2019年02月20日

豚バラとキャベツのビネガー煮

QPで見た料理。豚バラブロック肉を1㎝幅で切って塩をまぶし20分ほど置いておく。ワインビネガーを入れた水を煮立てローリエと豚肉と玉ネギスライスを入れて再度沸騰したらアクをひいてキャベツとおろしニンニクを加えて1時間ほど煮込み、塩胡椒で調味するだけ。キャベツは八分の一の櫛切りにして、最初は芯を下にして煮始め途中でひっくり返すこと。水は豚肉がひたひたになるくらいでキャベツは飛びだすかたちでOK。手間要らずだしシンプルな調味でも美味しく食べられるのでオススメ!
昨日はちょうどブログを書き終えた頃に旧友のモリから電話でいきなり「イギリスほんとに大丈夫なのかしら?」といわれてちょっとビックリしたのだけれど^_^;けさのBBCはホンダの撤退をトップニュースで報じ、現地従業員3500人全員が解雇になるのみならず周辺の下請け工場も相当な打撃をこうむることが現地インタビューを交えて大きく取りあげられた。ついこないだは日産が次期モデルの英国生産中止がやはりトップニュースで報じられて、今回と同様に生産工場は日本に移転することを恨めしそうに伝えたのが印象的で、自動車産業全体のシフトチェンジにたまたまEU離脱が重なったことで、今は英国の自動車産業従事者が一番ワリを喰ってる感じだが、こうした第二次産業においては今後あらゆる業界で消費後退の影響というよりもあきらかな生産過剰に伴う人余り人減らし問題が顕在化するのは必至だろう。結果としてこうした時代は各国で左派の勢いが強まる方向に進む一方、民族主義的右派傾向も顕著になるのは、第一次産業の人員が過剰となった過去の歴史が物語るところでもあった。フランスでは今や民族差別によるユダヤ人排斥の動きが大変な問題になっているようで、これには右派左派問わず元大統領や現職の首相も参加しての反ユダヤ主義反対の大規模デモが行われたことを報じたフランス2の映像にもけさは少なからず驚かされたものであります(!_+)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2019年02月19日

鶏肉と蓮根の柚子胡椒炒め

昨日のQPで見た料理。塩と酒で下味してカタクリ粉を振った鶏ひき肉をゴマ油でパラパラになるまで炒めてエリンギの薄切りを炒め合わせ、さらにレンコンの薄切りをさっと炒め合わせて醤油酢砂糖少々塩柚子胡椒を混ぜた合わせ調味料をかけて仕上げる。サッパリとした味わいの炒めものでレンコン好きにはオススメ!けさは4時に目覚めたのでそのまま執筆を開始。というのも愛馬オランダの幼稚な子クリトンを獣医さんに診てもらう日なので9時に家を出てクラブに行き、午後早くに帰宅しては執筆を再開するも、途中でうとうとして瞼が塞がってきたり、打ちミス多発で参った、参ったf(^ー^;というわけで今夜はブログも速やかに終了しますが悪しからず<(_ _)>


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年02月18日

串天、天むす、シラスとレタスのサラダ

お茶のお稽古の帰りにPメディアの三村さんと麹町の天ぷら屋で食事。
今日は午後から幻冬舎のヒメと鳥原氏、森下氏がお越しになり、現担当の鳥原氏が同社から文藝春秋社に移籍なさるための引き継ぎで森下氏がご挨拶に見えられて、何かと出版界の話をし、ご一緒に家を出て虎ノ門の会計事務所に行って青色確定申告の打ち合わせをしてから麹町のお稽古場に向かった次第。とにかく通常の執筆活動以外の仕事はなるべく一日にまとめることにしていて、青色申告の打ち合わせ直後にお会いした三村さんには「ホントにもう仕事したくなくなるよね〜」てな愚痴をこぼしつつ、三村夫妻がイマドキのハッテンバとは知らずに近所のスナックや銀座のコリドー街の店に入って何だかヘンだな〜と思ってた話を面白く聞いちゃいました(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年02月17日

ハンバーグステーキ、イカのマリネ、トマトニョッキ

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。ニョッキは市販のパック入りを昨日のトマト鍋の残りに入れただけ(^^ゞ
愛馬オランダの幼稚な子クリトンは脚の不調原因が何かを来週初めに診てもらってからレッスンすることになり、今週はサンデーサイレンスのお孫さん黒鹿毛サマ嬢に2鞍騎乗。旧クラブの愛馬だったハイセイコーのお孫さんとよく似ているサマ嬢は、ハイセイコーのお孫さんが 2 0代の超ベテラン馬だったのに対してまだ 1 1歳のイケイケ牝馬だからスピード感は相当あるし、またスピードをちょっとでも抑えるとすぐ嫌になってゴテだす子だから相当のスピードを維持しないとだめなのだが、ハイ孫さんと同様に反動が小さいからワタシも何とか乗っては行けるのだけれど、右手前はすぐに発進してくれるのに左手前はなかなか巧く行かず、要は左手前が不得意な子で、どうやら競馬上がりのサラは所属した競馬場によって右が得意だったり左が得意だったりするみたいである。ちなみにハイセイコーのお孫さんは左手前が得意で、旧クラブは左得意な子が揃っていたような記憶がある。ともあれサマ嬢は速歩のフラットワークから右手前の駈歩までは非常に順調だったにもかかわらず、左がなかなか出ないのでS先生に乗り代わってもらったところ、入念な下乗りでしっかりハミ受けしたいい駈歩が出たにもかかわらず、待ってる間にワタシのカラダがすっかり冷えちゃってバランスを崩しやすくなったために継続できなかったのはザンネンでした(-。-;)「バランスを崩すのは腹筋が足りないからですよ」と先生に注意され、とにかく乗馬は見た目よりずっと全身の筋肉が要るスポーツだと毎回痛感させられます(^_^;)ところで今週は
厩舎にタヌキが現れて馬のエサを喰い荒らしていたそうなのですが、そのタヌキが逃げて行った竹藪では野生のサルを見かけることもあるらしく、「一体どれだけの動物がいるんでしょうねえ」とクラブのオーナーさんが仰言っておりました(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年02月16日

トマト鍋

QPテシピで作ってみた。昆布を1時間以上水に浸けてから無塩無添加のトマトジュースを注いで煮立て、味噌と塩で調味してから肉団子をしばらく煮込み、ソーセージ、ジャガイモ、玉ネギ、シメジ、サラダほうれん草を加えて仕上げに黒胡椒を振った。肉団子は豚ひき肉おろしニンニク玉ネギのみじん切り卵塩胡椒カタクリ粉を練り混ぜて作る。ジャガイモは薄切りにして電子レンジで火を通してから加えるといい。
けさのワールドニュースでは、トランプ君がカリフォルニア知事から「国家の恥」といわれながら非常事態宣言まで出してまで作りたがってる国境の壁の映像をBBCで見てアゼンとし、ドイツZ D Fからは欧州の防衛を不安定化させる元凶と指弾されたトランプ君を、なんとアベボンがノーベル平和賞に推薦した(?_?)らしいというニュースにもビックリだったが(@_@;)何よりも驚いたのは欧州各国で地球環境破壊反対デモに立ち上がった子供たちの映像で、大学生くらいの年齢も混じっているが、概ね中高生くらいが主体とおぼしく、9歳の少女でもインタビューにしっかりと答えていたのが印象的だ。そもそもはスウェーデンの15歳の少女が気候変動に抗議して学校に行かず議会前で2週間も座り込みを続けたことに端を発して、ついに欧州諸国の少年少女が大人たちによる環境破壊を顧みない経済優先政治に異議を唱えて立ち上がったらしく、もう大人たちから今まで通りの教育なんか受けてる場合じゃないのよ(-_-;)自分たちの未来は自分たちの手で守らなくちゃ!!的な危機意識が如実に窺え、SNSの普及によって今後こうした流れが急速に広まりそうな勢いを感じさせたものである。それにしても、この種の意識を持つ子供たちが出現するあたり欧州はやっぱり今でも世界の先進地域といえるのかも?という気がして、一方に子供たちの人権が完全に無視されているような低開発諸国も同時に存在するのが今日のホモ・サピエンス社会なのだろうが、果たして日本の子供たちの意識は今どのあたりにあるんだろうか?などとつい考えてしまいました


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする