2021年12月01日

吉右衛門 追悼

今日は二代目中村吉右衛門の訃報に接して、相当お悪い様子だったから、ついに来るべき時が来たという気持ちの一方で、それにしても現代において享年77は早すぎる!と惜しまずにはいられなかった。 体調万全でない状態はずいぶん以前から続いているようだっただけに、去年9月にコロナ禍を押しての歌舞伎座出演はとても意外だったし、おまけに得意役の芸を娘婿の菊之助に伝承する意味もあった「引窓」の上演は久々にこちらを歌舞伎座へ行く気にさせてくれたものだが、義太夫の本息を感じさせるような濡髪長五郎の息の詰んだセリフと風姿の良さで、これまた久々に歌舞伎の舞台で感動させられたものである。そのため11月の国立劇場にも駆けつけて「俊寛」を観たのだが、こちらは体調が悪い日だったせいか、途中でセリフも動きも完全にへたってしまい後半がまるで保たなかった印象だ。そして最後の舞台となった今年3月の「山門」の五右衛門は、玉三郎と翫雀の「隅田川」を観に行ったつもりで、その公演のもう一本としてたまたま観たような恰好ながら、正直いってお目当ての「隅田川」よりもはるかに名舞台という印象を受けた記憶がある。とにかく幕が開いてすぐに五右衛門の姿の大きさには目を瞠ったし、セリフもしっかりしていて、11月の「俊寛」とは大違いだっただけに、ああ、この人はまだまだ元気だし、今後も素晴らしい舞台を見せてくれるものと信じていたのだった。
二代目吉右衛門という役者が初めて脚光を浴びたのは万之助時代に演じた山本周五郎の「さぶ」だったように記憶するが、当時はまだ東宝所属で松竹の舞台に立ってはいなかったし、早くにスター扱いされていたお兄ちゃんの現白鷗とは相当に水をあけられていたように思う。それが松竹に復帰したのが早かったせいもあってか、歌舞伎の芸では逆に大きく水をあけて、まだ若手から中堅くらいの年頃で、丸本時代物の立役には既に定評があり、早くも将来の名人という見方をされていた。それは六代目歌右衛門が一時とても肩入れし、しばしば相手役に抜擢するなどして芸を鍛えたのも大きく働いたのであろう。
しかし『鬼平犯科帳』のヒットで世間的にも売れた一方では、本来良かったはずの時代物の芸が世話に流れて、何でも鬼平に見えてしまうという厳しい評価が歌舞伎の見巧者の間ではあったのも確かである。晩年は体調がもろに舞台に響いて良い時と悪い時があったのだろうが、昨年9月の「引窓」と今年3月の「山門」が観られたのは有り難かった。個人的にはほとんど接点がなく、唯一お目にかかったのはその昔、私が松竹時代に鶴屋南北の原作を元歌舞伎座支配人の大沼さんと一緒に脚色した『玉藻前雲居晴衣』が武智鉄二演出・尾上菊五郎主演で上演された際に那須八郎の役で出演されていたため、稽古場でご挨拶をした程度だが、「料理天国」というこれまた昔のTBSの番組で実家の祇園「川上」の紹介役として出演されていたこともあり、全くの無縁というのでもなかったのだろう。今はただ謹んで心より御冥福をお祈り申し上げるばかりである。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年11月30日

豚肉と長芋の梅酸辣湯

先週のQPで見た料理。昆布鰹だしで豚バラ肉を煮て、なめこを加えて煮立て、アクを引いてから春雨と豆腐を入れて醤油で調味し、さらに細切りにした長芋と梅肉を加えて煮立て溶き卵を入れ、ゴマ油とラー油をかけて仕上げる。酢の代わりに梅を使ったマイルドな味わい。
けさのワールドニュースは昨日に引き続いて世界各局ともオミクロン株の流行と対策を取りあげていて、日本のように、目下オール外国人の入国を停止している国は最初にしたイスラエルとオーストラリア、モロッコの4カ国だけだそうで、フランス2は日本の街頭インタビューまで交えて報じていた。そのフランスでは早くも観光業を筆頭にサービス産業の深刻な打撃が懸念されており、それはもちろん日本も同断で、今は感染状況が落ち着いているからいいようなものの、年末年始の帰省にまた歯止めがかかったり、忘年会や新年会が飛んじゃうのはそれぞれの業界にとっての死活問題だろうと心配される。ファイザー社はオミクロン株対応のワクチンを今後100日以内に製造すると宣言しているらしいので、日本としてはこの冬場を何とか無事に乗り切りたいものだが、一方でとにかくワクチンが途上国にもしっかり行き渡るようにして、徒に同じパターンが繰り返されることは避けてほしいものであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年11月29日

豚バラ大根炒め

先週近所のマルエツで1本38円\(◎o◎)/の大安売りしてた三浦大根を思わず丸ごとゲットしてしまい、まだかなり残ってたので今夜はこれを作ってみました(^^ゞワタシの作り方はゴマ油でまず豚バラ肉を炒めて脂をできるだけ除いた上で生姜の千切りとイチョウ切りにしてチンした大根を炒め合わせ、さらに豆板醤を炒め合わせて酒砂糖味醂醤油で調味する。
食事しながら見たBS-TBS報道1930も朝のワールドニュースも、今日は国内外の報道がオミクロン株一色というべきか。今回は日本政府が意外な速攻で全外国人の入国制限をした(!_+)ものの、特段の理由を付けて入国できる例外が3万人もあるそうなので(!_+)相変わらず油断はできません(-。-;)今日は旧友のモリからもこの件で電話があって「何だかだんだん陰謀説を信じそうになっちゃうよね〜」「そう、アメリカの製薬会社とか投資家とかね」てな話になったくらい、ようやく出口が見えて来たかな〜の段階だけに痛みやウンザリ感のある人は少なくないだろう。で、「私の周りの、私たちより少し年上の女の人たちで、もうおかしくなっちゃってる人がイッパイいるのよ〜」とモリがいうのでウツっぽくなってるのかと思いきや「もう十分生きてきたんだから、いつ死んだって構わないって感じでしょっちゅう集まってメチャクチャメ大騒ぎしてるんだよね〜」とのこと。なるほど、それってきっと団塊の女性たちなんだろうな〜とワタシは妙に納得しておりしました(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年11月28日

蕎麦と天丼のセット

乗馬の帰りに会友のMamiさんと川越アトレ内の蕎麦屋で食事。
いきなり真冬の到来!が感じられた今週末も埼玉県下の馬場でオランダの幼稚な子クリトンに騎乗。先週鼻血ブーだったクリトンが今週はもう全快モードでメチャ元気な走行をして、騎乗するこっちのほうがヘトヘトに(^^ゞ それにしても先週の土曜日に鼻の穴の中がスパンと切れてドバッと出血したのに、翌日曜日はもう鼻血が出ていなかったし、今週のイケイケぶりには馬の自己治癒力に驚かざるを得ず、その点については石田先生も以前に飼ってらした馬の1頭が事故って首からドオっと血が噴きだしたので「こいつはもう死ぬしかないなあと思ってたら、意外とすぐに疵口がふさがって、何日かしたらちゃんと元の状態に戻ったんだよね。だから馬がケガしたらきっと例の馬油っていうのが出でそれで治すんじゃないのかな〜」とホンマカイナ的発言をなさったのは笑えました(^◇^;)
ところで今週末は全乗振の3級と4級を取得する試験が当クラブで行われて、優等生サラ鹿毛のボニー君かイケイケサラ鹿毛のオー君に騎乗された4人全員が無事合格に(*^^)vワタシは以前のクラブで3級まで取得したが、今から思うと当時は超いい加減な乗り方をして且つ筋力もなかったため、ひたすら馬のおかげで何とか合格したのでした^_^;3級を取らせてくれたのは今は亡き鹿毛アラブ紳士のスーパー氏で、インストラクターのHさんに「松井さんはただ乗ってるだけで何もしないでいいから。馬の邪魔だけしないでね」と言われたのを想い出す。確かにその通り、練習中はスーパー氏が必ず途中で止まった左手前の巻き乗り駈歩もスムースにクリアして、全経路ノンストップで走行できてわれながらビックリでした\(◎o◎)/故スーパー氏はホントに頼り甲斐のある紳士的な馬で、彼と比べるとクリトンはやること幼稚で人に甘えまくって超ワガママな、人間だったらゼッタイ傍に寄りたくないオジさんタイプの馬だよな〜というしかありません(-.-;)y-゜゜



このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2021年11月27日

皿うどん

市販キットで作る。
食後に見始めた日本シリーズが延長線ですっかり遅くなって、日付の変わらぬ間にブログを書く時間がなくなってしまったが(^_^;)とにかくヤクルト優勝おめでとう\(^O^)/最近のプロ野球は選手をほとんど知らず、知ってるのは監督やコーチやGMくらいだったりするのだけれど、高津監督が2年目で優勝にはちょっとビックリである(!_+)選手時代はどちらかといえばチャライ印象で、将来監督になるような人には見えなかったのに、わからないもんだよな〜という気が強くするのは、選手時代から監督みたいだった古田や、将来ゼッタイの監督候補だった西武の伊藤が意外にも名将にはなれず、やっぱりチャライ印象だった東尾とか、組織に不向きで独り我が道を行く感じだった落合がこれまた意外に名将になったことやなんかも含めての感想であります。というわけで来季の新庄監督もこうした意外性の新たなサンプルとなるかもしれません(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする