2020年08月11日

焼売セット、イカのマリネ、ブロッコリーの中華風サラダ

銀座の帰りに大宮エキュートでゲット。
今日は「本の雑誌」の「図書カード3万円使い放題!」の取材で銀座の教文館を訪ねて同誌編集部の松村さんばかりでなく、取材にお付き合い下さった文春の川田さん、高橋氏ともお目にかかった次第。好きな本3万円分がタダで買えてヽ(^0^)ノそれについてのエッセイを書くという実に魅力的なお仕事のオファーが入った時はこれを歓迎し、8月中旬の〆切りに合わせて今日に日取りしたものの、夏になれば感染が収束するはずだった新型コロナの猛威は東京で留まるどころか高まるばかりで、一時は埼玉県から東京に行かないように!という知事の要請まであったりしてお仕事キャンセルも考えざるを得なかったワタシ(-。-;) そもそも取材先を銀座の教文館に指定したのは歌舞伎座の8月公演を見がてらというつもりがあったのだけれど、歌舞伎座のチケット前売り直前はとてもそんな雰囲気ではなくなったので、とにかく大宮から新幹線とタクシーを使ってトンボ返りすることでひとまずお仕事のみクリアすることに。というわけで行ったところ今日は熱中症警戒アラートまで発令されて不要不急の外出をする人が少なかったせいか、新幹線も銀座も驚くほどガラガラで(!_+)これならウチの近所より安全かも?な感じで、取材後は川田さん高橋氏とワコーで久々にお茶して無事に帰宅した次第(^^ゞ教文館を訪れるのも久々ながら、この書店とは昔からご縁があったことや、今回の取材でここならではの本をゲットしたこと等は「本の雑誌」9?10?月号でお読み戴きますよう、敢えてここでは書きませんが悪しからず<(_ _)>
ところで文春からお二方もアテンドして下さったのは「こういう時でもないと会えないので」と仰言った川田さんは昇格の内示を受けられたらしく担当のバトンタッチや次回作の話や何かも出て、「次はまた昭和のシリーズがもう決まってるんですか?」と訊かれたので、こないだ集英社の伊藤さんと電話して「ネタ出しとか大体どういうストーリーにするかといった漠然とした打ち合わせはやっぱりリモートじゃ難しいですよねと言われてたんだよね」と川田さんに話して帰って来たら、なんと集英社「小説すばる」誌の野田さんからメールが来てて、近ぢか文庫担当の伊藤さんと単行本担当の伊礼さんと3人で大宮に会いに行っていいですか?という問い合わせだったからビックリし\(◎o◎)/今はコロナ禍でお互い他社の編集者に会う機会は乏しいだろうに一体どうやって示し合わせたんだろう(?_?)と首を捻ること頻りでした(^_^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年08月10日

豚肉と茄子とミョウガの甘辛炒め、オクラとキュウリの梅おかか和え

炒めものはニンニクと鷹の爪を入れた油で炒めて醤油酒砂糖味醂で調味。茄子を炒める時は塩でアクを抜いて油を吸いすぎないように注意するのが私流のポイント。昨日クラブでもらったオクラは小口切りにして冷蔵庫に残っていたキュウリの細切りと併せて酢の物に。酢醤油で調味して梅肉と花カツオを混ぜ合わせただけ。
ワタシの場合お盆に帰る習慣が昔から全くないので今年が「特別の夏」にはならないのだが、コロナ禍で帰郷の自粛を余儀なくされてらっしゃる方は随分ガッカリなさってたりする一方で、逆にホッとされてる向きもあったりするのではなかろうか。ともあれ地方自治体の首長がいうことよりも怖いのは隣近所の人の目だったりするらしいのは、この国の民度というか民族性みたいなものが相変わらずであることを示しているような気がする。先日たまたま昭和戦前の新聞の復刻版を読んでいたら、江戸時代の五人組みたいな制度を復活させよう的な政府の声明が載っていて、ああ、これが戦時中の隣組につながったわけね!と妙に納得したのだけれど、たしかに江戸時代の町触れという形の法整備に目を通すと、幕府はわりあい粗い通達をして、町人組織のほうから色々とお伺いを立てる形で詳細が決められていくパターンもあるくらいに民間の自治意識は強かったわけなので、それが延々と今日にまでつながってマスク警察や自粛警察みたいな輩をはびこらせているのだとすれば、徳川幕府のやり口は改めて恐るべしというしかありません(◎-◎;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2020年08月09日

キーマカリーセット

乗馬の帰りに会友のMamiさんと川越アトレ内のレストランで食事。
関東圏で熱中症アラートがいまだに出ないことがナゾな埼玉県下の、日陰は意外と涼しい馬場で今週末もオランダの暑苦しい子クリトンに騎乗。馬は何しろ平熱が人間より約1度高めだし、クリトンはおまけにチョー汗っかきの馬なので騎乗する前から肌がベタつく上に、幼稚だから人間にベタベタするのでホントにこの時期は暑苦しいったらありゃしない馬なのである(-。-;)もっとも例の速歩の最中にハミをぐいっと下に引っ張る悪い遊びはようやく収まって、石田先生が「今日はいいんじゃない!」という雰囲気で駈歩にチャレンジするつもりが、炎天下で掘りごたつに入ったような暑中騎乗に早くもワタシがバテて巧く果たせなかったのがザンネンf(^ー^;来週はもっと暑くなりそうなので駈歩は当分お預けかも?という気がするほど、サラブレッドよりひとまわり大きい中間種の馬場ウマを御するのはパワフルさが必要なのでした。というわけで今週はバテない程度に軽めのレッスンを終えた後クリトンをもちろん丸洗いしたばかりでなく、タテガミを梳いてサマーカットにしてやったら、やはり気持ちいいのかこちらを振り向いて顔を舐めようとするのがまた暑苦しいことこの上ない!(^^)!丸洗いでは最初は水で馬体を冷やし、仕上げはお湯を使ってしっかりブラッシング洗いしてやると、グウウーと嬉しそうな唸り声をあげたのがまるで温泉に浸かったオッサンみたいに聞こえて笑えました(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2020年08月08日

焼きそば

一昨日使ったキャベツと紅生姜の残りがあったのでコレに(^^ゞ
食事しながら見たTBSの報道特集では、なかなか下りなかった持続化給付金の問題を取りあげて、書類審査の初歩段階の担当者に取材した実態が余りにもお粗末 (@_@;) というか、やっぱりわざと支給しにくいように操作してたんじゃないの (-_^:) 的な疑惑満載だったことに大変な衝撃を受けてしまった(-。-;)もう一つ取りあげた「コロナ禍の芸術活動」についての問題は、ワタシが想像した内容とは違って、吹奏や発声で飛沫がどのように拡散するかの実験をしながら演奏活動の再開に挑むミュージシャンや、主に学校巡演で子供たちにナマの音楽を聴かせたりダンスの指導をしている人たちの話だったのだけれど、とにかく今度の新型コロナは世界中で音楽や舞台に携わっている人たちを苦境に陥れており、文化相の力強い発言があったドイツでもワーグナーオペラが変則的な上演しかできない現実や、演劇のメッカといえる英国のウエストエンドでさえ多くの演劇人が廃業に追い込まれそうな事態をワールドニュースで見るにつけても、もともと芸術活動に無関心無頓着だった日本の行政に期待するほうがおかしい気がしつつも、では一体どうやってこの間に舞台芸術芸能をサポートできるのか、具体的に考えれば大変に悩ましい問題に直面する。ワタシ自身、歌舞伎座の8月公演には必ず行くつもりで某雑誌の仕事を引き受けたにもかかわらず、間近の〆切りを抱えた形での観劇はちょっとリスキーな気がしてやはり躊躇され、結局のところ雑誌の仕事と観劇は切り放して考え、観劇はその仕事を済ませてから楽日近くにするつもりで今はいるので、なんとか楽日まで陽性者を出さずに公演を続けてほしいと切に願っているのでした(-_-)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2020年08月07日

エスニック風春雨サラダ

暑いので今日はコレしかない!と思って超テキトーに作ったら、意外にそこそこ美味しく食べられたので一応レシピを書いておきます(^^ゞ 生姜の千切りといっしょにゴマ油で炒めた豚ひき肉と、皮と背わたを除いて酒蒸しにした海老と、玉ネギスライスと、香菜の品切れで代用した三つ葉を茹でた春雨に混ぜ込んで、すり下ろしニンニク胡麻油レモン汁ナンプラー砂糖チリペッパー水少々を混ぜ合わせたドレッシンをかけて食す。
けさのワールドニュースでは昨日の「原爆の日」をドイツZDFとスペインTVが共に非常に大きく取りあげたのがちょっと意外で印象に残ったものである。両局共に日本人被爆者にもきちん取材した上で核爆弾の脅威と非人道性を強調するばかりでなく、今日の問題にも触れており、日本人は現在とても平和的で、アベ首相が自衛隊に集団自衛権を持たせることには反対している!とスペインTVがハッキリ報じたのにはいささか驚かされた(!_+) さらに国連の核兵器禁止条約を新たにアイルランド等3カ国が批准し、発効に必要な50カ国まであと7カ国に迫っているたにもかかわらず、世界で唯一の被爆国である日本が何故かいまだに批准していないことも鋭く指摘されていました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする