2022年01月23日

菜の花の胡麻和え、鮨、水餃子

乗馬の帰りに大宮エキュートでゲット。
寒くても風が無いだけまだマシな今週末も愛馬オランダの幼稚な子クリトンに騎乗。
今週は金曜夜にクラブからのメールで「クリトンの様子がちょっと変なんです」と知らされても夜中に駆けつけるわけにもいかず、気が気じゃなかったワタシ(◎-◎;)別に寝込んだり苦しそうな表情をしているわけでもないし、ボロ(糞)もしっかり出ているけれど、エサをあまり食べず、大好きなフスマ湯も少ししか飲まず、いつも他の馬に先にエサをやると怒りまくって壁をガンガン蹴るはずなのに妙に静かなのがあきらかに変なのだとか(-_-;) というわけで土曜日の午前中に駆けつけて厩舎に様子を見に行ったら意外と元気そうにしていて、厩舎から出せとせがむので外に連れだし、まずはフスマ湯をやったらごくごくと飲み干したのでほっと一息(^_^; 次いでフスマ粉がいっぱいくっついた舌でワタシの上着をベロベロと舐めだしたので、一体ナニを訴えているんだろう(?_?)と首をひねりながら、試しに乾草を少しやってみたらバクバク食べだしたので、別にお腹の具合が悪いわけではなさそうだと判断し、そのまま通常のお昼ご飯分の乾草を与えたらペロリと平らげたから、通常通り石田先生に試乗してもらうことに。すると先週に変わらぬ活発な動きを見せたので、続けてワタシも騎乗して軽めのレッスンを。今日はお昼前に通常の半量の乾草を与えて単独騎乗したところ、最初から弾発のあるイイ歩様をしながらも、途中で自らハミを外して走行を拒否るため、ひょっとしてまだ本調子じゃないんだろうかと心配しつつ、下馬して洗い場で手入れをしていたら、またまたワタシの上着をベロベロ舐めたり噛んだりするのでナニを訴えているのかとしばらく首をひねるも、再び乾草をやったらたちまちなくなってしまい、クリトンがさらにせがんだところで、やたら舐めたり噛んだりする上着が緑色だということにやっと気づいたワタシ(!_+)つまり一昨日の絶食が響いて、今日のクリトンは朝から腹ぺこ状態だったらしいのであります(^◇^;)クラブのオーナーにその旨を話したら「大事に至らず良かったですねえ。一昨日は壁も蹴らないし、あんまり温和しいんでどうなることかと心配しました」と言われ、たしかに今日のクリトンはワタシが他の馬にもおやつのニンジンを分けたら壁をガンガン蹴っていたので、もう大丈夫なんだろうな〜と思った次第。恐らく夜間の冷え込みが続いたのと運動不足が重なって腸の動きが停滞していたとおぼしいが、クリトンはワタシと石田先生とA子先生以外の人は騎乗できないし、調馬索で回すのも両先生以外はできないし、放牧するのでさえワタシと両先生以外の人はキケン視されていて、運動が不足しがちなのは無理もなく、それでエネルギーがあり余って、ふだん板壁をガンガン蹴って暴れているらしいのが今回のオーナーの発言でよくわかりました(^_^;)ホントえらいお騒がせで近所迷惑に違いないクリトン君であります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年01月22日

チキンスープカレー

昨日お土産にもらったレトルト「らっきょチキンスープカレー」を美味しく頂戴しました<(_ _)>
全国で5万人超、東京都で1万人を超す感染者が出ても高齢者のワタシがさほどの心配をしていないのは、オミクロン株感染者が若年層に偏る傾向を海外のニュースはハッキリ指摘していて、ひょっとしたら新たな変異種は感染ターゲットをシフトチェンジしたのかも(?_?)という気がするせいだった。結果として重症化が避けやすいのは可としても、蔓延化は避けられないため世界中が対処に苦慮していて、英仏両国のようにいっそ開き直って規制全面解除に乗りだした国もある中で、日本政府は相変わらずどっちつかずの曖昧な方針をとり続けているのが鮮明になった今週といえそうである。それにしても感染が若年層にシフトして児童や幼児の感染が増えているのは大きな懸念材料であり、昨日も打ち合わせの最中に文春の川田さんのケータイにやたら着信音が入った理由は、取材カメラマンのお子さんを預かっている保育園で感染者が出て園内のほとんどが濃厚接触者となったため、明日の取材に出向いていいものやらどうやら?という問い合わせだったと後で判明し、いやはや昨今はその手の問題がそこら中で起きまくってるんだろうな〜と思った次第(-。-;)労働力に影響を与える点ではデルタ株より深刻かもしれず、中国のようなロックダウンの徹底でゼロコロナを目指すのでもない限り、日本もブースター接種が行き渡った時点で全面規制解除のつもりなんだろうけど、ワタシ的にはそれよりも感染のピークアウトが早いことを望まずにはいられません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年01月21日

ブリの照り焼き、粕汁

ブリ照りのレシピは不要かと。粕汁はこないだ作ったシチューで使い残した酒粕を使用。具は大根とニンジンと油揚げのみ。
今日は午後から文春の川田さんと柘植氏がお越しになって新作の打ち合わせを。「オール読物」誌編集長の川田さんは一昨日開催された一大イベント直木賞選考会の仕切りを終えられたばかりなので、「どう、今回はすんなり決まった?」と訊いたら非常に順当な選考で珍しく芥川賞が決まるより早かったくらいなのだとか。「両作品とも、きっと松井さんもお好きだと思いますよ」と言われて拝読しなくてはいけない気持ちになりました。
小説はもう読んでるだけにしたいくらい、書くのは疲労困憊はなはだしいばかりで全然ペイしない感じがするのだけれど、川田さんには『江戸の夢びらき』を上梓した時点で次回作をオファーされ、その後すぐに編集長になられて「わたしがオールにいる間に是非」と言われつつコロナ禍に突入し、今日久々にお会いして蒸し返しになった次第。で、『江戸の夢びらき』は初代市川團十郎の生涯だったから「次回作は初代坂田藤十郎で行きませんか?」と以前にオファーされた際に「藤十郎よりは近松門左衛門じゃないの」とウッカリ返したものの、近松は作品量だけでも厖大で近世芸能の一大分岐点に立つ怪物だし、既に杉本苑子著『埋み火』という作品があるからどうなんだろう(?_?)と怯みながら少し調べ直してみたら2024年が近松のちょうど300年忌に当たるのにお互い気づいてしまい今日は「できれば2024年に出版ができるよう年内か来年早々には連載を」というオファーになってウーン(-。-;)と唸ってしまいました。というわけでその昔、故四世坂田藤十郎(当時中村扇雀)が主宰した「近松座」で近松原作の脚本を手がけていたワタシに近松とのご縁が果たして復活するのかどうか、なまじ少しは知ってるだけに書くのはホント大変なだけじゃん!という気がするばかりで、まだハッキリした答えは出しておりません(-.-;)y-゜゜ところで下は京都の妹がけさ金閣寺を観に行って撮った写メの転送です(*^^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2022年01月20日

ラムとブロッコリーのクミン炒め

昨日のQP料理。ブロッコリーは少量の水と塩を入れたフライパンで蒸し茹でにしておく。生姜とニンニクの千切りを炒めた胡麻油でラム肉を焼き、ブロッコリーを戻して塩とクミンパウダーで調味。QPは厚めのラム肉に塩で下味してカタクリ粉をまぶしたが、ワタシは薄切り肉に塩だけしてそのまま炒め、QPのクミンシードの代わりに家にあったクミンパウダーを使用。超シンプルな味つけでも意外と美味しく食べられて∈^0^∋一体どこの国の料理なんだろう(?_?)と思いつつ、クミンで中近東っぽい香りと味わいに感じられました(^^ゞ
食後に旧友のモリから電話があって感染急拡大が止まらないオミクロン株の話に。飲食店も大変だけど、感染力の強さと検査の徹底で興行界も大打撃をこうむっているんじゃないかという話になった。歌舞伎座では驚くような代役の続出だし、新橋演舞場が休演では古巣の松竹も大変なんじゃなかろうかと心配される(-。-;)一方モリの知ってる範囲だけでも30以上の保育園が休園になっているそうで、ということは仕事をしているお母さんたちも大変なわけだし、この勢いで広まると医療以外のエッセンシャルワーカーにも響いて欧米並みに交通や物流の滞りが出るやもしれず、軽症だからといって、いや軽症だからこそ油断は禁物なのかもしれないと言い合ったものである。ところでモリが近ごろえらく気にしているのはメタバースの件で「ねえ、知ってる?グリーが乗りだしたんだよ」「グリー?ああ、あのゲームの会社ね」てなやりとりから始まって、今後10年ほどで私たちの想像が全く及ばない大変貌を遂げるであろう人類の社会の行く末について色々と話したのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年01月19日

天ぷらと鮪丼とうどんのセット

近所の馬トモで医療従事者のOさんと大宮そごう内の「歌行燈」で食事。Oさんの病院には「もうオミクロン株の人来てる?」と訊いたら「いっぱい来てるよ〜でも20代と30代ばっかり」とのことで、第5波の時のような緊迫感がまるでないのは表情からも窺えて、医療従事者がこんな調子ならまだそう警戒するには及ばないにかもね〜と思った次第(^^ゞけさワタシがド緊迫したのはTVを点けた瞬間に香港TVBのニュースで「ハムスターから初めて人が感染した」と聞いたため、ええっ!また新たな感染症なの(@_@;)と一瞬恐怖したもののの、どうやらペットショップの店員さんが輸入されたハムスターからオミクロン株に感染したらしいので、2000匹が殺処分になったというハムスターにはとても気の毒な報道でした(-。-;) 先日は北京市の男性が海外からの郵便物に付着したウイルスで感染したと報じられただけに、ゼロコロナをキープできない理由探しになっちゃってる感じがしないでもないのだけれど、とにかくオミクロン株がうつりやすいのは事実だからお互い気をつけるに越したことはなさそうだという話になり、Oさんからは医療用のN95のようなマスクでも、半年経てば静電気フィルターが無効になるからダメなのよ〜という話を聞かされました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする