2020年07月12日

ヒレカツと海老フライのセット

乗馬の帰りに川越アトレ内の「和幸」で会友のMamiさんと食事。
今週も梅雨の晴れ間を縫って愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。先週ワタシを落馬させやがったクリトン(-_^:)はさすがに反省したせいか、今週は極めて神妙にサクサクと非常にいい歩様の速歩をこなしたので、そのまま駈歩に移行しようとしたら、ふわっと浮いた瞬間ビミョーにワタシが手綱を引っ張る形になったせいか、また以前のワガママが出始めたので敢えなく挫折し(v_v)「でも、松井さんは随分と持ち堪えられるようになってるから大丈夫ですよ。松井さんの合図はちゃんと通じてるし、この馬もいうことはちゃんと聞こうとしてるんだから」という石田先生の気安め?を聞きながら、いや〜外国産の競技馬に乗るのってホントに大変だよな〜(-。-;)と思うこと頻り。一方コンパクトな芦毛レール君ママのMamiさんが今週は落馬の憂き目に遭って、水たまりで泥だらけになりながらもすぐに再騎乗して駈歩されたのでサスガだな〜と見ていたのだけれど、レール君がどうも以前よりワガママで手に負えなくなったという話になって、同じ馬にずうっと乗り続けることの苦労を分かち合うことに。クリトンにしろレール君にしろ以前よりずっと懐いてるのに、以前のほうがラクに乗らせてくれたってどういうこと(?_?)ワタシたちの年齢的な衰えのせい(?_?)とかいろいろ考えても、どうもしっくりこず、ハフアラブmixウラ嬢のオーナーOさんがよくおっしゃる通り、馬は人に馴れると馴れただけつけあがる性質の動物なのかも?という結論に。要は弱肉の草食動物なので、この人ならこれくらいやっても許してくれそうだと判断してワガママをしだすのではないか?という話なのである。で、周りが許してくれそうもないと判断したら、いわば大企業に勤めるサラリーマンと同様の理屈で、完全に自分を殺して従うようになる草食動物だからこそ、次から次へと大勢の人に乗られても平気な巨大クラブの会友馬がいたりもするのではないか。というわけで、クリトンには厳しく声で脅したりムチや拍車を当てたりして叱ると、そのつどヤベェ!とマジ顔になるという意味では非常に素直というか幼稚な馬なので、こちらも気長に付き合って、ワガママを制御する筋力をつけるしかないよな〜と思われるのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年07月11日

豚肉とゴーヤーの生姜醤油炒め

近所のマルエツでゴーヤーとエリンギがお買い得だったので、以前こういうの作ったかも?的な調理を。塩胡椒で下味した豚肩ロース肉を炒め、ゴーヤーとエリンギを炒め合わせて酒を回しかけ、おろし生姜に醤油と味醂を混ぜ合わせて調味しただけ。蒸し暑い時はこういう簡単な炒めものがGOOです(^^ゞ
蒸し暑いさなかでも感染拡大が止まらぬ新型コロナで首都圏の感染急増も心配ながら、今日は妹から沖縄の米軍基地で大規模クラスター発生のニュースを知らされて、やはり懸念された通りの展開になりそうなのが困ったもんである(-。-;)何しろスペイン風邪を世界中に蔓延させた前科があるとされる米軍兵士だけに、日本政府は基地及び基地周辺の情報公開を心がけてほしいものである。とは申しながら、現政府は情報隠し魔の集団なのか(-_-;)といいたい過去が満載だけに、本当に信用ならないこと夥しくて、食事しながら見たTBSの報道特集ではまだゼンゼン終わっていないモリトモ事件の文書改竄を自死で告発した赤木氏夫人のインタビューが放送されて、この事件の異常性を改めて感じたものである。大阪地裁に訴え出られた赤木夫人は好戦的なセンスはないどちらかといえば温和しそうなお人柄とお見受けしただけに、裁判にまで持ち込むのはよくよくの無念のなせるワザと思われて、判決の結果はともかく、この事件を再び世に問う機会がコロナ禍でかき消されることのないよう願いたいものであります(-_-)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2020年07月10日

鶏肉のソテーレモンソース

今日のQPで見た通りに作ってみた。まず付け野菜のシシトウをオリーブ油で炒めて塩胡椒しておく。次に塩胡椒で下味した鶏もも肉を皮目から5分ほどしっかりと焼いてからひっくり返して同様に火を通す。皮目側を焼く時はヘラでぎゅうぎゅうと押さえつけ、身側はそのまま放っておくとジューシーに仕上がる。焼く前に身に切れ目を入れて厚みを均等にしておくのがポイント。鶏肉を焼いて取りだしたフライパンに塩レモン汁蜂蜜ニンニクのすり下ろし水カタクリ粉を混ぜた液を入れ混ぜてソースにする。レモンは国産を使って薄切りを飾りに加えること。カンタンに出来て美味しいのでオススメ!
今日は父の入院先に見舞いに行った妹とLINEビデオ通話して、父の意外と元気そうな顔を見ることができたのだけれど、とにかくワタシの見舞いが当分ムリそうなのは、首都圏の感染拡大が一向に収まらないからである(-_-;)「感染者がどんどん増えてんのに、野球とか観戦できるようにしたり、Go Tooキャンペーン前倒しにしたりして、相変わらず密は避けろとか、手洗いしろとか何ヶ月も前と全く同じことを繰り返すばっかりで、政府は一体どういう神経してんのん!国民にどうせえちゅうのん!」と妹は電話でカンカンだし、旧友のモリは「西村と小池に殺される!」とLINEメールしてくる始末^_^; 感染収束は後まわしにしてあくまで経済優先に舵を切ってる国は、トランプ君にしろボルソナロ君にしろ一応トップが前面に顔を出して威勢のいいところを見せてるんだけど、トップが雲隠れして出て来ずに舵を切ろうとしてるこの国って一体どういうこと!!!と怒ってるのはワタシばかりではないはずです(-_-#)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年07月09日

エスニック風春雨サラダ

近所のマルエツでインド産の海老がリーズナブルだったので最初は海老チリにしようと思ったのだが、長ネギが高くてビックリし(!_+)逆に紫玉ネギがお手頃だったのでこのメニューに(^^ゞ超テキトーに作ったわりに美味しく食べられたので一応レシピをご紹介(*^^)v海老は縦二等分して酒蒸しに。プチトマトは湯剥きしておく。豚ひき肉をしっかり炒めてからニンニクのみじん切りと舞茸を炒め合わせて軽く塩胡椒し、戻した春雨に入れて混ぜて海老とプチトマトと紫玉ネギスライスと香菜を加え、蜂蜜レモン汁ナンプラー鷹の爪の輪切りを混ぜ合わせたドレッシングを回しかけて仕上げた。
けさは起き抜けにビーッビーッとケータイが嫌な電子音で例の緊急地震速報を告げたので、すぐに腰を下ろして身構えたものの、グラッともガタッともしないので却って不安になりしばらくじっとしているはめに(-。-;)ネットで気象庁の情報を見たら、たしかに区内どころか同じ町内まで震度3と表示されているにもかかわらず、わが家はちっとも揺れないまま済んでしまい、事ほど左様に降雨のみならず地震もまた線状に襲うものであるのを改めて想い出しながら、たまたま今日は幸いだったけど次回はどうなるかわからんよな〜という気がしたものである。近頃は関東がしょっちゅう揺れており、三浦半島ではナゾの異臭騒ぎもあったりしたから、首都直下型地震に対する警戒心が強まっているのはワタシばかりではなかろうと思う。今日はまた東京都の新型コロナ感染者数が過去最大の224人に達し、検査数を増やしたからといっても、たかだか3400人中の224人が感染者というのはコワイ(@_@;)とにかく地震にしろコロナにしろ自然現象には勝てないのがコワイというわけではない。政治家のトップクラスがこんなにも人間的に信用できない連中ばっかりの時に襲いかかってくる自然の猛威がコワイのであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2020年07月08日

ニジマスのムニエル

近所のマルエツで良さげなニジマスがあったのでこのメニューに。もちろん食べたのは写真のような上品な量ではなく、ニジマス2尾にアスパラ1束5本、トマト丸ごと1個でした(^^ゞ
食事しながらBS-TBSの報道1930を見て、今日の埼玉県の感染者数が48人(!_+)新宿区の感染陽性率がなんと37%超(@_@;)、それもホストの集団検査は含まれない数字だと知れば、既に市中感染率が相当高くなっているのではないかと懸念する東京医師会副会長の発言もむべなるかなと思った次第。埼玉の感染者数が急増したのは大宮の「夜の街」全店舗の徹底検査を始めたからのようだから、今後も感染者は増大するに違いなく、それならそれでいいようにワタシなんかは思うのである。さいたま市は当初病院の空きベッド数の問題でPCR検査を抑えていたと保健所長が自らが告白して大問題になったものの、それが却って今回の徹底検査につながったのだとすれば可ととしたいところである。とにかく徹底的に検査をしてまず感染率のリアルな数字が見えたればこそ、それに比しての重篤化率や死亡率の数字にも信が置けて、そこからようやく本格的な経済活動を始められるのだと、これもワタシなんかはふつうに思うのだけれど、それなのに検査数が著しく伸び悩むのは、法律上の問題とか技術や人材の問題とかもたしかにあるとはいえ、もっと大きな問題はそもそも昔から物事をリアルに見ることが苦手だという極めて気弱な日本人的メンタリティにあるのではないか?と思わずにはいられません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする