2019年12月15日

馬トモ忘年会第2弾

金曜日の夜は松岡さんが久々にわが家にお泊まりで、翌土曜日は午後から乗馬クラブに行って、夜はクラブの忘年会で帰宅が遅くなったのでブログの更新はしませんでした(^^ゞ
夜が忘年会なので当日の昼間は会員さんが多くて勢い部班レッスンとなり、部班が余り得意じゃない愛馬オランダの幼稚な子クリトンは大丈夫だろうか (?_?) おまけに部班の相手がお馴染みのデカ鹿毛トロッターリラ嬢はともかく、午前中のレッスンで暴走して落馬させたイケメン鹿毛サラ五歳のキンちゃんも一緒だし(^_^;) と心配されたものの、お天気と午後からは気温にも恵まれたし、キンちゃんに騎乗したのが上級者の福光さんだったおかげで、馬たちがみんな機嫌良くサクサク行進したのは何よりでした(*^^)vもっとも20×60mの広い馬場を走り回ってヘトヘトになり、お腹ペコペコで忘年会に臨んでガッツリ食べることに専念。近年クラブの忘年会は地場野菜がウリの川越マーケットテラスでバイキングと決まっているが、とてもリーズナブルで且つヘルシーなためつい食べ過ぎてしまうはめに(^0^;)最後はこれも恒例で、色んな馬グッズが集結し中にはこんなものがあるんだ(!_+)というオドロキの品も登場するお楽しみのプレゼント交換会で〆られ、ワタシは今年なんとジャンケン大会で勝ち抜き余分のプレゼントまでゲットするに至って\(^O^)/今年の運を全部使い果たしたといわれてしまいましたf(^ー^;


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年12月14日

馬友忘年会第1弾

今夜は翻訳家の松岡和子さん、旧クラブの馬トモ人事部のSさんとオペラ歌手のSさんをわが家にお招きしてカニ鍋をメインに飲んだり喰ったり喋ったりの大変なの盛り上がりようで、気づいたら日付が変わっておりました(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年12月12日

ブロッコリーとベーコンのパスタ、豆のスープ

QPで見た料理。鷹の爪を入れたオリーブ油でニンニクのみじん切りを炒め、厚めに切った薄切りベーコンを炒め合わせて、茹でたブロッコリーとパスタを入れてからめ、仕上げに粗挽き黒胡椒とパルメザンチーズを振る。ブロッコリーはパスタと同じくらい長く茹でて柔らかくし、潰してからめるのがポイント。豆のスープは市販のレトルト。
けさのワールドニュースを見てちょっとひっかかったのは2つの選挙ネタ。一つは今日が投票日の英国選挙で、野党労働党がかなり追い上げたとはいえ概ね与党保守党の勝利が予想されるも、単独過半数を取れなかった場合ブレグジットに強く反対するスコットランド民族党の動きや何かでまた情勢がどう変わるか、まだまだ予断を許さない感じのようである。それにしても保守党が完全勝利したとして、国民の半数がブレグジットに反対なのだとしたら、政権がそれをどう納得させるのか、あるいは分裂状態がますます深刻化することになるのか、他国事ながら気にしないわけにはいかず、少なくとも明日の投票結果は見逃せないところだ。
もう一つの選挙はブーテフリカ大統領の長期独裁政権が民衆のデモによってようやく終止符を打たれたアルジェリアにおける次期大統領選で、これも現政権の維持につながるだけとして国民の大多数が投票を拒否しており、若者が起ち上がって意気盛んに再びデモを始めた様子が映しだされ、ああ、さすがにフランスの影響下に誕生した国だけのことはある!と思い、選挙投票を拒否するというのも民主主義を守る一つの意思表示であることに改めて気づいたものの、それにしても投票したい人がいない!問題を抱える国の民は一体どうしたもんだろう(?_?)と考えさせられました(-。-;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年12月11日

小松菜入り味噌麻婆豆腐

こないだのQPで見た料理。生姜のみじん切りを炒めた油で豚挽肉をじっくりと炒め、豆板醤と味噌を入れ小松菜の茎を炒め合わせて水を注ぎ、酒砂糖醤油で調味して豆腐を煮込み、小松菜の葉を加えて火を通して水溶きカタクリ粉でとろみをつけ、仕上げにゴマ油を垂らす。豆腐は大きめに切ってしっかり茹でてから入れること。カンタンに出来て意外なほどオイシイし、野菜も一緒に取れるのでオススメかも(*^^)v
けさのワールドニュースでは権力者の裁かれる話題が2件あり、1人は国際司法裁判所で被告席に着くアウンサンスーチー女史で、かつてミャンマーの人権擁護の指導者としてノーベル平和賞を受賞したこの方が、今やロヒンギャ民族に対する迫害者として指弾されるのも実に皮肉な成りゆきといえる。もちろん積極的に直接的に迫害したわけでなくとも、この問題を看過したこと自体が罪に問われるのは一国の指導者として当然であり、権力者とはすべからくこうした間接責任を問われる存在であることが、日本ではもっと銘記されてしかるべきだと思われたニュースであった。
裁かれるニュースのもう1人はトランプ君で、米下院がいよいよ弾劾訴追を採決しそうだが、よほどのことがない限り上院で否決されて弾劾には至らずに済みそうなのが他国のことながら気の毒というべきか。この人がほんとにサッサと辞めてくれないと地球環境悪化が加速度を増すばかりだし、世界中でこの人と気が合う3バカ大将としてキム君と並ぶアベボンが、それだけの理由で四選なんかされちゃ堪らんぞ(-_^:)とワタシは思うのであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年12月10日

真鯛の刺身、焼きシーザーサラダ、サーモンの竜田揚げ、宮崎牛の鉄板焼き

大宮の十日市の帰りにPメディアの三村さんと近所の大宮0760で食事。三村さんはここの鉄板焼きがどこよりも美味しくて毎日でも食べたいと常づね仰言ってるのだけれど、今日は久々に十日市に行きたいと仰言ったのでお連れしたら、なんと今年はワタシがW賞を受賞したからということで祝儀の熊手を買って戴き(!_+)大変恐縮しながら<(_ _)>店の方に初めて手締めをしてもらって感激しました\(^O^)/
大宮の十日市は氷川神社の大湯祭に因んだ催しで江戸時代以前からあったらしいが、氷川神社の境内では東京の酉の市のように熊手が売られて例年初詣に勝る大勢の人出でごった返している。ワタシたちは早めの4時にわが家を出たため割合ゆっくりと見て回れたが、食事したあと外に出たら物凄い人混みでわが家に帰り着くのも困難なくらいでした(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする