2024年06月23日

鮨、豚ひれかつ、イカのマリネ

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
例年より遅い入梅となった今週末も埼玉県下の馬場で愛馬オランダの幼稚なおじさんクリトンに騎乗。もっとも今のところは降雨が深夜や早朝に偏っていて騎乗中は幸い降られずに済んだが、処々に大きな水たまりが出来たメチャ重馬場とあって、馬たちも足取りが重くなるのは当然というべきでしょうか。今週のクリトンは四肢にもう気になる熱感がなく、例の屈腱炎モドキの痼りも消えてほぼ完治したようで、A子先生の下乗りでは少し駈歩も始めて「オレやったぜ!」という表情だったし、ワタシが騎乗しても出だしはババババーっと猛スピードの速歩を披露しながら、途中でアッ!オレもうムリ(__;)という感じで何度も立ち止まるのは足場が悪かったせいもあるのだろうし、またしばらく激しいレッスンをしなかったせいで筋肉が落ちて股関節が弛んでいるのかも?と推測される。とにかく高齢馬の筋肉をキープするのは日ごろ地道な運動を積み重ねるしかないのだけれど、どの馬も降雨でどうしても運動量が不足しがちになるため、梅雨の晴れ間を見つけて何とかこのシーズンを乗り切りたいものですね〜と先生に話していたのでした。ところで水たまりを嫌がる馬が結構多いのは、足場が不明だったり水面が反射するのが怖かったりするせいだと思しく、クリトンも来厩した当初は水たまりを逃げまわっていたのだが、そのつどワタシが「オランダにも水たまりはあったはず!」と叱咤してわざと水たまりの中をザブザブ通らせたので、今やそれが楽しくなったみたいにザブザブ行くから、下馬してヘルメットを取ったら驚くほど泥水で白くなっちゃってるし、もちろんメガネも泥っぱねだらけなのでした(^_^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年06月22日

チキンカレー、茹でアスパラガス

カレーは新宿中村屋製のレトルト。国産差スパラガスがあるうちはつい食べたくなります(^^ゞ
食事しながら見たTBSの報道特集はまたまた自民党政治資金の使途や集め方の不透明さを検証し、萩生田はやっぱり悪ガキらしく報告された使途の明細がメチャメチャだった点を指摘された一方で、キシダは「祝う会」の名目でしれっと金集めをしている実態が再度取りあげられていた。「政治資金というものは民主主義政治を支える大変重要な要素である」と主張するキシダに対しては、いやいや、もっと重要な要素は何事にも説明責任をちゃんと果たす態度と能力ではないでしょうか?と国会でダレかに突っ込んでもらいたかった(-。-;)
もう一つの特集では80年前の沖縄戦の証言者たちが、現在の「台湾有事」を念頭においた沖縄諸島における軍事配備を、まさに「戦前」の始まりだと危惧する発言が取りあげられたが、そもそも「台湾有事」なるもの自体が国内で検証されたり、きちんと説明すらされていない現実をもって、この国は果たしてホントに独立した民主主義国家なんだろうか(?_?)とワタシなんかは危惧せざるを得ない(-_^:) 米ソ対立の局地戦としての朝鮮戦争やベトナム戦争を知っている世代としては、米中対立の局地戦に日本が巻き込まれるなんてとんでもない気がするのだけれど、米国の政治が軍需産業の政治資金によっても動かされている可能性が大きい点で、ウクライナ戦争やパレスチナ戦争が片づいたら途端に火がつく恐れもあるだけに、そうノンキに構えてもいられない状況なんじゃないだろうか?と懸念する。朝鮮戦争では日本が経済復興を成し遂げた過去があるだけに、来たる「台湾有事」で儲けたい意識の企業人も日本には当然いるはずだし、今後それらの人びとでメディアの論調や空気が左右されるかもしれないことを、今からしっかり意識しておくに越したことはないように思われます(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年06月21日

豚ヒレ肉とピーマンの甜麺醤炒め

今日のQPを参考に作ってみた。豚ヒレのブロック肉を食べやすいサイズに切って塩で下味し、薄力粉をまぶしてゴマ油でこんがり焼いてから、ブツ切りした長ネギ、乱切りしたピーマンとパブリカを炒め合わせ、おろし生姜とおろしニンニク、豆板醤、酒、醤油を混ぜ合わせたタレを回しかけて仕上げました(^^ゞ
けさのワールドニュースでは英国 BBCのスタジオで主要政党の党首が一般聴衆と各30分の質疑応答する姿が頗る新鮮に感じられたものである。たとえば保守党の場合は同党の議員立候補者の違法賭博容疑が問題にされ「これぞまさに私たちを長年苦しめてきた保守党の倫理観の欠如といったものではありませんか!」と聴衆のオジサンが鋭いツッコミを入れたら「その問題に関しては私も激怒していますが……」とスナク首相が即座に切り返しの弁明をしたり、また次期首相の呼び声高い労働党のスターマー党首に対しては「移民問題について保守党をひどく批判してきたくせに、選挙間際の今になっても労働党が移民受け容れの具体的な数値目標を示さないのは何故ですか?」と若い女性の聴衆からこれまた鋭い質問が飛んだりして、各党首がそれらの質問へ即時的にどう答えるかで政治家としての資質まで問われる感じの討論会だったのである。さて日本では見知らぬ一般人からその場限りのこうした質問をぶつけられて即答できる政治家が果たしてどれくらいいるんだろうか?と思い、でも政治家って本来こうしたことに長けた人がやる商売のはずだよね〜と思い直し、予め知らされた質問にもカンペに頼らないと答えられないような人が首相にまでなれる政治風土をもって、議会制民主主義の成育が伴った先進国とはとても呼べない気がしたのであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年06月20日

マッシュルームの肉詰め、3種のタパス、ムルシア風サラダ、パエリャ

今日は午後から代々木のクリニックで人間ドックの再検診を受け、帰りに会社が近所にある幻冬舎のヒメと高島屋でお茶して、そのあと館内のスペイン料理店「ミゲル・ファニ」で会食を。
ヒメとは一体どうなる円安円弱問題や、投票したい人がいないから最高裁判事みたいにバッテン付ける方式にしてほしい都知事選問題や、玉石混淆の電子化情報を脈絡なくインプットしてイケシャーシャーと噓をつきまくるAIが支配する今後の社会の恐ろしさ等々いろんな話題で久々におしゃべりを存分に楽しんだ一方で「そろそろウチのお仕事の話も本格的にさせてください」と言われ「いや〜70代になると小説を書くのは正直キツイんだよね〜」とかわすワタシ(^_^;「でも、松井さんはいつ見ても健康そうじゃないですか。書くにはやっぱり体力勝負ですから大丈夫ですよ〜」「まあ、体力だけは昔よりあると思うんだけど、集中力が保たなくなってきたのと目が悪くなったよね〜」なんて話もしたのでした。で、目下体力には自信のあるはずのワタシが今日クリニックで再検診を受けたのはコレステロール値が急に高くなり過ぎたためで、検診された先生も「食生活に何か変化がありましたか?」と不審そうに訊かれ、取り敢えず再採血をして結果は後日にとのこと。で、その後ヒメに会って最初に「コレちょうど今日ウチから出た新書なんで、お持ちしたんですが」と手渡されたのが和田秀樹著のタイトルが「コレステロールを下げるな」には笑えました(^0^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2024年06月19日

冷麺、茹でアスパラガス

近所のマルエツで盛岡冷麺のキットをセールしてたのでこのメニューに(^^ゞもちろんキムチも焼豚も市販品です。
食後に見たBS-TBS報道1930は3年ぶりの党首会談をを受けての政局特集で、立民党首の解散要求にキシダ総理がうっかり乗せられなくてホントに安堵した、とゲストの自民党議員が正直に答えたのは笑えました(^0^;)同じくゲストコメンテーターの田崎シロジイがキシダ答弁に対して「なかなかよくやってたほうだと思いますよ」と答えたのにも笑えたが、とにかく攻める野党側も自民党の金に汚い党風を非難するばかりで、米国の属国化を容認するどころか推進している点を大きな争点にしないのは、善くも悪くもナショナリズムや民族主義が台頭する今日の世界潮流にゼンゼン乗っていないことを意味するのではなかろうか。都知事選に立候補した田母神元自衛隊幕僚長が、自分は戦後のウヨクではなく本来の正当なウヨクだと自認されている発言をたまたま聞いて、それなら何故まず横田基地の返還を求めようとしないんだろう(?_?)日米安保が大前提で、米中関係がホントに悪化すれば日本全土が米軍基地化される事態をも容認する正統派のウヨクって本来あり得ないでしょう!と思われたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする