2022年09月28日

鯛のカルパチョ、ベーコンとジャガイモの温野菜サラダ、鮭の白子ポン酢、豚の角煮、焼きしゃぶ鍋

今日はワタシの誕生日\(^O^)/というわけで朝から皆さんのメールを頂戴してたのだけれど、昼過ぎにPメディアの三村さんから急電が入って「おめでとう!大宮で晩ご飯しよう」とのことで大宮在住のアニメーターMiMiさんもお誘いして、久々に近所の隠れ家レストラン大宮0760で会食。鮭の白子はみんな初物で、やっぱい鮭らしい味がする!!と感心し、焼肉としゃぶしゃぶが同時に食べられる焼きしゃぶ鍋なるものも噂に聞くばかりだったので、69年間も生きてきて初の食体験がまだあったんだ〜ヽ(^0^)ノと何だか嬉しくなりました(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2022年09月27日

厚揚げと豚肉の中華風とろみ煮

今日のQPで見たカンタン料理。豚の細切れ肉と一口大に切った厚揚げに塩を振ってカタクリ粉をまぶしてから、オイスターソースと砂糖と醤油を入れた水が沸いたところに投入し、さらに長ネギとニンジンと椎茸と生姜の薄切りを加えて四分ほど煮るだけ。野菜から水分が出るので最初に沸かす水は少なめでOK。
食事しながら見たBS-TBS報道1930は今日催行された国葬の特集。ワタシは通常通りに仕事してTV中継を全く見なかったから、同番組でダイジェスト映像が見られるかと思いきや、これまた映像がほとんどない番組だったので、結局わからずじまいでおります(^^ゞ「本物の国葬」と言われていたエリザベス女王のそれも釧路旅行中で全く見なかったし、考えてみたら知り合いでもなく、何か恩恵を受けたわけでもなく、ファンというわけでもない人のお葬式にさほどの関心が払えないのは当然かもしれない。それなのに税金を使われちゃって腹立たしいのはご多分に洩れずといったところだろうか。とはいえこの国葬がなければ、アベさんも海外では評判よかったみたいだし、日本の存在感も今ほど薄れちゃいなかったんだよね〜てな具合に惜しむ声がもっと大きかったに違いなく、なまじ国葬にしたことが故人を顕彰するよりむしろ悪行や失政を想い出させる装置になっている現象が何とも皮肉で、その一点が国葬を強行したことの最大のメリットと考えられなくもないのだった。それにしても国民に弔意は求めないけど国税はちゃっかり使うという国葬の異常さはまさに岸田政権の何かにつけて煮え切らない感じを象徴するようなイベントともいえるのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2022年09月26日

大根ネタ3品

釧路旅行中の食べ過ぎと帰宅後にお土産の食べ過ぎでいささか胃もたれ気味なのか(^_^;)今晩は食べたいモノが大根しか浮かばなくてこのメニューに(^^ゞ大根おろしに添えたのはしらす干しと焼いた油揚げ。油揚げは大根と一緒に炊いたものも。もう一品は拍子木切りにした大根に塩してしんなりさせ、ツナ缶とマヨ和えにしたサラダ。
けさのワールドニュースでも、晩ご飯食べながら見たBS-TBS報道1930でもついに動員令が出たロシアの混乱ぶりが報じられたが、国外脱出を試みようとしているロシア市民がフランス2のインタビューに「戦争に行くのが怖いのではなく、ロシアがどんどん悪い状況になっていくのが怖い」と話していたのが印象的だった。何しろ最初は「特別軍事作戦」とかいわれて軍事訓練をされるような気持ちで戦地に向かった青年も沢山いたようだし、多くの市民にとっては遠くの他人事にしか感じさせないような報道の仕方だったのが、いつの間にか本格的な戦争に突入していて、しかも敗色濃厚になりつつある中での動員令となれば誰しも逃げだしたくもなろうというものである。動員しても投降者続出だったり戦意喪失で戦況を覆すところまで行けなかったら、ロシアが次にどんな手を打つのかは世界中が想像したくないところだろう。そもそも口喧嘩ならいいけど手は出しちゃダメよ!と言われていたのに手を出しちゃった相手に、素手で殴り合うのはいいけどヌンチャクとか使っちゃダメよ!というような注意が通るわけもないので、これからがむしろ本当に大変なことになりそうで恐ろしい限りであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年09月25日

天ざるうどんと鮨のセット

乗馬の帰りに元ミセス副編の福光さんとハフ・アラブMIXウラ嬢のオーナーOさんと大宮そごうの「歌行燈」で食事。台風一過の晴天の下で今週末も愛馬オランダの幼稚なおじさんクリトンに騎乗。若手インストラクターUさんのレッスンで、まずは速歩のフラットワークを試みたところ今日は重め(動きが鈍い)のクリトンに感じられて、ともすれば止まりそうになるからそのつどムチをピシャッと入れたら、急にハッとしたようにスピーディになるも、途中で完全に停止状態になり「何ですかねえ?このナゾのたそがれモードは」とUさんも首をかしげる始末。珍しく時々つまづいたりするのは馬場が悪いせい(?_?)とこれもナゾのままたそがれてるクリトンを見て「もうこうなったら調馬索で駈歩してみましょう!」という指示で試みたら意外とすんなり駈歩が出てがぜん集中モードになるクリトン。もっともワタシのほうは「松井さん腰の送りが速い、速すぎますよ」と注意を受けてしまい、それは釧路外乗でドサンコに長時間騎乗していたせいに違いなく、駈歩はやはり馬格の大きさによって馬の背中の動きが違うために、クリトンのゆったりした動きに合わせづらくなってたわけであります(^_^;ともあれ調馬索の駈歩の後またふつうに速歩をしたら歩様がいいのにやっぱり途中でストップするため、「どこか具合が悪いんでしょうか」とUさんも心配顔で、下乗りの時も今日はずっと合図をし続けないと止まっちゃうし、それでいてずっと重いかという急にサクサク動きだしたりして体調が悪い感じとはいささか違うので、一体どうしたんだろう(?_?)と二人で首をひねったあげく、ひょっとしてこのウマただただ眠かっただけなんじゃないの?という結論に達したのはレッスン終了時の停止でほとんど寝てたからでした(^0^;)ふだんのレッスンは必ず午後1時半からなのに、今日はクラブの都合で2時半からのレッスンとなり、いつもの2時半はレッスン終了後の手入れ中でウツラウツラしている時間帯だけに、今日はレッスン中にもかかわらずお眠りモードになっちゃって、それで時々つまづいたりもしたのかしら?と思われたのでした(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2022年09月24日

蛸と鶏肉のナンプラービーフン

サイトで見た今週のQP料理。削ぎ切りにして塩胡椒しカタクリ粉をまぶした鶏胸肉を炒め、ニンジンの千切りと玉ネギの薄切り、モヤシ炒め合わせて戻したビーフンを加え、ナンプラー砂糖胡椒で調味し、蒸しダコの薄切りと香菜のざく切りを混ぜ合わせて仕上げた。
食事しながら見たTBS報道特集は、旅行中にすっかり忘れていた旧統一教会問題と東京五輪汚職を改めて想い出させてくれた^_^;旧統一教会問題は岸アベ3代にわたる根深い関係を指摘した上で、中でも3代目は、初代の娘で2代目の妻だった母親から参院選直前に「統一教会にはあんまり深入りしないほうがいい」と忠告されていたほどの深い関係だったという、当家と長年親交のあったジャーナリストの証言が極めて印象的だった。この3代の対米従属姿勢に比べたら、旧統一教会の反日的な教義を認めることなぞ屁でもなかったはずとした内田樹氏の意見は実にごもっともで、そもそも対米従属で且つ愛国を標榜する自己欺瞞に満ちた保身処世術の権化のごとき岸アベ3代は、昔の真っ当な右翼の感覚ならゼッタイ許せない存在のはずだから、昨今のウヨクって一体どういう思想信条や性向の持ち主なんだろう(?_?)とワタシは首をかしげるばかりである。高橋元理事を中心とした五輪汚職の広がりは止まるところを知らず、今日は日本馬術連盟に流れたお金にもイッチョ噛みしてたらしい事実が指摘されて、日馬連の名簿にまで高橋元理事の名前が記載されていたのにはビックリでした(!_+)既に招致活動で汚職が発覚した竹田元JOC会長が日馬連の副会長であることに関連するらしいのですが(^_^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする