2018年08月17日

とんてき

今日のQPで作り方を見た四日市名物らしき料理。トンカツ用の豚肉を生姜焼き用くらいの薄さになるまで叩き伸ばしてから薄力粉を振って、ニンニクの薄切りと一緒にソテーし、ウスターソースとケチャップと醤油と砂糖を合わせたタレを煮からめるだけ。肉には切れ目を入れて焼き、焼き上がってから食べやすく切ること。タレを入れる前に脂をシッカリ拭き取ること。Q P の付け野菜はピーマンの細切りだけだがワタシは好みでエリンギをプラスしました。
大宮がすっかり秋めいた感じの今晩からブログを再スタート(^-^)/ブログお盆休みの間はどこへも行かず、誰とも会わず、こちらからは電話もせずに、昼間はただただ仕事の資料を読んでいて、夜は読書したり TVを見たりしていただけのワタシ(^^ゞ 小説を書くための資料読みは評論やエッセイのそれとは違って、読みながら様々な妄想を湧かせる一方で、思念の赴くままに手を伸ばすため、全く別の仕事に必要な記録が目に飛び込んでそれなりに時間を取られたりもするし、まだ定着させていない色んな妄想を抱えながら逆にそれらの妄想を事実にさせられそうな記録を探したりもするという、半分アブナイ人状態のアタマになっており、原稿を書いている時よりもはるかに脳が疲れちゃうようなので、この間ブログを休止できて幸いでした。この歳になるとやはり毎晩ブログを更新するのがいささか負担になってきていることもこの間に自覚させられた次第で、今後どうするかはまた考えまーす(^o^)/~~~


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年08月11日

お盆休み

今夏は余りの猛暑続きでグッタリ(-。-;)というわけでもありませんが、世間に倣って当ブログも今晩からお盆休みに突入させて戴きます<(_ _)>更新再開は15日以降と相成ります(^_^)v


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2018年08月10日

蒸しナスと豚しゃぶのサラダ

7/24のブログに載せたQPレシピのアンコールだが、今回は練りごま豆板醤おろしニンニク砂糖醤油を合わせたオリジナル胡麻ドレッシングに替えて、こちらも美味しく食べられました(*^^)v
今日は朝から資料整理に没頭。何しろ今夏は色んな仕事の資料読みが集中し、気がつけば神話時代から江戸時代、明治、戦前、戦後に至るまで時代まちまちな資料がわが家に散乱して獺祭状態になってしまったのである(◎-◎;)単行本の刊行を控えた時期は新作の執筆を控えた時期と重なるため、いつもこうした状態になりやすいのだが、単行本の脱稿はしても著者校正を済ませるまではむろん資料も記憶も捨て去るわけにはいかないし、一方で新作のアイデアを閃かせたり妄想を膨らませるための資料もアタマに叩き込んでおかないといけない時期とあって、この年になるとこれが結構キツイのだった(-。-;)昔に比べてあきらかに思考のキープ力が衰えた現在、色んな仕事で何かちょっとでも心に浮かんだり閃いたらすぐさまその資料に当たって確認したくなる結果の獺祭状態なのでしたf(^ー^;


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年08月09日

豚肉の冷やし中華

QPで見た料理。豚肉をしっかり炒めてから甜麺醤豆板醤酒砂糖の合わせ調味料で煮詰めて、塩もみしたキュウリとメカブを合わせて冷やし中華にトッピング。なぜメカブを(?_?)だが、汁がよくからんでGOO!かも。冷やし中華の汁は酢と醤油と砂糖と胡麻油に水を少し足し混ぜて意外とカンタンにできます(*^^)v
関東直撃の台風と聞いていたわりに、大宮のあたりはいつものことながら風雨がちっとも激しくならずに済んで、震災にしろ、洪水にしろ、こと天災に関しては被災地の大変さがそうでない地域にとって対岸の火事になりがちだが、天災でなくても同様のことがいえるのは沖縄に代表される基地問題なのかもしれない、と昨夜翁長知事の訃報に接して思ったものである。げっそり窶れた顔で再選を目指すという発言をされた時点では余りにも痛々しく感じられたと同時に、すぐに後継者が見つからなかったらしいという問題や、故人の下で成り立った財界人を含めたオール沖縄の基地反対運動に亀裂が入ったらしい問題を仄聞するのみで、今や現地が一体どういうムードに包まれているのか具体的な声がほとんど伝わってこないのは何故なんだろう?企業から広告料を貰ってるマスコミはその目的でわざと伝えないようにしているのだろうか?とか色々と考えさせられてしまった。今後は前倒しの知事選に向けてもう少し活発な報道がなされるのだろうが、基地問題は日本全体に関わる問題のはずなのに、どうも対岸の火事的な認識しか抱けなくさせている報道の在り方にこそ多大な問題を感じるばかりであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2018年08月08日

鶏肉のスパイス酢醤油煮、モロヘイヤスープ

QPで見た夏向きの煮物。手間要らずだし、鶏肉を軟らかくしてさっぱりと食べられるのでオススメ。鶏もも肉をさっと湯通ししてから水、酢、酒、醤油、砂糖を合わせて八角、花椒、鷹の爪を入れた汁で2 5 分ほどじっくりと煮るだけ。ニンジン、ピーマンの千切りともやしをさっと茹でた付け野菜にトッピングし、煮汁をまわしかけて食す。風味の決め手は八角と花椒かも。写真手前に映っているスープは週末に乗馬クラブで頂戴した取れたての超新鮮なモロヘイヤをミキサーにかけ、鶏ガラスープと合わせて適当に調味したのを美味しく戴きました∈^0^∋
今日は津川雅彦さんの訃報に接して、やはり愛妻の後を追うように逝かれたことを思われた方も多かったであろう。故人とはふしぎとご縁があって、しばしば劇場のロビーでお見かけしたばかりでなく、NHKの特別番組や、とあるシンポジウムのパネラーとしてご一緒したことがあった。後年は芸界のうるさ型のようにも聞いていたが、お目にかかった限りではとても常識的で控えめなお人柄のようにお見受けしたものだ。とあるシンポジウムでは政治記者あがりのTVコメンテーターが冒頭から憲法改正を始め安倍政権の政策を後押しする主張を強くされて、これをまた一部の右派系聴衆が大いに歓迎する雰囲気だったので、ワタシはとんでもない場に居合わせた気がして、自分がその場の雰囲気を変えられるだけの発言ができるかどうか非常に悩んでいたのだけれど、直後に発言された津川さんが、日本人のDNAには世界一色んな要素が混じっているらしいから、要するに単一民族なんてのは幻想で、雑種なんですよね〜と鮮やかに切り返されたことが今も頗る印象に残っている。北朝鮮拉致問題の広報役もなさっていたので、その手の聴衆の対処法も心得てらっしゃったのかもしれないが、非常にアタマのいい方躱し方をされて正直ワタシはこれで助かった〜!という気がしたのである。その時の感謝と共に心より御冥福をお祈り申し上げます。


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする