2020年06月03日

豚肉、豆腐、トマトのナンプラー炒め

今日のQPで見た蒸し暑い夏向きの炒めもの。まずしっかり水切りした木綿豆腐をフライパンで色づくまで焼いて取りだしておく。豚肉を炒め、生姜とニンニクのみじん切りを炒め合わせ、砂糖ナンプラー胡椒で調味して豆腐を戻し、ザク切りしたトマトを加えて炒め合わせた。Q Pは仕上げに小口切りした万能ネギをトッピングしたが、ワタシはカットしました(^^ゞ
別に待ちかねてもいなかったアベノマスクが今日やっと届いたが^_^;サイズがそんなに小さいわけでもないからアベボンはよほどの顔デカ男なんだろうか(?_?) それとも配布されるマスクのサイズはバラバラなんだろうか(?_?)とか超どうでもいいことが気になってしまったワタシ(^0^;)で、差出人は厚生労働省医政局経済課とあるものの、宛先がどこにも書いてないのでどうやって届けたんだろう (?_?) と、また超どうでもいいようなことが気になって、日本郵便のタウンプラスというシステムを知ったのだけれど、それまでに「よくある質問と回答はこちら」と指示されたQRコードを読み込んだら厚労省のサイトに辿り着いたものの、そこに出てくる質問は、スマホでQRコードを読み込むくらいの人なら絶対しないような愚問の羅列で、この手のコピーも電通に発注したりしてるんだろうか?と思いつつ、いやはや、役所にありがちな恐ろしくムダな手間ヒマをかけて260億円もの費用を計上したプロジェクトであることを再認識してすっかり呆れた次第であります(-_-;)われわれの税金が各省庁で具体的に一体どういう使い方をされているのか、これを機に皆さんもっと気にしたほうがいいと思われます(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年06月02日

プルコギ

近所のマルエツで全品4割引きだった牛肉をゲットして、前にQPで見た簡単なレシピ通りに作ってみた。すり下ろしたキュウイの下ろしニンニク酒醤油砂糖ゴマ油胡椒を混ぜ込んだタレを牛肉に揉み込んで、千切りしたニンジン、薄切りした椎茸、細切りした長ネギ(QPは玉ネギ)、ニラを加えて強火で煮込んだだけ。酸味の強いキュウイを使ったせいか、いささかビミョーな味わいでした(^_^;)
食事しながら見たBS−TBS報道1930でも、けさ見たBBCニュースでも、全米に沸き起こる抗議デモを取りあげたが、「ええ歳のくせにホンマやること子供やで〜」と我が妹にまで言われちゃってるトランプ君が選挙を意識してか強気のSNS発進をし続けるために、事態はますます収拾がつかない感じになってるのも困ったもんである(-。-;)ともすれば噴きだす根深い人種サベツ問題とコロナ禍のストレスが相俟った現象ともいえるのだろうが、やはりトランプ君の存在そのものがストレスになってそうなこの間の米社会を考えないわけにはいかないし、にもかかわらずトランプ君を国のトップに選出した根強い支持者も一方にあるわけで、その原因は白人社会の退潮に根ざしてもいるのだろう。そもそも自信に満ちて正当に評価されていると自認できる人にそう強いサベツ感情が生じにくいのは男女間でも同様だけに、現代のアメリカ社会で自信を喪い以前よりも報われないと感じている白人層が、露骨にサベツ容認的なトランプ君を支持しやすいのだろうし、結局それはオバマ前大統領に対する反動現象といった側面も大いにありそうだ。最近たまたま「子供の時間」(「噂の二人」の原作)で知られた劇作家リリアン・ヘルマンがマッカシーの赤狩り旋風に見舞われた時の心境を綴った「眠れない時代」を読み直していたところ、全米に吹き荒れたその反社会主義運動の起きた原因は社会主義への恐怖だけではなく、「主因はルーズベルト(前大統領)であり、時代に先がけることの多かった彼の仕事の跡を消すためであった」と看破しているのを発見し、やっぱり人間社会にはどんな国でも揺り戻しがあるんだよな〜と改めて思われたものである。日本では「悪夢のような民主党の時代」の反動で出現したらしい、またしても「悪夢のような」アベボン長期政権の後は果たしてどんな世の中になるのでしょうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年06月01日

塩鶏の汁ビーフン

QPで見た料理。鶏胸肉に塩を揉み込んで1時間以上置いて塩鶏にしておく。水に酒と生姜の薄切りを入れて煮立て、塩鶏と干しエビを加えて20分ほど煮込み、鶏肉は取りだして身をほぐし、汁にはニラともやしをを入れて塩ナンプラー胡椒で調味。茹でたビーフンに鶏肉を載せて汁をかけ、仕上げにトッピングする香菜は買い忘れてしまいましたf(^ー^;
けさのワールドニュースでは世界各局が日本と同様に、警官が黒人を死亡させた事件に対して全米で沸き起こった抗議デモを報道したが、いささか特異な報じ方をしたのはシンガポールCNAだ。国家安全法をめぐる香港のデモを非難されていた中国が今度は米国に対して「人の蠅を追うより自分の頭の蠅を追え!」的な発信を新聞やSNS等でしているという何とも皮肉な成りゆきで、世界の2大超大国間の険悪ムードは高まる一方のようである(-。-;)今日のCNA報道でこれよりもっと興味深く聞いたのは政府のデジタル化戦略である。シンガポール政府はコロナ後の世界はもはやデジタル化オンライン化が必須として、未だそれに対応しきれていない人びとをターゲットにその後押しをすべく、まずは来年までに10万人の高齢者にスマホでのオンラインショッピングやアプリのスキル等を徹底して指導する一方で、露天商1万8千人にもデジタル決済の導入を求めるためにそれを教えるデジタル大使千人を雇い、それに取り組む露天商にも5ヶ月間に渡って300ドルを支給するのだとか(!_+)ここまで元手をかけてもデジタル化が全国民に行き渡った結果の収穫は大きいはずだとしており、行政機関でさえ習熟できていないことをコロナ禍で顕在化させた日本政府との懸隔は甚だしいものがありそうだ。中国の5Gを恐れるせいかガラケーに未だこだわる政治家が多い日本は今後の世界で果たしてどのような立場を占めるつもりなのだろうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2020年05月31日

昨日の残り、焼売

焼売は乗馬クラブの帰りメチャ久しぶりに大宮エキュートでゲット(*^^)v
緊急事態解除と同時にわが乗馬クラブも通常営業再開\(^O^)/もっとも小さなクラブで人手が足りないため、この間に愛馬クリトンの世話を全面的にお任せしておくわけにもいかず、ワタシはちょくちょく様子見がてら騎乗しておりました(^^ゞ まずは1車両に四、五人しかいない単線の電車に乗って最寄り駅まで行き、あぜ道を延々と歩いて辿り着いたクラブの敷地はまさしく別天地というか桃源郷。今はちょうどウグイスがBGM代わりにホーホケキョを繰り返す一方で、キジがケンケンとけたたましく鳴いて白いポニーの前を横切るし(写真上段)、その傍を流れる水路では鴨の夫婦が睦み合い(写真中段)常に人数よりも馬の頭数のほうが多い状態のクラブでは営業再開した今週末の部班レッスンさえ下段の写真のようなソーシャルディスタンスを遙かに超えた馬間隔がしっかり取れるとあって、結果3密にはゼッタイになりようがありません(^0^;)というわけでお天気がいいとクリトンも馬場にのんびりと寝っ転がって高いびき。あげく砂ぼこりにまみれた馬体を人様に洗わせて陶然とする図々しい騸馬クンであります(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)を読む

コメントする


2020年05月30日

春野菜とベーコンの蒸し煮

一昨日のQPで見た料理。棒状に切ったブロックベーコンと潰したニンニクをオリーブ油で炒めてまずニンジンとグリーンピースを炒め合わせて蒸し煮し、次いで新じゃが、カブとアスパラガスを順々に加えて塩胡椒で調味してしっかりと蒸しあげ、仕上げにレモン汁を垂らす。シンプルな調理だが結構おいしく食べられるしヘルシーなのでオススメ!
昨日電話をくれた旧友のモリは開口一番に「ねえ、ねえ、感染の第2波って言ってるの、あれ、おかしくない?第1波が終息したわけでもゼンゼンないのに、勝手に第2波にしちゃってるみたいじゃない。あれを聞くと何だかもやもやするのよね」と言われてみれば確かにそうで、緊急事態を解除したいがために無理やり第1波を終わらせたものの、東京都の感染者数が再び二ケタ台になってる現在、解除直前の検査数をまたまた絞ってたんじゃないの?的な不審も生じ、要は首尾一貫して日本政府と一部の地方自治体の辻褄合わせと真実隠蔽疑惑を払拭しきれないことこそが、皮肉にも日本の新型コロナ感染を抑制している最大の要因ではなかろうかと思わざるを得ないのだった。ともあれ今週のワールドニュースを見ても世界各国の医療専門家がいまだに新型コロナの症状に関する解明にすら至っていないようだから、一般人のわれわれに「正しく恐れよ!」なんていっても土台ムリなんじゃね?てな感じで(-。-;)結局のところ誰しも食べ物等に気をつけ睡眠を十分にとって心身を健康に保ちながら自己免疫力を高め、なるべく人混みを避けてマスクをつけてることしかできないというのは、インフルエンザ流行期と全く同じなんじゃないでしょうか(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする