぱい吸い込んでしまい、しばらく口の中がジャリジャリしてハミを嫌がったのかも?でも、そんなことってあるかしら?やっぱりワタシの操作ミスだったのでは?と思いながら2鞍目は例によって単独のフリー騎乗をしたところ、何の問題もなくサクサク走ってこちらの誘導通りに径路もしっかり踏んでくれたのでホッと一安心(*^^)vこの様子をご覧になっていた乗馬の大先輩で今や当クラブの会友でもある元ミセス副編の福光さんが「乗ってて非常に安定感がありますよね〜ああだったら、独りで乗っても安心ですよね」と賞めてくださり「独りで乗って馬と一対一で向き合う時間を持つのは大切なことかもしれませんね」とのことでした(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年01月16日

豚と冬野菜のタジン鍋

タジン鍋にオリーブ油を引き、玉ネギ、ジャガイモ、レンコン、塩胡椒した豚ロース肉、ブロッコリーの順に載せ蓋をして 10 分ほど蒸し、一時凝ってすぐに飽きたタジン鍋だけど、あるとやっぱベンリだな〜と思いながら (^^ゞ ポン酢で食す。何たってカンタンに一人鍋ができるメリットは独り暮らしにとって捨てがたいが、独り暮らし自体のメリットも改めて考えさせられたのが今宵のTBS報道特集で取りあげられたコロナの家庭内感染問題である。持病のある高齢者や今ちょうど受験生を抱えてるお宅などは神経の使い方が尋常じゃないだろうし、家族間で個食してるのもヘンなもんだろうし、家の中でずっとマスクしてるのもイヤだろうな〜と独り暮らしの身には思えたものの、馴れたら案外そうでもないわよ!と所帯持ちの方はおっしゃるのかもしれません(^_^;)もちろんダレもがいつ何時どんな経緯で感染するかもしれない未知の部分が多い病だけに、当初ワタシは独り暮らしのリスクのほうを重視し、近所に住んでる馬トモの医療従事者Oさんに「いざとなったら食料とかウチに届けに行ったげるわよ」と言われたことをお守りみたいにしていて、よほど重篤化しない限り入院はできないものと覚悟しつつも、独り暮らしの場合は却って外出を一切しないという選択肢があり得ないので、外出時のマスク必須と手洗いが多少マメになったほかは仕事がら以前とほぼ変わらない生活をしており、今のところさほどのストレスは感じずに済んでるのが幸いです(^ニ^)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする