2021年06月14日

牛肉とレタスのビーフン

今日のQPで見た料理。サラダ油&胡麻油で塩胡椒した牛肉を炒め、薄切りした玉ネギと千切りしたニンジンともやしを炒め合わせて塩オイスターソース醤油水を混ぜた合わせ調味料を回しかけ、熱湯で戻したビーフンを入れて汁を吸わせてから、たっぷりのレタスを加えて仕上げる。牛肉は細切れ肉を切ってさらに食べやすい大きさにして炒めること。
食事しながら見たBS-TBS報道1930は閉会したG7を特集。ワールドニュースを見ている限りスガドンの影がメチャ薄かった印象ながら、日本としては米国リターンによって欧米先進諸国の対中国結束が強まったサミットの成功を慶賀すべきかも的な論調にまとめられていた印象だ。それにしても習近平=世界のラスボス説も飛び交う中で、時代や大小に関わらず人間社会は強烈なワルモンの設定で結束が成り立つのかもね〜という気がしたのは、イスラエルのネタニヤフ氏がようやく首相の座を降りたニュースと重なったからであろう。イスラエルの場合は極右から左派に至るまでの政党が結束することで何とか政権交代に漕ぎつけたらしいので、むろん今後の政治運営が大変に危ぶまれているのだけれど、とにかくネタニヤフを引きずり下ろすことのみで結束したのだから、12年に及ぶ長期政権が彼をそれほどワルモンに見られるくらいに腐敗していたかの良い証拠ともいえるだろう。はてさて日本の自民党政権は自分たちがそこまで腐敗しているようには見られていないので、ゼッタイ政権交代は起きないはず!とタカをくくってたりするるんでしょうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年06月13日

冷麺、チヂミ

乗馬の帰りにイケイケ芦毛レール君ママのMamiさんと川越アトレ内の韓国料理店で食事。
梅雨入り直前の今週末もオランダの幼稚な子クリトンに騎乗。歯の治療をしてから乗り心地が大変良くなったクリトンだが、今週は馬装の段階から妙に温和しいので急に暑くなってバテたのかしら(?_?)と 思いきやレッスンになると非常に集中して推進気勢のある歩様でサクサク走行し、全ての脚扶助に反応がスムースで、一貫してしおらしいくらいに従順な態度だったため、「ちょっと気持ち悪いですよね。このウマもう死んじゃうんじゃないのかしら?って心配になりますよ」と石田先生に申し上げたら「ウマも大変だよねえ。調子が悪くても良くても何だかんだ言われて」と笑われてしまいましたf(^ー^;それにしても一頭の馬と長く付き合っていると、お互いの信頼関係が一直線に高まって行くかといえば決してそうではなくて、ある程度付き合いが長くなるとウマのほうが非常にワガママになりだすのは、他の方を見ていてもよくわかることであった。どのウマも初対面からしばらくは従順なのに、その後は付き合いの長い人のほうに甘えるのは当然としても、ワガママも激しくなりだすのがフシギというべきか。たとえば蹄にたまった泥を掻きだすウラ掘りを頑としてさせなかったり、頭絡のハミをくわえさせようとして手こずらせるのは、大概そのウマに一番よく乗ってる人だったりして、しかもその人の乗り方が悪いとわけでは全然ないし、扱いも丁寧で優しいのに一体ナゼ(?_?)というシーンをよく目撃するのだった。幸いクリトンはその種のワガママは全くしない子で、蹄も脚を叩けば自ら上げて裏を見せてくれるし、大勒ハミも自らすっとくわえてくれるからいいようなものの、騎乗の際にちゃんと乗れたつもりでも手入れの際にワガママされて凹んでしまう方が結構いらっしゃるのは事実で、思うにそれが人間の犬とは違ったウマとの関係なんだろうな〜という気がするのだった。上野動物園と横浜ズーラシアの元園長さんで乗馬エンデュランス競技の先駆者でもあった故増井光子さんが、ラジオで対談した折に「ウマと人間の関係はやはり友だち関係以外の何ものでもありませんね」と断言されたのが今でも印象に残っているのだけれど、人間の家来になる犬とは違って、友だちだから親しくなればなるほどワガママになるんだろうな〜と以来ずっと思っていて、クリトンのワガママも激しくなる一方で、ワタシが他の馬におやつをあげると激怒して厩舎の壁を叩くし、近ごろはワタシがクリトンの手入れ中に他の人とおしゃべりしても腕をがぶっと噛んで邪魔するくらいにワガママなので、今週みたいに温和しくて素直だと却って不安な気持ちにさせられるのでした(-。-;)不安といえば東京オリンピックに出場する馬場馬術の競技者がつい先ごろ決定した話を石田先生から伺って、オリンピックに出場するくらいのレベルの馬場馬だと日本チームでも海外で飼育されているケースがほとんどなのだが、現在ヨーロッパでは馬のヘルペスが流行していて、日本チームで出場するはずだった最も優秀なウマがそのヘルペスに感染して出場できないのだとか。近刊ミステリー小説『馬疫』でもウマの感染症がオリンピックを契機にパニックを巻き起こすリアルな展開だっただけに、そうしたことが現実のものとならないよう祈るのみです(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年06月12日

鶏肉フォーセット

ご近所の馬トモOさんと大宮ルミネ内のベトナム料理店で食事。
医療従事者であるOさんは当然ながら東京オリンピックなんかとんでもない!!!という立場で、確かにインド由来のデルタ株が蔓延したら、ワクチン接種で急速に感染収束したかのように見えた英国だって今また感染再拡大モードに突入してるわけだけど、Oさんは「もし開催したらわたしはまず町に出ないし、電車にも乗らない!」とまで断言なさるから「えっ、あなたワクチン射ってるのに?」と訊いたら「ワクチンは重症化しないだけで、感染しないわけじゃないのよ!」とのこと。確かに(-。-;)でもって「ワクチンは暇な人が射つものよ」と仰言るのは、ご本人の副反応がひどくて勤務を継続するのが大変だったからだそうで、とにかく上司からコレ飲みなさいとカロナールを渡された話になり、「カロナールはいいけどロキソニンとかボルタレンとかバッファリンとかはダメなのよね」と聞いて「そういう話はよく聞くけど何故なの?」と尋ねたら、いずれも抗炎症剤の成分がせっかく体内に取り込んだワクチンを無効化する恐れがあるからだそうで、NYの医師がそれについて説明しているYouTubeを見たけど英語が聴き取り難くて詳しくはわからなかったのだそう。それにしても「バッファリンはだめだけど小児用バファリンはいいと思う」といわれて(?_?)理由を訊いたら「バッファリンの主成分はアスピリンという抗炎症薬だけど、小児用はアセトアミノフェンで、こっちのほうはいいのよ」と言われても何が何だか(?_?)のワタシでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2021年06月11日

豚肉と茄子と筍の甘味噌炒め

昔から夏によく作っていたお手軽な炒めもので、今回は国産アスパラガスをプラスα。ニンニクの薄切りを入れた胡麻油で豚ロース肉を炒め、乱切りした茄子、茹で筍、斜め切りしたアスパラガスを炒め合わせて酒をさっと振り、味噌砂糖味醂醤油を混ぜ合わせたタレで調味。
食事しながら見たBS-TBS報道1930は話題の「人新生の『資本論』」の著者斎藤幸平氏をゲストに迎えて脱成長資本主義社会をテーマにした特集で、NHKでやってる「欲望の資本主義」の真逆を行くといってもいい欲望に抑制をかけるコミュニズム的な提言ながら、30代の著者ならこうした思考法や主張は当然かもね〜と思われたのだった。何しろピケティの本が世界的ブームを巻き起こしたわけだし、一方ジェフ・ベソス氏やイーロン・マスク氏といった世界の超富豪たちは税金をどこにもほとんど払ってない(!_+) ことが明らかにされたりしてるわけなので、資本主義の枠組みそのものがもはや限界点に達しているという考え方は決して出来なくないのである。それにしても人間の欲望を刺激して高めることで消費型の経済成長を遂げる社会システムの初期に当たって、いわばもろに実験台にされた世代が今のアラシスくらいで、この世代の人と話していると、たしかに欲望を抑制するなんてことはおよそ縁遠い感じがするほど若い頃にすっかりスポイルされちゃってるのがわかって、それはそれで動物として結構大変なことかもね〜という気がワタシなんかはするのだけれど、若年層からはその世代が一斉に世界から消えてくれたら地球が少しは長持ちするかも?というふうに見られてるのかもしれない。ともあれワタシはこのブログで何度も書いているように、過剰な消費社会は地球も生物としての人間も破壊してしまうと確信しているので、若年層がそれに歯止めをかけようとしている世界の潮流の行方を今後に見守りたいものであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2021年06月10日

ハモ鍋、和風前菜ほか

本日は元ミセス副編の福光さんと園芸ライターの光武さんがご弔問下さって、祇園「川上」から取り寄せた鱧鍋と和総菜のセットでマスク会食を。骨切りした鱧を「素晴らしく繊細なお仕事ですね!」とご賞味戴いたお二人には、亡き父がこの鱧の骨切りをした後はいつも肩が凝って背中が張って往生していたという話をお聞かせしたのでした。お二人とも既にお身内のお葬式をしてらっしゃるので何かとその話になって、葬儀というのはそれぞれの家の諸事情が顕在化する場であり、色んな問題が噴出する場合もあってなかなかドラマチックなもんだよね〜という意見で一致。それにしても今後どうなるんだろう?と今どき誰かが呟いたら何がですか?と返されるくらい世界中に諸問題が山積みの昨今だが、当面はコロナの終息待ちで、光武さんは早くもワクチン第一回接種済みながら「周りの若い仕事仲間にはそれが言えないんですよね。ええっ、そんな歳なの!って驚かれたら嫌だから」とのこと。片や福光さんはたった一つ違いで高齢者の仲間入りができない年齢だし、ワタシはしっかり高齢者だけど住んでる地域のワクチン接種がスローペースでまだ予約もできない状態。というわけでザンネンながら光武さんのお気持ちを理解してあげられなかったのでした(^◇^;)



このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする