2019年11月15日

茸とベーコンのスパゲティ焼きトマト載せ

オーソドックスな茸パスタにオリーブ油で両面じっくり焼いたトマトをトッピングするのはQPの提案だが、このトマトがおいしい∈^0^∋栄養価を考えてワタシはさらに蒸しブロッコリーを添えました(^^ゞニンニクと鷹の爪を入れたオリーブ油で先に茸をしっかり炒めてからベーコンをさっと色が変わるまで炒め合わせるのがQPの作り方です!
けさのワールドニュースで注目されたのはやはりデモ激化による香港の不安定化。BRICS出席中の習近平主席は香港政府に断固たる鎮圧を促しているが、今や世界中で国内の分断が問題となる中で、もともと分断されていた地域を統合する試みがいかに難しいかは容易に想像されて、双方共に容易ならざる結果がもたらされるような事態だけは決して招いてほしくないものである。分断といえばいまだに分断されている朝鮮半島情勢も目が離せない感じだが、KBSが伝えるところによれば国連における北朝鮮人権決議案の共同提出国から今年は韓国が抜けたようで、それも南北融和策を採択する文政権の北朝鮮に対する配慮の現れと見るべきだろうか。片や日本はこの間に国内でも進行しつつある経済的分断を意識的に糊塗するかのようなイベントが相次いで、分断よりもむしろ同調圧力のほうが懸念される雰囲気なのは警戒しておいたほうがいいのかもしれません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年11月14日

レンコンと豚ひき肉の甘辛炒め

旅行でそれなりの疲れが出たのかちょっと風邪気味だし、留守した分バタバタする上に膝のリハビリ治療で時間を取られてしまったため、近所のマルエツでお買い得だったレンコンでレシピ不要の超カンタン適当な炒め物にしました(^^ゞ
というわけで今日は仕事にも集中力を欠いて余り捗らなかったのだけれど、先月末に入稿した初校ゲラがロック付きFILEで送付されて来たため、これって手書きで朱入れしてFAXで戻していいのかしら(?_?) などと思い煩ったりもしたあたりが捗らなかったいい証拠かもしれません(^_^;)ともあれロック付きFILEはときどき来るけどゲラは初めてかもで、おまけに伝統芸能の京舞について書いた原稿だったため、パスワードで解凍しないといけないFILEとのギャップが非常におかしくて、双方に通じてるのってワタシ世代がギリギリなんじゃなかろうか?と思ったものである。一昨日京都で会った河合さんと話していたら、彼女もデジタル関連で周りの高齢女性を何かとフォローしなくてはならない立場であるらしく「そのデータを入れたらスマホが重うなりますねんて話したら、へええ、重なるんですかて言うてスマホを持ちあげはる人があるんですわ」というまるでネタみたいな実話を聞かされて大笑いしたが、いやはや私たち世代だって一体いつまでテクノロジーの進化にお付き合いする一方で伝統文化を愛好したり担い手をフォローしたりできるかわかったものではないよな〜という気が最近とみにしております(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年11月13日

京都行2019秋

11/10は朝7時半に家を出て新幹線車中で集英社の伊藤さん伊礼さんと落ち合い11時に京都着。投宿のホテルに荷物を置いてから神宮丸太町の「マダム紅蘭」でランチ。あっさりした八宝菜等やさしいお味の中華をおいしく頂戴し、イノダコーヒー本店でお茶してから四条烏丸の NHK 文化センター京都教室で歌舞伎講座を。この日は何しろ天皇即位パレードの当日でしかも当該時間帯だったから果たして人が集まるんだろうか(^_^;)と心配されるも思いの外の盛況で、しかも非常に熱心な聴講者に恵まれて大変お話しやすかったのは何よりだったし、中高時代にお世話になった生物の石田先生を始め旧知の方々がチラシを見てお越し下さったのも有り難かったし、拙著をご購読されてサイン会にお集まり戴いた方々にも大感謝でありました<(_ _)>
この夜は集英社のお二方に加えて現代美術家のミヤケマイさんと元ミセス副編の福光さんと祇園「川上」で会食し、水口の鯛を始め秋らしい八寸や蕪蒸しや牛肉と伊予芋の春巻き等々を美味しく戴きました∈^0^∋ミヤケマイさんは現在京都在住で、京都造形芸術大学の教授になられたことを伺っていたので久々にお目にかかりたいと思い、また福光さんはたまたまこの日に別件で京都にいらしていたために「川上」で顔を合わせることになったのだが、ミヤケさんは相変わらず意気軒昂で社会問題にまで踏み込んだラジカルな会話が弾み、伊礼さんは日帰りをなさったものの、あとの三人は食事のあとミヤケさんちに押しかけてアーチストならではの美的なお住まいとこれまた美しい愛猫ロシアンブルーを拝見しながら話がさらに弾んだ次第。
翌日は妹がホテルに迎えに来て伊藤さんともども甥っ子のマイカーでまずは南禅寺辺で紅葉狩りをしていたら、この時季らしくもない突然の雷豪雨に見舞われてビックリ(!_+)しかしすぐに空は晴れたので、
現在特別公開をしている黒谷の金戒光明寺に行き、まずは滅多に上がれない山門に昇って雨上がりの京都市中を一望したはいいけれど、非常に急な高くて長い階段を昇らねばならず、先日水を抜いたばかりの膝に相当な負担となったのは必至で、その後も運慶作といわれる文殊菩薩像等の寺宝をいろいろ拝観したり庭園巡りをして膝はどんどん痛くなる始末(+_;)拝観後は伊藤さんとお別れして妹甥っ子と共に入院中の叔母を見舞い、午後3時から四条大橋詰の「菊水」で母方の親戚一同と渡辺賞受賞祝いの会食。母方の親戚一同が集まったのはN賞受賞の時以来で、従兄弟姉妹たちがみな伯叔父伯叔母そっくりに見えたことで時の流れを痛切に感じさせられました(^_^;)
12日は早朝にホテルを発って父の見舞いに行き、そのあと大学院時代の旧友河合眞澄さんと久々にお目にかかって烏丸御池の「セイボリー」で食事。ここはビルの屋上にある農園を見ながら新鮮な野菜をふんだんに使った料理が楽しめるフレンチで、今回は「マダム紅蘭」や投宿したホテル「インターゲート京都」の朝食も含めて京野菜をメインに打ち出した料理が今やグローバルコンテンポラリーに響く時代であることを改めて実感させられたものである。ともあれ「食」に恵まれた今回の京都行でワタシの左膝は完全にパンクしてしまい(>_<)最後は河合さんの介護でようやっとタクシーに乗り込めて京都駅に辿り着いたくらいだから、今後しばらく「食」は控えめにして何とか少し体重を落とさなくてはなりません(-.-;)y-゜゜



このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2019年11月08日

白菜と鶏肉の煮浸し

一昨昨日のQPで見た簡単な煮物。削ぎ切りにした鶏胸肉に塩で下味しカタクリ粉をまぶして出汁で煮て、油揚げと白菜の葉元を入れて砂糖醤油味醂と塩少々で調味しじっくり煮込んでから葉先を加えて、仕上げにすりゴマを振る。
今日は執筆を午前中に終えて、午後からNHK文化センター京都教室における歌舞伎講座の準備をするつもりで、その前に膝の治療で整形外科に行ったら案の定2時間待ち(-。-;)さらに銀行に寄って新たになったカードの生体認証をしたが、この生体認証なるもの、今までに財布を四回落として幸いそのつど警察に引き取りに行った経験を持つワタシとしては必須のような気がしていたのだけれど、高齢者の仲間入りをした今日もし自分が倒れて銀行に行けなくなったらお金が引き出せないわけか (@_@;) と思ったら、どこかの段階で止めといたほうがいいのかも(?_?という気がしながら、つい今回も更新してしまいました(^^ゞというわけで昼間に余計な時間を取られてまだ十分な準備ができていないので、今夜のブログはここまでとさせて戴きます。なお11月10日の講座を終えた後も京都でいろいろとあって、ブログの更新は明日からしばらくお休み致しますが悪しからずご了承くださいませ<(_ _)>


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (4)を読む

コメントする


2019年11月07日

タラとジャガイモのカレースープ煮

昨日のQPで見た料理。玉ネギの薄切りをオリーブ油でじっくり炒め、薄力粉を振ってカレー粉を炒め合わせ、鶏ガラスープを加えてジャガイモと甘塩タラとレッドキドニーの水煮を入れて15分ほど煮込んで、仕上げに牛乳を注いで塩で調味。タラは皮を除いて削ぎ切りにし、熱湯をまわしかけて臭みを取っておくこと。レッドキドニーは彩りとQPが自社製のパック入りを使わせたいからだろうと思いきや、意外にいい味のアクセントになります(^^ゞ
けさのワールドニュースは選挙ネタがいくつかあって、一つは香港で選挙中の親中派が刺された事件で、これが民主化を要求する陣営に不利に働かないよう願いたいものである。もう一つはブレグジット解散ともいうべき英国選挙がいよいよ始まったというニュースで、事前調査の保守党支持率は労働党を引き離してダントツだけにジョンソン首相は勝つ気マンマンのようだが、ジョンソン氏を勝たせたら速やかに離脱しちゃうわけなので、国民の半数を占めるらしいEU残留派はどう判断するのだろうか(?_?果たして極左寄りといわれるコービン党首率いる労働党にはさすがに投票できないとする人が多いのだろうか(?_?)あるいは労働党自体がこの問題に関しての意見統一は難しいと想像されるだけに、結局のところ3、4割の離脱派岩盤支持層票がまとまって保守党を勝利に導くことになるのかどうか(?_?)キャメロン元首相の自信満々が国民投票で完全に裏目に出たコワイ過去もあるだけに、英国選挙の行方はまだまだ不透明なようである。
一方ウクライナ疑惑でお尻に火が付いちゃったトランプ君の米国では保守地盤であるはずのケンタッキー州知事戦で民主党候補が競り勝ち、ヴァージニア州議員選挙では民主党が上下両院共に過半数を奪還するなど、来年の大統領選挙に早くも影を落としていそうなことをABCが報じたが、こちらもあくまで岩盤支持層が結局トランプ君を守り切るのか、それとも世界の多数派が望むようにアタマのおかしなトップの交代が実現するのかどうかはまだ全く不透明な感じでしょうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする