2021年09月24日

鶏肉とサツマイモのブレゼ

今日のQPで見た料理。大きめに切った鶏もも肉を塩胡椒して薄力粉をまぶしてオリーブ油で焦がさないように炒め、櫛切りした玉ネギを炒め合わせ、さらに半月切りしたサツマイモと斜め薄切りにしたエリンギを加えて白ワインを注ぎ、ローズマリーを載せてしばらく煮込んで、仕上げに塩とバターを加えて粗挽き黒胡椒を振る。
リーマンショック級の恐慌トリガーになるかと懸念された恒大集団の破綻がある程度回避されそうな観測の下、日米の株価が急回復した今日はBS-TBS報道 1930 もある程度の余裕を持って現代中国の諸問題を特集。最近では急なTPP加盟申し込みで台湾と真っ向からぶつかる懸念が持たれているが、ゲストの宮本元中国大使は両国共に加入は難しいだろうという見解を披露。他にもジャック・マー氏らカリスマ経営者の相次ぐ退任やIT企業に対する締めつけや復古調の思想教育等々の諸問題も、共産党支配の社会主義政治の一方で資本主義経済の成長が著しいために超格差社会が生まれた現実の果てしない矛盾がもたらした問題として理解するしかなさそうで、ワタシ自身十七、八年前に中国旅行をした際にも現地でその矛盾を実感した憶えがあるため、当時と同じ国とは思えないくらいに著しい発展を遂げた現在の中国でその矛盾が解消しきれないどころかさらに大きくなっていたとしたら、中国政府が国民監視の目を強めるのは無理もない気がして、いやはや昔と違って情報化社会における世界の大国は、中国に限らずアメリカもロシアもその存在自体がホント厄介な代物だよな〜と思われました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月23日

長芋と豚肉の梅肉炒め

昨日のQP料理。豚の細切れ肉に塩を振って団子状に丸め、カタクリ粉をまぶしてゴマ油で表面を焼き、皮付きのまま半月形に切った長芋を炒め合わせ、梅肉みりん酒醤油を混ぜ合わせたタレで調味し、細かく切った豆苗を混ぜ合わせて仕上げる。長芋の皮の髭根は取っておくこと。丸めた豚肉はフライパンに接した表面が固まるまで動かさないこと。
食事しながら相変わらず見たBS-TBS報道1930はこれまた相変わらず自民党総裁選を特集し、4候補のブレイン?これが(-。-;)みたいな人たちをゲストに迎えての論戦ながら、政治ジャーナリストの田坂シロジイですら「僕にも4陣営の明確な違いはよくわかりませんねえ」と言ったのが笑えた(^0^;) 総括すれば皆さんアベノミクスは評価しながらも、期待されたいわゆるトリクルダウンは起こらなかったので、これからは格差是正の積極的な分配政策を高市陣営のブレーン片山さつきでさえ (!_+)容認していたのが印象的だった。要するに話だけ聞いてると今後はだれが総裁になっても旧民主党と余り変わらないスタンスを取る自民党になりそうなんだけれど、それホントかな〜(?_?)とマユツバな一方で、成長と分配といいながら具体的な成長策を語れる人がだれもいないブレーンって何なの(-_^:)という気もして、とにかく総裁候補が1960年前後に生まれたワタシがよくいうバブルアホ世代で周囲の人材にもあんまり期待できないだけに、誰がなっても頼りないこと夥しいというのがわかっただけでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月22日

天ざるうどんと鮨のセット

大宮そごう内の「歌行燈」で近所の馬トモOさんと食事。
若いころ一時ユタ州の田舎に住んで乗馬を覚えたというOさんは、やはり若いころ一時ロックにハマってその手の雑誌をよく読んでいたために、オリンピック東京2020開会式の音楽を手がける予定だった小山田圭吾が自らのイジメ体験を語ったインタビュー記事載録の「ロッキン・オン・ジャパン」誌を入手して、それがいまだに手元にあるそうで「読み直してみたら吐き気がするくらい酷いのよ。でも当時は別にそれほど問題にならなかったのが今から見るとフシギよね〜それを載せた出版社も小山田の所属事務所もどうかしてたとしか思えないけどね〜今読むと」という話を聞いて「それ読ませてほしい!」と思わず言っちゃったワタシでありますf(^ー^;


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月21日

MIXビーンズのチリコンカーンたっぷりレタス添え

今夜は十五夜なのに何の関係もない今日のQP料理でした(^^ゞニンニクのみじん切りと玉ネギの角切りを炒めて豚ひき肉を炒め合わせ、さらに輪切りしたオクラとMIXビーンズを足して赤ワイン、ケチャップを入れて煮込み、醤油塩少々チリペッパーで調味して、千切りしたレタスを添える。レタスと混ぜながら食す。オクラは切る前にガクを取って塩ズリを!
食事しながら例の如く見たBS-TBS報道1930は新型コロナ感染者が急減している謎についての特集で、遺伝子のコピーミスによる変異株が生まれる中で増殖が限界に達するとある時期からウイルスの自壊が始まる可能性を指摘。今後また新たな変異株が出現しても同様の現象が起きるとしたら、自壊を促進させる方法があればいいようなもんだけれど、そこまでは研究もまだ進んでないようだから、結局のところ検査を徹底させて、感染者が増えだしたらまた今まで通りの用心をするしかなさそうな感じである。ワタシはもともと自宅で独りでする仕事だし、週末は必ず乗馬に行って馬トモとおしゃべりしたり食事したりしていて、コロナ以前とほとんど変わらない生活を送っているので全くストレスフリーなのだけれど、こないだ旧友のモリやPメディアの三村さんとも話題になったのがいわゆる精神的なコロナ病で、モリや三村さんの周りでは引きこもってウツっぽくなった人も結構いらっしゃると聞いて、今後まだまだコロナ禍が終息しないとなれば、それも大変心配な問題だと思われます(-.-;)y-゜゜下段の写真はわが家のベランダから見えた今夜のお月様(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年09月20日

豚しゃぶとレンコンの梅おかか和え

昨夜が揚げ物尽くしのコッテリ系晩ご飯だったので、今夜はあっさり系のオリジナルレシピを。薄切りしてさっと茹でたレンコンと、煮立たせない湯で加熱した豚シャブ肉と、電子レンジで1分強加熱した豆苗を、梅肉みりん醤油を混ぜた練り梅で和えて仕上げに花がつおを混ぜ込んだ。豚肉を茹でる水には酒と塩を少々加えておくこと。
食事しながら見たBS-TBS報道1930は来ル衆院選を前に立憲民主党の枝野代表をゲストに迎えての討論で、枝野氏が久々にスッキリした顔でスピーディ且つクリアな熱弁を振るったのが印象的だった。ワタシはこの人がテレ朝のサンプロによく出演していた頃から同時代で最も弁の立つ政治家かも?と注目し、大宮に引っ越してからは地元で根強い人気のある政治家だと認識させられて、大宮在住の友人ともときどき話題になったりしたのだけれど、去年か今年たまたまその友人ふたりの口から「枝野さんにはちょっとガッカリなのね〜もうちょっとやってくれるかと思ったんだけどな〜」とか「こないだ駅前で見てもオーラが全然なくなっちゃってるのよね〜あれじゃダメだわ〜」てな話を聞いていて、地元の支持者からも見放されるようになってるのはヤバイんじゃないの(-。-;)と思ったし、TVの映像にもかつてのようなパワフルな存在感がまるで窺えず、ただただ野党の不甲斐なさを露呈しているような気がしていたのだった。しかし今日は以前より本人に活が入ったように感じられて、相変わらずの非常にクリアな発言には、自民党総裁選候補のブレブレスカスカ発言に気色の悪い思いをさせられている分、少しホッとさせられるところもあった。とはいえまだまだ発信力が足りない点や、コアな支持層固めに走って浮動票を積極的に取りにかかっていない感じを受けること等々、課題は山積ながら、何とか国民が自民党政権に取って代わる可能性を期待できそうな政党を目指して奮闘して戴きたいものであります。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする