2020年04月01日

すき焼き風

近所のマルエツの牛肉全品4割引きにまたしてもひっかかってコレに!和牛でも細切れなので「風」の字を添えてみました(^^ゞ
食事しながらTBSのNスタを見ていたら途中でいきなり政府コロナ対策専門家会議の記者会見が始まって、尾身副座長がオーバーシュートの定義づけと、まだオーバーシュートには至っていないものの地域によってはその前に医療崩壊しかねない厳しい現実を深刻に告げて、今や医療従事者の危機感は大変なものに違いないと察しはしたが、尾身氏の発言は信頼性に足るものとはいえその口調にどうも訴求力が欠けるため、やはりここは弁舌で生きてるはずの政治家が事態の深刻さをビシッと伝えないと多くの国民の心には届かないよな〜とか思っていたら、その後しばらくして画面に登場したアベボンが各家庭にマスクを2枚配布します!てなショボイことを何だか大げさに話すのですっかり呆れてしまい(・O・;果たしてTBSはギャグのつもりでこういう編集にしたんだろうか?と思ったのでした。たまたま見てたお昼のニュースでは国会の決算委員会の質問で飲食店の休業補償はあるのかという野党の質問にアベボンは「個別の補償は出来ません」とハッキリ答えていて、要はいくら対策予算を組んでも即時的に支援が必要なところへある程度の金額が行き渡ることはまずなさそうなところがロックダウンを決行した他の先進諸国と日本とが全く違う点であり、これは興行関係者にも同様で切符の払い戻しを求めない客にはそれを寄付金扱いで減税するというだけの実にしみったれた支援しか出来ないようであった。なので欧米並みのロックダウンに踏み切る度胸は恐らくないだろうから、あとは国民それぞれが自覚し合って自分の身は自分で守るしかなさそうなショボイ国にしてしまった現政府を、これまで許して来たことのツケが今とうとうみんなに回って来たといわざるを得ません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2020年03月31日

じゃがいもと鶏肉とワカメの炒め物

昨日使った塩蔵ワカメの残りを使いたくてこのメニューに(^^ゞ昔これにハマってよく作っていた。ゴマ油でジャガイモを透き通るまで炒め、鶏もも肉の細切りと塩抜きしたワカメを炒め合わせて酒と醤油で調味するだけ。鶏とワカメから旨みが出るのでシンプルな調理でも美味しく食べられます∈^0^∋
昨日は緊急事態宣言が出るというデマ?メールが回って来て、いよいよか(¨;)と覚悟したものの、すぐに菅官房長官の打ち消し会見で鎮火し、小池都知事の2度目の会見も夜のお遊び止めてね!お願い宣言程度で留まったからちょっと拍子抜けしたものである。さあ、果たして本当に宣言が出来るのかどうか、政府としても今が正念場なんだろうか(?_?)と思いながら、今はまだニューヨークの2週間前の状態で嵐の前の静けさなんだといわれても、中国との距離から考えてそれじゃ余りに遅すぎないか(?_?)とか、感染者が出ないのはもちろん検査が遅々として進まないからにしても、この間の感染死者数が他国と比べて少ないのは何故なんだろう(?_?)もし病院で死因特定を怠って隠蔽なんかしてたら医療従事者が真っ先に被害をこうむるわけだからさすがにそれはないだろうし、やっぱり巷間いわれているように日本人は無自覚のうちにある程度の集団免疫が成立しちゃってるんだろうか(?_?)とか色々と頭をめぐらしても現在の日本は一体どの時点にいるのかがさっぱりわからないのである(-_^:)都市封鎖するならするでそれなりの補償が担保されないといけないし、現段階では国家予算を割けないから結局は自粛お願い宣言しかできないように見えるんだけど、コロナ対策予算がきっちり決まった段階ではちゃんと宣言する気なんだろうか(?_?)それにしても諸外国に比べてコロナ対策の予算編成が余りにも遅すぎないか!と思ったのは、けさのワールドニュースで、オーストラリアのモリソン首相が山火事対策の遅れでメチャ評判が落ちたのを取り戻そうとするかのように、コロナ禍で失職した賃金労働者だけにでもびっくりするほどの巨額の予算を注ぎ込むという具体的な話をしたからである。もちろんモリソン首相に限らず何処の国の首相もコロナ禍の経済対策についてはかなり具体的な数字を列挙して、いささかハッタリめいても対策の何が目玉かをはっきり明示しているにもかかわらず、わがアベボンのこないだのスピーチだと「かつてない規模」が強調されるばかりで具体的な数字が何一つ出て来なかったのが物凄いオドロキで(@_@;)いくら取り巻きの官僚の作文を読んでるだけといっても、ハッタリでいいからもうちょっと何か色つけようよ!と思ったのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2020年03月30日

豚肉、わかめ、新玉ネギの甘辛炒め

今日見たQPの超お手軽な春らしい炒め物。豚肉の細切れを炒め、櫛切りした新玉ネギを炒め、さらに塩抜きした塩蔵わかめを炒め合わせて同量の酒砂糖醤油で調味するだけ。超シンプルな味つけだが、わかめからだしが出るせいか意外と美味しく食べられました∈^0^∋
さすがに今日は志村けんの訃報にショックを受けた。大丈夫だあ、の決まり文句通りのタフネスなイメージで売った人だけに、その余りにもあっけない最期で改めてCOVID-19の恐ろしさに粛然とせざるを得なかった。ヘビースモーカーで肺炎を患ってから禁煙されていたということが報じられて、また改めてタバコのリスクを思わざるを得なかったし、ワタシ自身も禁煙してちょうど十年になるが、その三倍の長い年月をスモーカーで過ごし、無熱性肺炎という厄介な病気を患った経験もあるから用心しなくてはなるまいという気がした。事ほど左様に、この方の訃報はさまざまな方面で色んな人に強い警鐘を鳴らしたという点で、死してなお人の心を大きく動かすパワフルな芸人だったことになるのだろう。合掌。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年03月29日

キムチ鍋

急に寒くなったのでこのメニューに。昆布だしにキムチとネギと豚肉と甘塩ダラと椎茸と豆腐を入れて煮ただけ。
今日クラブに行かなかったのは自粛ではなく雪が降ったせいで、さすがに積雪すると北海道以外での乗馬はできないから、わが家でミニトランポリンをしておりました(^^ゞ
ところで若い頃は超インドア派だったワタシが50歳を過ぎて熱心に乗馬をしだしたのは、帯状疱疹を患った際に最初原因不明で診てもらった整形外科医に「あなたみたいな撫で肩の人は初めて見ました!」と驚かれてしまい 「よほど姿勢に気をつけないと、70代で寝たきりになりますよ!」 と脅されたせいも大いにあるのだった。幸い乗馬のおかげで現在は体型が変わって見えるほど筋肉がついたし、老後なるべく人の手を煩わせないようにするためにも乗馬をしてるのだけれど、人間だれしも年を取れば取るほど健康を維持するために筋肉が必要と感じるだろうから、このコロナ禍で日々カラダを鍛えて来た色んなトレーニングに不自由をしてらっしゃる高齢者の方も多かろうと思う。年を取ると運動を怠ればたちまちカラダを動かすのが億劫になり難しくもなるようだし、パーキンソン病を患った亡母はケガで入院後にカラダを動かせない時期があったことから急速に悪化して不帰の人となっただけに、この間にデイケアやデイサービスを受けられなくなった後期高齢者を自宅で介護する方のご心労はお察し申し上げる。
ともあれ欧米に比べて日本の感染死者数が現在まだ少なく抑えられているのは高齢者施設のガードが非常に堅いことのおかげもあるのだろう。父が入所している施設ではインフルエンザ警戒で正月から面会禁止となり、そのままコロナ警戒に移行したのが今のところ幸いしているようだし、何処もウイルスの侵入を喰い止めるために万全を期しているに違いない。ただ長期戦となれば施設に勤務する方々が心身共にストレスフルで参ってしまわれるだろうから、施設にはそれを何とか軽減するような取り組みも願いたいものである。
とにかく人の命を守れ!と医療従事者が声高に主張するのは当然だが、ただ息してりゃいいってもんでもなかろう!と一般人が思うのもまた止むなしで、今後コロナとの長期戦においてコロナからは身を守れても、老若共に他のストレスで心身が病んで滅んだら元も子もないことだけは誰しも肝に銘じておいたほうがいいのかもしれない。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (3)を読む

コメントする


2020年03月28日

豚バラ大根

色んな作り方があるが、今日は生姜の薄切りと鷹の爪を入れた油で豚バラ肉とイチョウ切りにした大根をしっかり炒めてオイスターソース酒砂糖醤油で調味。
夕方買い物に出かけた大宮駅周辺には、外出自粛要請にもかかわらず意外と人がけっこう出てるじゃん!それも若い人ばっかりでもなくて(!_+)という印象を持って帰宅し、料理しながらTBSの報道特集を見ていたらモリトモ事件で自殺された赤木元財務局職員の問題が取りあげられたので、この間あまりにも不誠実な政府のありよう見せられてきた日本人には、かつてのようなお上のいうことをマジメに聞いてしまうメンタリティが喪われてしまったのかもしれないな〜と思っていたら、突如画面が切り変わって当のアベボンが登場(゜;)政府のコロナ禍対策について話しだしたのはいいが、相変わらず密閉密集密接を避けるようにと強調するばかりで外出の自粛は求めても緊急事態宣言で外出禁止を発動するような雰囲気はまるでなさげだし、経済支援策に関しても「かつてない規模の予算」を強調するばかりでほとんど具体策を示さないから聞いててイライラするばかりの上に、それで長期戦を覚悟して下さい!と言われてもね〜(-。-;)なのであった。ワールドニュースで各国のトップがこの件に関してスピーチするのを聞いていると通訳を通しても何らかのインパクトを受けるのに、本人が日本語をしゃべっているにもかかわらずこの全体に空疎な感じしか受けないのは一体何なんだろう(?_?)と、またしても考えてしまい、何かに似てるよな〜そうだ、ゼッタイに言質を取らせない役人の言い方なんだ!と納得したところで、要は役人のシナリオ通りに読んでるだけなんだろうけど、役人のシナリオを読んでても政治家は自身の情感なり何なりのパーソナリティが迸るもののはずで、それがあるからこそ政治家のスピーチなんだけどな〜と思うこと頻り。かりに緊急事態宣言をしても、この人がしたら果たして効果あるんだろうか?という気までしてきて、まだ小池さんが目を剝いて訴えたほうがインパクトだけはありそうに思われました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする