2017年08月22日

鶏肉入りカポナータ風ラタトイユ

乗馬クラブで頂戴した白ナスとふつうのナスで作ってみた。カポナータとラタトイユの違いはナス主体で揚げ煮するのに対して、ズッキーニがメインで炒め煮にすることらしい。近所のマルエツでズッキーニが切れていたのでタイトルのネーミングとなりました(^^ゞナス以外の野菜はセロリとレンコンとエリンギ。むろんオリーブ油にニンニクを入れて玉ネギを炒めるところから始めて、上記の具材を次々に炒め合わせて別炒めしておいた鶏もも肉とトマト2個を加えて煮込み、白ワインとコンブ塩と胡椒で調味。適当にした割にメチャ美味しく出来たのは素材が良かったせいでしょうか∈^0^∋
米韓合同軍事演習開始で東アジアは結構スリリングな状況に置かれながら、米本国では皆既日蝕観光?で国民のの大移動という割とノーテンキな報道が、今朝はフランス2や英国のBBCでも大々的になされてアナウンサーが非常にコーフンしてたのはちょっとオドロキでした。ヨーロッパでは皆既日蝕が人間一生の間にまず観られないということなんだろうか(?_?)
かくいうワタシも2009年には萩尾望都さんたちと奄美大島に皆既日蝕を観に行ったわけで、あの時のちょっとフシギな感じは今もよく憶えている。夜みたいに真っ暗になるわけではないので、その点はちと期待はずれだったのだけれど、どこからともなくヘンな風が吹いてきて、急に肌寒くなり、空も海も夕方とはまた違うヘンな色に変わって、マグリット的というよりはダリ的に時間の止まったような風景に見え、その場には人が大勢いたのに誰も口をきかずにシ〜ンとしてしまい、何だかこの世の最後っぽい雰囲気になったので、元に戻った時はさすがにほっとしたのでした(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年08月21日

豚の生姜焼きと炒め焼き茄子のミョウガ添え

週末に訪れた乗馬クラブでまたまた美味しいEM有機農法の野菜をどっさり頂戴したので、今宵はシンプルイズベストな食べ方にしました(*^^)v
ところで一昨日の夕方は川越で乗馬をしてて、ちょうど下馬したところで雨が強く降り出したものの、遠雷が聞こえる程度だったから別に慌てる必要も全然なかったのだけれど、今日の報道番組で同時間帯の東京の映像を見て、こりゃコエ〜 (@_@;) と思ったのでした。二時間で千発の落雷って尋常じゃない気がするし、近頃やたら雹が降ってるような気もするし、気流の関係でそうなるのか、大都市特有の異常気象なのか、電磁波の関係なのか、とにかく不穏な大気現象には驚くほかないし、大宮に住んでると全く他人事みたいな感じだが、そんなに遠くない同じ関東の出来事だけに何かと不安が募って余計なことが心配されるのでした(-。-;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年08月20日

豚肉と茸と野菜のぴり辛炒め定食

乗馬の帰りに川越駅ナカで食事。
連日の雨天にもかかわらず、意外にも乾いてた(!_+)ほど水はけのいい馬場がご自慢の乗馬クラブで今週末も2鞍騎乗。1鞍目は久々に小柄な優等生サラ鹿毛ボー君に騎乗して女性インストラクターのA先生によるマンツーマンレッスン。真面目なボー君はやや夏バテ気味でもとにかく一所懸命で、反動が大きくても一定のリズムを保つ馬場馬らしい走りで、速歩は巻乗りや三湾曲や輪乗りの詰め開きを実にスムースにやってくれたし、駈歩も輪乗りで無難にこなしてくれて何よりでした。今回のレッスンで初めて教わったのは「反対半巻乗り」という今まで聞いたこともなかったワザで、最初は全然イメージが湧かないから常歩でやってみて、そのあと速歩でやってナ〜ルホド!これって横歩より面白いかもと肯けた次第。
2鞍目はお馴染みビビリ〜のデカ鹿毛サラ11歳のオー君で、オー君は騎乗直前に落鉄が判明し、急きょインストラクターのS先生が装蹄を。ワタシは下から釘を渡す係を務めたおかげで装蹄の過程やコツがバッチリ呑み込めたのでした(*^^)vといって自分で出来るわけではありませんが(^^ゞ 装蹄直後でもオー君は結構しっかり走ってくれたし、「ここんとこクリトンで駈歩が出来なかったから今日のレッスンはは駈歩を中心にします」というS先生の方針もあって両手前で何周かし、「まだまだ続けていいですよ」と言われたのでワタシは自主的に先週習ったばかりのC級ライセンス径路にチャレンジ。駈歩で右手前の輪乗りから蹄跡行進斜め手前変換までをいっきに駈け抜けるところまでは実に快調だったのだけれど、続けて左手前の同一パターンをしようとしたところで輪乗りが成立させられず蹄跡を突っ走られそうなったのは、ひとえにワタシの左手綱の持ち方が甘かったせいである。「左手綱の持ち方が甘くなるのは松井さんだけじゃなくて、みんな甘いですよ。相当にそれを意識してなくちゃダメ!それとだんだん脚の抱きも甘くなってくるのは体力のない証拠。もっと鍛えてください」とのこと。ワタシ的には
先週習ったばかりの径路を何とかクリアしただけでも自分を賞めてあげたいくらいでした(^0^;)ともあれこのレッスンはスライドの大きなオー君で駈歩をたっぷりやったから頭から水を浴びたように全身汗びっしょり。それでも最後はやっぱり愛馬オランダの幼稚なクリトンにもちょっぴり騎乗。来週に競技会を控えたクリトンはすっかり馬場馬らしい調教をされていて、速歩も足を高く持ちあげる独特の歩様に以前はかなりの違和感があったものの、さすがにワタシも馴れて来て一種の快感が味わえるようになってきたのだから面白い。というわけで来週末は御殿場の競技会場でクリトン活躍をわが目にしたいものであります(^_^)b


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年08月19日

トマトとタコのマリネ

昨日のQPで見た料理。細かく刻んだトマトをオリーブ油で炒めて煮崩し、ニンニクのすり下ろし、バルサミコ酢、醤油、ハチミツを加えて作ったドレシング液でタコとトマトを和えるだけ。味が馴染むまでしばらく冷やしておく。Q P は仕上げに刻んだパセリを散らしたが、ワタシはイタリアンパセリをトッピングした。
食事しながら見たNHKBS「映像の世紀〜アジア自由への戦い」が何だかとてもタイムリーな番組に感じられたのは、今ちょうど米国で白人至上主義者デモの事件が問題になっているせいかもしれない。トランプ君が彼らの存在を明確に非難しなかったことで、経済諮問会議のメンバーが辞任し、それなら諮問会議そのものをヤーメタ〜というまたまた幼稚な彼の判断によって、ブルームバーグを見たら案の定NYダウは続落。経済界もとうとう見離しそうな政権では、トランプ君の最側近で且つ米国ネトウヨの星ともいえそうなバノン首席戦略官までがついに辞任(!_+)この辞任でNY株価は一瞬だけ騰がったくらいだけれど、コアなトランプファンだったはずの極右系の人たちの支持は喪う恐れアリアリの更迭だけに、トランプ君の今後はますます予測不可能な感じ(?_?)もっとも、ご本人はあんまり物事を深く考えられずにこれまで勘だけで世渡りしてきたみたいな人だから、周りのブレーンによってどうにでも変わりそうだし、少なくともバノン氏が離れたことで人種差別的な色合いは影を潜めることになりそうだけど(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2017年08月18日

牛タン麦とろ定食

恵比寿のマシン治療に出かける前に大宮駅ナカで食事。
今日はもう世界各局のニュースがバルセロナ事件で持ちきりだったが、自爆テロが日本の特攻をリスペクトしたように言われた時も驚いたのだけれど、まさか自動車テロも秋葉原事件にヒントを得たとは絶対に言われたくないものである。それにしてもこの種のテロはたった一人の思いつきでもやってしまえるから予防が非常に困難だし、そういう意味では世界津々浦々の人びとを恐慌に陥らせる最も効果的なテロリズムなのかもしれない。問題はもう宗教や主義の違いとかでは全然なくて、社会を受け容れない、というよりも社会から受け容れられ難い人たちの、ただ憤懣のはけ口として行使されているような気がしたのは、たまたまこの事件の前に、アメリカの白人至上主義者が反対派のデモ隊に自動車を突っ込んで轢殺した事件があったからである。社会への憤懣を人間的にというよりもはや動物的に募らせている人たちが今後もますます増えて、こうした事件が世界中で続発するような気がするのは私だけではなさそうで、せいぜい人混みを避けるくらいしか対処のしようがないのは困ったものであります。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする