2017年12月18日

アミューズ四点盛り、茸のキッシュ

大宮ルミネの総菜売り場でゲット。
今日の夕方は新潮社の小林姐さんと田中ノリオ君がわが家にお越しになって連載小説『べっちょない』の打ち合わせ。忘年会が続くこともあって、飲食しながらの打ち合わせはお断りし、第二部戦後篇の執筆をそう簡単に行き受けていいものかどうか正直とても迷っている旨をお話しした次第。いっそ若い作家なら時代物を書くようなセンスで書けても、ワタシくらいの年代でそれをしたら噴飯モノだし、リアルに詰めて書くためには相当な時間と厖大な資料を読み込む労力が要るし、労力に見合う出版状況なのかという問題や、それを担当するワタシより若い編集者が果たしてフォローしきれるのか?リアルの差異がわかるんだうか?という不安があるため、ある程度の資料に目を通したところでちょっと二の足を踏んでいて、取り敢えずワタシが現在気になっている資料をお知らせしてお送り戴くことにし、それらの資料を読み込んで何か立ち上がった時点でまたご相談することにした。飲み食いしながらお話すると何となくなし崩し的に引き受けて、〆切りとかを設定されちゃう恐れがあるので、今日はその手の出版慣行を阻止すべくお茶だけで打ち合わせをしたのでした(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年12月17日

野菜バイキング

天気晴朗なれども寒気が強まった今週末も乗馬クラブで過ごして夜はクラブの忘年会に参加。川越で知られた野菜バイキングの名店テラス・マーケットに会員スタッフ併せて総勢 2 2 名が参集し、野菜高騰の折にとても有り難いメニューのほかにも新鮮なお刺身や牛豚鶏肉類のグリル等、デザート類も含めて超リーズナブルなお値段での食べ放題を満喫しました∈^0^∋ ところで 当クラブは少人数のため、現在ワタシの中でお名前とお顔が一致している方を数えたら30人そこそこなのに、 20名以上の方が忘年会に参加というのはある意味スゴイ(!_+)と思い、オーナーのお嬢さんでインストラクターをなさってるY先生に「現在会員さん全員で何人くらいいらっしゃるんでしょうか?」と訊いたら「さあ、何人なのか私もよく知らないんですよ。うちはそういうとこユルイんで」とのことでした(^◇^;)
ともあれ昼間はしっかり2鞍騎乗し、小柄な優等生鹿毛ボー君とハフ・アラブMIXのスーパーホースうら嬢にお相手を務めてもらうも、S先生の指示通りには駈歩が長続きしないため「松井さんは体力不足!もっと筋トレしてください」とのこと。S先生の指示に従えば騎乗者は股が鞍の前橋に当たるくらい前寄りに乗って、且つアブミに載せた足を後ろに引くという弓なりのポーズを維持し続けねばならず、馬のほうも後肢をしっかり使って且つ前肢は肩から大きく上がることを要求されるので、馬も人もガマン比べであり、即ち馬場馬術の要諦は人馬共にやせ我慢してエエカッコすることに尽きるというべきでしょうかσ(^◇^;)今週は愛馬オランダの幼稚な子クリトンの復調が目覚ましく、ワタシも水勒手綱だけで10分ほど騎乗し、常歩のみならず速歩も少しできるようになったのは幸いでした(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年12月16日

すき焼き定食、コブサラダ

12/15はわが家に泊まった京都の妹が「亀十のどら焼きをいっぺん食べてみたい!」というので午前中に浅草へ出向いて行列 2 0 分待ち程度でゲットし、浅草寺参拝の後はこれまた妹が「いっぺんワリジタいうもんを使う東京のすき焼きが食べてみたい!」とのことで食事は「今半」に。そこから銀座に出て日比谷まで歩いて帝国ホテルに到着。特別階インペリアルフロアの部屋に案内されて快適な一泊をさせてもらいました(*^^)v。二番目の写真はお部屋の窓から見た風景です。
この日の夜は妹がEプラスのチケットを抽籤でゲットしたユーミンの帝劇におけるドラマチックなライブコンサートを鑑賞。既成の有名な曲を歌って、それに基づいた短いコント風のドラマを添えるのかと思いきや、クローン人間をめぐる未来的な一つのストーリーをしっかり持ったドラマに新曲を重ねる構成で、クライマックスに流れる既成曲「朝陽の中で微笑んで」にイメージされる世界観が紡ぎ出される仕組みだ。寺脇康文と宮澤佐江という一見バランスが悪そうなカップルがそれなりの切実感を有する悲恋ドラマに仕立ててある。劇中に歌い続けるユーミンの存在感は当然ながら、その若々しさは驚嘆に値する。というのもユーミンは不肖ワタクシと同学年だけに、高音は多少裏声ぎみになっても、いまだにあの独特の声を豊かに聴かせられる健在ぶりに脱帽せざるを得なかったのである。おまけになんと前から五列目の席だったので、顔がつやつやしてキレイなことや、脚がとっても細くて形が整っていることなどもしっかり見て取れたし、アンコールで「やさしさに包まれたなら」と「卒業写真」の二曲も聴けたのはラッキーでした\(^O^)/終演後はホテルに戻って軽い夜食をサラダで摂った次第(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2017年12月14日

サムギョプサル、スンドウブ、海鮮チヂミ、チョレギサラダ、キムチ3種、冷麺

京都の妹と大宮クオンズで食事。妹あたりが「お寺は金儲け主義のひどいとこがある思てたけど、もう神社も信じられへんようになってしもたわ〜」というのだから来年の初詣にも例の事件は影響するかも?と思われました。それにしても日本のあらゆる業界、名だたる会社等々が崩れまくりで「新幹線まで信じられへんようになったらもうお終いやで〜」とのこと。日本はいつからこんなダメダメになったんやろ(-。-;)これから一体どうなるんやろφ(.. )と食事しながら憂うこと頻りの妹が、こんな押し詰まった時期に東上したのは何故かといえば、今年ワタシが帝国ホテルの会員誌に執筆し、同ホテルに2名ご招待を戴いたので妹を誘ったところ、せっかく来るなら何か観て帰りたいということで、ユーミンの帝劇コンサートのチケットをゲットして、明日いっしょに観に行くことになりました\(^O^)/そんなわけで明日は帝国ホテル泊となりブログはお休み致します<(_ _)>


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年12月13日

海鮮焼きそばセット

恵比寿でマシン治療をした帰りにアトレ内の中華料理店で食事。
いや〜さすがにコレはいかんでしょ(-_^:)っていうか何故こんな男が今まで許されてたんだろう(?_?)とフシギでならない米アラバマ州のムーア共和党上院議員。何たって 14歳の少女に手を出したり16歳の少女に暴行したりの疑惑は欧米先進諸国だと致命的な人間失格の烙印を捺されてもやむなしで、敢えなく落選の憂き目を見るのも当然というべきか。この結果が共和民主の拮抗している議会運営においてトランプ政権にダメージを与えるばかりでなく、トランプ君自身が過去のセクハラをめちゃ蒸し返されているのだからおかしい。
それにしても当ブログで前にも取りあげたように、欧米社会は今年この問題に関してフェーズが変わったというか、各国の多くの男性エグゼクティブが過去を蒸し返され続けており、それは今までのような単に女性サベツの問題といったニュアンスとは異なる展開をしている気もするのだった。大ざっぱにいうと人間の値打ちが、仕事のできることだったり、お金を稼ぐことだったり、社会的な栄誉に輝くことだったりといった従来型の価値観から脱却する過程において、手始めにセクハラがターゲットにされてるようにも思えるのだ。つまりどんなに金を持ってようが、大会社の社長になれるほど仕事ができようが、大統領や首相の職の栄誉に浴そうが、こんな男は人間としてサイテー!!!と人類の♀いわれちゃったら人類の♂はもうお終い的な時代がいよいよ到来しつつある雰囲気を昨今の欧米ニュースからは感じ取れるのでした(^o^)/~~~


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする