2022年08月19日

Qを始め芝居話もろもろ

今日の夕方は演劇ライターの市川安紀さんがお越しになって、9月にさい芸で上演される「ヘンリー八世」のプログラム用インタビュー取材をお受けした。安紀さんは現場取材のためにご自身もPCRや抗原検査をしょっちゅうなさっていると伺って、新型コロナが演劇界に及ぼした迷惑は大変なもんだ(!_+)と改めて感じざるを得ず、むろん観客動員にも相当に影響していそうだが、昨夜観た「Q」は幸い満席だったし、カーテンコールのスタンディングオベーションもハンパない盛り上がりを見せて、ああ、こんなにも芝居を愛しているファンがいまだに大勢いるんだ〜と安心したものの、安紀さんにいわせるとコロナ禍で客入りの良し悪しが極端になっているらしく、残念ながら「Q」のようなケースばかりではないそうである。ともあれワタシは2019年の「Q」初演をなぜか見逃しており、今回の再演にやっとチャレンジしたばかりだから、既にご覧になっている方も多いと思うので詳述は避けるとして、クイーンの名盤を全面的に使えた点や、松たか子、広瀬すず、上川隆也、志尊淳、竹中直人といった豪華配役や、「ロミオとジュリエット」という誰でも知っている有名戯曲の禁断の愛をモチーフにしたことだけでも観劇の満足度は十分高いはずだった。おまけに今回の上演では、この芝居のもう一つのモチーフ源平の報復合戦に象徴された止どまるところを知らぬ戦争というものが、今日の世界情勢に鑑みて非常にリアルに身近に感じられた点も観客の心を初演よりも揺さぶりやすかったかと思われる。ロミオが戦後のシベリア抑留を彷彿とさせた過酷な運命を辿るシーンも、今やウクライナ戦争を彷彿とさせそうな時代になっていることに暗澹とせざるを得ない。今年の6月に観た「パンドラの鐘」も初演より胸に響くところがあったのは時代環境の変化によるものだったように思うし、つまりは戦争が身近な時代になったことの恐ろしさを、今や芝居好きは芝居を通して実感させられているのかもしれない、というような話も安紀さんには「ヘンリー八世」の話とは別に聞いて戴いたのでした(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2022年08月18日

前菜5種、ピッツァマルゲリータ、茄子とベーコンのトマトパスタ

池袋の東京芸術劇場で野田マップの「Q」を観る前に旧クラブの馬トモ人事部のSさんと劇場内のイタメシで食事して、帰りにお茶して遅くなったので芝居の話は明日にします(^^ゞ


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年08月17日

サムギョプサル風

今日のQPを参考にした料理。コチュジャン、醤油、酢、砂糖、おろしニンニク、ゴマ油を混ぜたタレはQPレシピ。ただし肩ロースのブロック肉を使わずに、近所のマルエツで最初から厚めにスライスした肉とエゴマの葉をゲットして調理を簡単にした次第(^^ゞ
けさのワールドニュースで目を惹かれたのはフランス2が流した映像で、先日クリミア半島の弾薬庫が爆破されて大きな黒煙が上がる一方、近くの海岸にバカンスに来ていたロシア人がその黒煙を見て逃げ惑う姿にビックリ(@_@;) 戦時中でもバカンスするんだ〜それも戦場の近くで‼その 昔「戦場のピクニック」というアラバールの不条理劇があったけど「戦場の海水浴」のほうがもっと怖そうだよね〜ひょっとしてロシア人の多くはこの戦争についてあんまり知らなかったりするんだろうか (?_?) とか思いながら、それにしてもウクライナ側が本気でクリミア半島奪還を目指しての攻撃を始めたのだとすれば、この戦争の終わりはますます見えなくなるし、爆撃と石炭エネルギー消費による温室効果ガスの増大で地球滅亡のシナリオがますますスピードUPするよね〜と早朝から暗澹たる気持ちになりました(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年08月16日

スパゲティ ブッタネスカ

今日のQPで見たのは鶏バージョン。オリーブ油でサイコロ状に切った皮なし鶏胸肉を炒め、色が変わったらニンニクのみじん切り、鷹の爪の輪切り、アンチョビを炒め合わせ、トマトの水煮缶を加えてケッパーと黒オリーブの粗みじんを入れて10分以上煮込んでからパスタに混ぜてからめる。鶏肉は塩胡椒で下味を。今日みたいな暑い日に美味しく食べられる料理だけど、火をけっこう長く使うので調理は大変(^_^;
けさのワールドニュースでは欧州各局が、タリバン政権1周年を迎えたアフガニスタンの元の木阿弥的な惨状を報じており、フランス2の国内ニュースは相変わらず史上稀な旱魃と山火事の頻発を取りあげ、ドイツZDFも相変わらずガス不足問題をどう乗り切るかについて細かく報じていたが、いささか新味があったのは英国 BBC のトップニュースで、英国は早々と世界に先駈けてオミクロン株対応型ワクチンを承認し、今秋にもブースター接種が始められそうな勢いらしい。モデルナ社製のワクチンで、今のところ治験者に副反応が強く出た例はないらしいのが幸いとはいえ、何せモデルナ製だからな〜日本に輸入されてもやっぱ様子見だよな〜なんて常に思っているワタシでしたf(^ー^;


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2022年08月15日

車麩、茄子、いんげんの煮もの

今日のQPで見た料理。砂糖、塩、醤油、味醂で調味した出汁で車麩と茄子とインゲンに、ワタシは豚ロース肉の薄切りをプラスして、10分以上じっくり煮込んだだけなのに意外とおいしく食べられました∈^0^∋車麩は水に30ほど浸けて戻ししっかり水を切って使うこと。茄子は縦二等分してから斜めに切れ目を入れておき、皮目から表面を油で焼いておくこと。フライパンを使うと食材別に分けてたっぷり煮ることができます!
終戦記念日の今日ちょうどウチに届いた「小説すばる」誌に、歴史学者の加藤陽子さんが9月新刊予定の拙著『愚者の階梯』を早くも書評して下さっているのが有り難かった。
ご存じの通り、加藤さんはスガ政権下で起きた日本学術会議任命拒否問題でパージされた6人のうちのお1人で、スガドンも唯一この方の「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」という名著だけは読んだことがあると発言。わたしはその問題をきっかけに戦前の滝川事件や美濃部達吉の天皇機関説問題が気になったのはご多分に洩れずといったところだろうが、当時の新聞記事を読んでみたら天皇機関説問題の異常さが再認識されたのと、たまたま同時期にラストエンペラー溥儀が来日して歌舞伎座で観劇していた事実を知って、この二つの出来事をモチーフに『愚者の階梯』を書き上げたわけなので、学術会議問題の当事者であられた加藤さんに書評して戴けたのは当然ながら望外のことである。実は加藤さんとは、翻訳家の松岡和子さんが去年の毎日出版文化賞を受賞された会場で初めてお目にかかった折に、先方がなんと拙著を読んで下さっていることにビックリし(!_+)集英社の編集者にその話をしたら、「小説すばる誌」担当の布施さんがさっそく『愚者の階梯』の書評をオファー(゜;)それを快諾されたと聞いてまたまたビックリしたのでした(^_^;)ともあれ近現代史の泰斗であられる加藤さんからのご好評を得て、歌舞伎界を舞台にした時代ミステリー昭和三部作がついに完結するのは我ながら嬉しい限りで、本書の紹介はまた後日お知らせ覧に掲載します<(_ _)>昭和5年に開始して10年で完結する同シリーズで、わずか5年間に時代がガラッと変わる恐ろしさ痛感したわたしとしては、いったん始まったら最後だれにも止められない「戦争」というものを起こさせない方法は、とにかく皆がそこに至る芽を見つけ次第に潰すしか手はないので、今後やたら芽が出そうな気配が漂うこの国の警戒を怠らないようにしなくてはなりません(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする