2019年07月18日

海老とチンゲンサイのとろみ炒め

前にQPで見た料理。生キクラゲがあったのでコレにした。海老は酒と生姜汁とカタクリ粉を揉み込んで茹でておく。ゴマ油でチンゲンサイ、キクラゲ、シメジを蒸し炒めして海老を加え、砂糖オイスターソース醤油胡椒で調味した鶏ガラスープを入れて水溶きカタクリ粉でとろみをつけ、仕上げに揚げ素麺をトッピングするのが手抜きで市販の皿うどんを載せてしまいました(^^ゞ
けさのBBCは保守党党首選の最終スピーチが紹介されて、ジョンソン候補にしろハント候補にしろ50代のオトコは世界中ホント軽すぎない(-_^:)と言いたい人たちだし、保守党党員は皆さん強硬離脱派のジョンソン候補支持みたいだし、結果トランプまがいの似非紳士的な人物が首相になっちゃいそうな英国って一体どうなるんだろう(◎-◎;)と他国の人間ながら不安にかられてしまい、片や米国議会はトランプ君の人種差別ツイッターをめぐる論議で紛糾し、互いにカゲキな応酬が続いたあげく下院議長代理がついに木槌を投げ出すという感情的な退場の仕方をする映像が同じくBBCで流されたのを見て、議会制民主主義の賞味期限といったようなものをホンキで心配せずにはいられなくなった私であります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年07月17日

エスニック豚しゃぶサラダ

適当に作ったわりに美味しかったので一応その適当なレシピを(^^ゞ湯剥きして縦八つ割にしたトマトを容器の縁に並べ、中央に茹でたアスパラガスとモヤシと豚シャブ肉を盛って香菜をトッピングし、生姜とニンニクのみじん切り鷹の爪の輪切りナンプラー砂糖酢ゴマ油を混ぜ合わせたドレッシングをかけて仕上げました。茹でる際は一応食材別にしました!
けさのワールドニュースでは女性EU委員長ついに誕生がトピカルなニュースでしょうか。ぎりぎりまで非常に揉めて投票で辛勝した恰好のフォンデアライエン氏だから、今後求心力を発揮するのも大変そうだが、投票直前の最終スピーチは、氏に批判的な党の主張に配慮した内容だったようで、ことに緑の党に対する配慮は相当なもので、かなり厳しい CO2 排出制限を設ける方向を示したとのこと。とにかく近年の欧州では緑の党が非常に存在感を増していて、政権与党が緑の党と連立を組んだり、意向が反映された政策を掲げるなどのすり寄りぶりを示しているから、今回もそのパターンと思しいのだけれど、今や欧州では地球環境が政治においてもイチバンの問題になっているからこそ緑の党の躍進ぶりが際立つのだろう。片や日本では相変わらず与野党共に景気だとか年金だとか目先の経済問題を取りざたするのみだが、現代において20代で年金がいくらあれば大丈夫とかチマチマ思ってるような子がお勤めする企業にしろ、組織にしろ、国家にしろ、もう終わってる感満載なのではなかろうか(-。-;)
日本は大昔から天災のデパートみたいな島国だけに、地球環境の異常に対してあんまりピンと来てない人が多く、従って環境問題に積極的に取り組む政党も出現しないのだろうが、別に環境問題じゃなくてもいいけど、今後あらゆる面で激変するであろう世界や周辺環境に直面して人生の先の長い若い子が、まともにモノを考えて投票する気になれるような政党は果たしてこの国にあるんだろうか(?_?)てなこと考えずにはいられませんでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年07月16日

茄子と油揚げの甘辛煮、キュウリとカニの酢の物

昨日買った茄子の残りと、近所のマルエツではまだ安かったキュウリと頂戴物のカニ缶で作ってみましたが、レシピは不要かと(^^ゞ
けさのワールドニュースではBBCがやっぱりトランプ君のツイッター暴言をトップニュースで取りあげて「白人ナショナリズム」を非難していたが、英国はトランプ君の訪英時にも反対デモが湧き起こったし、駐米大使までが「トランプはオバマに対する嫌がらせでイラン核合意を破棄した!」とこき下ろしたくらいだから、大方の国民がアメリカの成金はホントどうしようもないよな〜 (-_^:) と思っているに違いない。こんな非常識な発言を繰り返すタレント政治家をうっかり間違って当選させちゃったというのはともかく、どんな人間かわかった上で再選させたとなればアメリカ人全体の見識が世界中から問われかねないから、ワタシが今アメリカ人だったら本当に誰か出て来てなんとかしてよ!とアタマぶち切れそうになってるだろうけれど、一方で有色人種のオンナごときが偉そうに政治に対して意見を言うなんて許せん!とか思っちゃってるキモイ白人オトコもまだまだ沢山いるからこそトランプ君支持が衰えないわけなのだった。思えば性別や民族や地域や血筋とかゼンゼン関係なく純粋に優れた人類が抽出される方向でしか種の存続は成り立たない感じがひしひしと迫り来るなかで、人類史上の既得権益を引きずって手放そうとしない人びとを今後どう遇するかは世界的な大問題ではないでしょうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年07月15日

和牛とアスパラガスと茄子の塩炒め

今日は朝から通常通りのお仕事モードで、夕方買い物に出かけた近所のマルエツでメチャお買い得だった3品をシンプルに塩炒めして、おろしニンニクとゴマ油につけて食す。
茄子とかの野菜は今のうちに食べとかないとコレから高くなるかも(-。-;)と心配されるほど関東は梅雨寒続きで、今日が海の日だというのはウソみたいなお天気だから被害を受けてる業種も少なくないはずで、日銀短観悪化のエクスキューズにまたしても天候不順が使われる可能性大だろうな〜と思いつつ食後に見たBS-TBS1930では日本を近々襲うとされる巨大地震の特集。そもそも天候不順や大規模水害等とは比較にならない天文学的な被害数値が予想される南海トラフ地震に関しては、予兆の段階で一般に警戒情報が流れる可能性が随分と高まったようだけれど、知らされたってどうよ(-。-;)的な問題が解決されることはまだまだなさそうである。ゲストコメンテーターの紹介コーナーでは、日本地震学会の現会長は小松左京の「日本沈没」の主人公に憧れて地震学者になったというエピソードがワタシ的には妙に受けてしまいました(^0^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年07月14日

鯵の南蛮漬け、鶏レバーの甘辛煮、上海焼きそば

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
まだまだ梅雨が終わらない今週も愛馬オランダの子クリトンに騎乗。新たな石田先生のレッスンは元ミセス副編の福光さん曰く「じみ〜にキツイ」感じで、常歩や速歩の段階から体重移動による推進と誘導を丁寧に教わるので、駈歩もその延長線上で馬を脚で挟み込んで発進するコツが何となく躰でわかりかけた気がしたところで今週は敢えなくこちらのエネルギー切れと相成りました (>_<)ゞ 何しろナビキュラー治療と削蹄の問題で一年以上もまともな運動をさせられなかった馬だけに先生曰く「まだ馬の躰が起きてこないので駈歩は難しいけど、もうちょっと経てばラクに乗れますよ」とのことで、クリトンの前肢の筋肉の回復を待つ間にワタシも脚力と腹筋をもっと鍛えなくてはなりません(^^ゞ ところで今週は先生からクリトンの体の歪みを指摘され、一見首が左よりも右のほうに曲げやすいように感じられるかもしれないが、右は曲がるポイントが違っているので、そこを根本的に直さないとハミの左にかかっちゃうクセもなくならないという話にナルホドでした!(^^)!
今週は雨模様でもあったから騎乗は1鞍のみとし、後は道具や靴もさることながらクリトンの手入れを入念にしようと思ったのは、先週旧クラブに遊びに行って、そこの自馬たちの尻尾がみな非常に綺麗なことに刺激を受けたからで、女性インストラクターのY先生に尻尾のハサミの入れ方やブラシで梳く前にカタマリやもつれをほぐしておく方法を教わりつつ馬用リンススプレーをふんだんにかけてサラサラヘアー感を出してみました(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする