2023年01月26日

寒ブリの刺身、白子ポン酢、バーニャカウダ、和牛の焼肉しゃぶしゃぶ鍋

今日の夕方は幻冬舎のヒメがわが家にお越しになって、今年の新作連載がまだ始まらない先に「その次をお願いしたいんですが」とのこと (!_+)「わたし今年もう70になるんだけど、まだオファーするわけ?」と言ったら「いや〜近ごろは筋肉隆々だそうで、お元気だからまだまだ大丈夫ですよ〜」と言われ、以前にも少し話に出ていた、今までわたしがまだ一度も手を付けていない時代の小説を所望されて、たしかに面白いかも?とは思っても「だれか別の人に書いてもらって、わたしはそれを読みたいわよ〜」という気になるほど大変な大ネタなのであった(-。-;) というわけで絶対書けるという保証は全くないままゴチになり(^^ゞ 出版のみならず日本の文化全般の憂うべき現状について何かと語り合いました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2023年01月25日

けんちん汁

昨日見たQPレシピに則って作ってみた。小さく切った鶏もも肉を炒めて、肉の色が変わったらイチョウ切りした大根、拍子木切りしたニンジン、角切りした里芋、薄切りしたコンニャクを炒め合わせ、酒、砂糖、醤油、塩少々で調味した出汁を注いで煮立て、アクを引いてからサイの目に切った焼き豆腐を入れて30分ほど煮込んで、すり白ゴマを振って仕上げるところを、常備のゴマを切らしてました(^^ゞ きょうみたいな寒い日に持って来いで、写真の4杯分をいっき食べてしまいました∈^0^∋
けさのワールドニュースではドイツがついに国産の最強戦車レオパルト2のウクライナ供与を容認し、これが米国の最新鋭戦車エイブラムズの供与と連動しての決断らしいとZDFが報じて、この戦争が結局は他国の協力と見るか、干渉と見るかはともかくも、要するに武器供与でどんどんエスカレートしているのは間違いなく、いよいよ戦争が終わらずに核使用の可能性も高まる懸念が持たれたものである。折しも人類の終末時計が残り1分半に縮まったニュースと併せて深刻に受け止めざるを得ませんでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2023年01月24日

生姜と白菜の甘酒スープ

昨晩に引き続いてマルエツに配布されているパンフレットのレシピ通りに作ってみた。豚バラ肉を炒めて肉の色が変わったら生姜の千切りとざく切りにした白菜、小松菜、椎茸の薄切りを炒め合わせ、鶏ガラスープを入れて煮込み、仕上げに甘酒を加えて醤油を垂らす。とても簡単にできるしカラダが温まって美味しいスープ。
このブログを書きながらも、ベランダで転がったりひっくり返ったりしているバケツやプランターの騒々しい物音で、外は恐ろしいような強風が吹き荒れているのがわかり、比較的穏やかだった昼間とは打って変わった今季最強寒波の襲来を実感させられている。冬が寒いのは当然でも、近ごろは気温の落差が尋常でなく、それは偏西風の蛇行が激しいせいなんだろうし、温暖化に伴う明らかな気象異常であるのがわかりつつ、先進国も途上国も早急に事態を変えられる方策はなさそうで、だんだん激烈度を増す気象異常に怖さを覚えるばかりだ。大宮はまだ雪が降らないだけマシなんでしょうが(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2023年01月23日

鶏と根菜の甘酢煮

マルエツに配布されているレシピパンフレットで見た料理。鶏もも肉を炒め、適宜に切ったレンコンとゴボウを炒め合わせ、水を加えて酢、酒、砂糖、醤油で調味して煮込み仕上げにカイワレを添えた。簡単リースナブルに出来て美味しく食べられるこの時期ならではの料理。
いよいよ通常国会が始まって、防衛費の増額や少子化対策予算の財源をどうするか問題に関して与野党が有意義な舌戦を繰り広げる期待はほとんでできないまま(-。-;)食事しながらBS-TBS報道1930を見たら、これまで財政規律がゼンゼン守られなくて赤字国債頼みの凄まじい国の借金に何ら歯止めをかける工夫もない実態に愕然とさせられて、今後必ず起きるとされる巨大災害ずくめの日本列島では、ホントのところ新たな予算の財源をどうするかどころじゃない巨大債務をどうするか問題がもっと真剣に語られるべきではないかと思われました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2023年01月22日

天ぷら定食

乗馬の帰りに川越アトレ内の料理店で会友のMさんと食事。
急にまた冷え込みが厳しくなった今週末も埼玉県下の馬場で愛馬オランダの幼稚なおじさんクリトンに騎乗。寒い時はヒトもウマもカラダがが硬直しやすいのでクリトンの硬い反動を覚悟して騎乗したのだけれど、意外に馬体が柔らかく感じられて乗りやすかったのは有り難く、それはクリトンの好調が維持されている証拠でもあろうが、A子先生が下乗りで肩内や腰内や横歩運動を入念になさったせいかも?と拝察。いずれもウマの首を曲げたり、あるいは脚を交差させてたりして動かすトレーニングで、要はそれがクリトンのいいストレッチになって、馬体がほぐれやすかったのだろう。ワタシのレッスンでも肩内が今までで一番かも?と思うほど首をスンナリ曲げてくれて、欽ちゃん走りのハーフパスもスムースに行ったのでした(*^^)v そんなわけで2鞍目の単独騎乗でも肩内と横歩を試みようとしたが、何しろ朝5時起きで原稿を書いてからクラブに行って相当に疲れ気味だったこともあり、巧くハミ受けしきれなかったせいか全然ダメでがっくり来ました(v_v)そんなわけで今夜はブログも少なめながら、クラブではとにかく週明けの猛烈寒波襲来が果たしてウマにどんな影響をもたらすのかが非常に心配されていました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする