2016年09月29日

七年ぶりの快挙\(^O^)/

昨日は誕生日ですみだ水族館にウミガメの子を見に行った私だが、なんとその間にわが家でも子ガメの誕生があったのを今日知ってビックリ\(◎o◎)/というわけで亀ネタの連投と相成りました(^^ゞ
俊寬♂と千鳥♀の間に子ガメ有王が誕生したのは2009年夏だから、夫妻にとってはなんと七年ぶり、私が大宮に引っ越してからは初めての快挙となる。この間ゼンゼン誕生を見なかったのは、前の家よりベランダが広いので♀が逃げまわって♂がしっかりインサートできにくいせいか、あるいはベランダが東向きで午後には表面温度が下がるため、人間にとっては夏が涼しくていいけれど、カメの孵化には低温過ぎる環境なのかもしれないと思い、近ごろは産卵があっても、全く期待せずにプランターで放置しっぱなしだったのだ。今日もプランターで割れた殻を見つけても、カラスのしわざか何かと思い込んでいたところ、隅でガサガサする子を発見(*^^)vもっとも有王の時と同様に今回も留守して誕生の瞬間を見そびれたのは残念で、俊寬をゲットしたペットショップのご主人に「殻を割って出て来た時のキョトンとした表情は堪りませんよ」と言われたのがいまだに心残りなのであった(__;)ともあれ千鳥は有精卵をずっと産み続けてはいて、孵化器にでも入れておいたらこの間にもどんどん誕生していたのだろうが、こと生命に関しては、それが人間であれカメであれ、生まれるのも死ぬのも、自然なのが一番だと私はつねづね考えていて、この世は生まれるべくして生まれてくるのだけでも十分なのだから、今の家がカメの孵化によくない環境なら別に生まれてこなくてもいいと思っていたのである。とはいえ生まれたら生まれたで死んじゃったら嫌な気持ちになるだろうし、そもそもカメは子育てをしないどころか、有王みたいにお母さんの下敷きになって半死半生になるケースもあるので一緒にもしておかれず、結局はしばらく親たちとは別に別に世話するはめになり私が大変なだけなのである。今はまだお腹に黄身をつけた状態でそこから栄養を補給しているから大丈夫だが、そのうち食べやすいものから食べさせて親と一緒にしても大丈夫な大きさまで手元に置いて育てるのには半年くらいかかりそうで、結構そのことに気を取られそうなのがマズイ(-。-;)写真でも(手前の500円硬貨で大きさの見当を)おわかりになる通り、何しろこの可愛らしさですからね(^0^;)
名前は「俊寬」に由来するなら、妹尾も丹も既に恐竜ロボットに名づけちゃったので、残るのは教経クン、あるいは能登クンにしようかなあ。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2016年09月28日

カメとアニメの誕生日

今日は私の誕生日\(^O^)/だけど、なのか、だから、なのか、いっそ年齢を顧みずに好きなことしましょう!というお誘いをPメディア三村さんから戴いたので、ジブリの最新作「レッドタートル」を見てそのあと水族館で本物のウミガメを見ようと思い立ち、ついでに話題の「君の名は。」も見て、晩ご飯はガッツリ鉄板焼きを食べて丸一日堪能いたしました(*^^)v
「レッドタートル」も「君の名は。」もアニメでなければ描けない世界であるのは当然ながら、アニメが今や実写を凌ぐ映像表現となり得ていることを誰にも納得させ得る作品というべきか。描かれる風景もまたリアルでありながら現実を凌ぐ美しさを湛えている。「レッドタートル」は抒情的なBGMは用いながらも一切のコトバを使わず生命の神秘に思いを馳せさせるフシギな魅力を備えた映像で、男のロマンがストレートに伝わってくる。「君の名は。」はこれからご覧になる方もきっとあるだろうし、既にさんざん語られているようだからここで多くは述べないが、日本では3.11以降とみに誰もが肌にひしひしと感じざるを得ない人間の生死にまつわる不条理さを表現するにはアニメが最適のメディアなのかもしれないと思ったくらい、非常によくできた作品だ。男女の入れ替わりや時間のねじれなど、これまでの青春物でさんざん使い古されてきたモチーフを軸にしながらも、光を効果的に使った映像の美しさと、セリフや主題歌歌詞を含めた上質の腐らないコトバによってほろりとさせられた。年齢を問わずオススメの映画だし、今これが大ヒットするのは日本のエンタメ好きがまだまだ捨てたもんじゃないことの証明と思えた。写真は上段からアニメを二本見たあとに訪れたすみだ水族館近くのスカイツリー、館内にいたウミガメの赤ちゃん、館内のカフェで食べた海亀パフェです∈^0^∋


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (4)を読む

コメントする


2016年09月27日

茄子と鶏と車麩の甘煮

砂糖醤油味醂塩少々で調味した出汁で茄子と鶏胸肉と車麩をただ煮ただけ。近所のマルエツで車麩の安売りをしてたのと埼玉産の茄子が美味しそうだったのでコレにした。
食事しながら見たのは、やっぱり!というべきか(^^ゞ録画しておいた米大統領選候補の初テレビ討論会。正直これでもしトランプ氏が勝利したらアメリカの民度を疑わざるを得ないと思えるほど、まともな討論になかなかならないやりとりにはうんざりさせられた。もっともトランプ氏は意外なほど自己抑制のきいた話しぶりだったし、むしろヒラリーさんのほうがアグレッシブに個人攻撃をしかけた面もあったようだが、話しぶりはコントロールできていても肝腎の言ってる内容の乱暴さというか、それって飲み屋でクダ巻いてるオッサンにしか通用しません!的な粗雑極まりない論法には驚くしかなかった。国内に雇用がないのはすべて海外の労働者のせいであり、金持ちのサウジアラビアやアメリカにクルマ売ってる日本なんかをどうして自分たちが防衛してやんなきゃいけないんだ!といった徹底的な排外主義を案外とごまかさずに主張したのは、その手の意見に賛同する人びとが支持者の中核をなすからなのだろう。
片やヒラリーさんは、トランプ氏の所得申告が公開されない点や過去の過激な発言に鋭い突っ込みをかける一方で、自らのメール問題は拍子抜けするほどさらりとかわすなどして終始余裕綽々で受け流していた。ヒラリーさんが女のくせそうした余裕綽々の態度で討論に臨むこと自体が小面憎いと感じる男性も中にはあるのだろうし、たぶんそうした男性がまたトランプ支持者の中核であるのかもしれなかった。でもって現代社会において、その手の男性は誰が大統領になろうと自らが経済的に浮上するチャンスを掴みにくタイプなのだろうし、別に米国に限ることなく恐らくは世界中で今その手の人たちの問題をしっかり話し合わなくてはならない時代になっているともいえそうだ。


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする


2016年09月26日

キノコのスパゲティ、サラダクレソンと豆のじゃこサラダ

京都産の大きなシメジが安かったのでこのメニューにした。ふつうのクレソンでもサラダになるのに、サラダクレソンなる新野菜を見つけたので試してみたが、味がマイルド過ぎて物足りません(-_^:)
横浜の高齢者向き病院における点滴異物混入による死亡はどうやら連続殺人事件と見られるようで、内部の確信犯が想像されるのもやっぱりというべきか、以前から懸念していた起きるべくして起きた事件のようにも思うが、ひとたび現実にこうした事件が起きてしまうとまずは一通りの解明を待つしかなく、今は気持ちの悪い事件としかいいようがない。
気持ちが悪いといえば、今日はいよいよ衆議院本会議が始まって、首相の所信表明演説中に自民党議員が全員起立して拍手をした映像が流れた際は気持ち悪いことこの上なく、これはひょっとしたら米大統領の一般教書演説の顰みに倣ったつもりなのかもしれないが、アベボンが一緒になって手を叩いている映像はまるで北朝鮮モドキに見えてしまって恥ずかしく、わが日本国が気の毒になったし、批判のための批判ばかりしていてはダメだというような内容を話している最中にも滑舌が悪くてやっぱり噛んでしまうから、また批判せずにはいられなくなるのが我ながら悲しかった(+_;)ところでこの方は相変わらず現政権の支持率が高いふうに報道されるので当人スッカリ人気があるように思い込んでらっしゃるようだけれど、一体どういう人たちが積極的な支持層なのかをハッキリと知りたくなったのは、今ちょうど米大統領候補の支持層がかなり具体的に報道されているからである。やはり今回ほど支持率の男女差が極端なケースはこれまでの大統領選になかったことらしく、また大卒資格のない白人男性のほとんどがトランプ支持に回っているとのこと。明日はいよいよ両候補の激突で、今後の世界の様相を一変させる恐れもあるから自国のみならず世界の注目の的でありましょう(-.-;)y-゜゜


このエントリーのトラックバックURL:

コメントする


2016年09月25日

揚げ茄子の甘酢和え、揚げだし豆腐キノコあんかけ、塩豚ローストの残り

乗馬の帰りに大宮ルミネの総菜売り場でゲット。
久々に晴れた今週末、午前中は元気を取り戻したカメらと戯れ、午後は例によって乗馬クラブへ。やはりこの長雨でMY鞍がカビカビになっていたのにショックを受けるも、馬場コンディションは別に悪くなかったのが何より。お相手は変わらず超お馴染みのデカ鹿毛オー君で、一度の落馬後すぐ入院して以来ちょっと私の腰が引け気味になっていたのだけれど、今週は気持ちの上でわりあい積極的に乗れて輪乗りで速歩と駈歩のピンポイント切り換えを何度か練習したあとA1課目の径路をそこそこのスピードでクリア出来た(*^^)v。右手前の駈歩発進でポイントを外す失敗があったものの、「あれがなければ 5 6 点は取れてますよ。斜め中間速歩は今日とてもスピード感があって良かったから6点以上は取れてるかなあ」とS先生に賞められ、「例しに11月の県大会に出てみませんか。失敗してもいいから、競技会に出て自分の姿を撮して後で見るほうが上達しますよ」と言われたので、確かに馬場馬術は人に姿を見られてナンボの競技とはいえ「県大会なんて日馬連の資格がないとフツー出られないんじゃないですか」と言ったら、埼玉県大会は日馬連公認の競技会ではないのだそうで、従ってオーナーに言わせると「正直レベルはあんまり」とのことらしい。あとでネットで調べたら日馬連公認の競技会は埼玉県下になんと皆無(!_+)という事実も知れて、オリンピックの監督を務めた照井氏主宰のクラブも埼玉にはあるのに公認の競技会が全く無いなんて何だかフシギな気がしたのでした。
ともあれ競技会志向があんまりない私としては、今週それより面白かったのがこのクラブのお馬さん関係のお話で、人間と同様それこそウマが合うのと合わない子があって、放牧をする際にもその関係に要注意なのだとか。聞けば超デカ馬ウエストファーレンのハバ君と小柄なボー君が意外と仲良しだったり、写真で私といっしょに映っているS先生ご寵愛の美人系四歳サラ黒鹿毛牝馬のユキ嬢は人間にとても愛想がいいのに、他の牝馬に対しては対抗心むきだしで蹴ったり噛んだりするから放牧できないらしく特に同じ毛色のサマ嬢に対しては前を通るだけで耳を伏せて歯を剥きだしにするというから恐ろしい(@_@;)一番おかしかったのはオレ様系ドサンコのパピ君とポニー白馬ロッキー君の助け合い関係で、パピ君はロッキー君をつないでいる無口頭絡を自分の口でくわえて巧く外してやり勝手に放牧させてしまうらしく、そうするとロッキー君は御礼のつもりなのか?遠くの草をごそっと引っこ抜いてパピ君の前に持って来るのだという\(◎o◎)/なんて賢い馬たちなんだろうσ(^◇^;)


このエントリーのトラックバックURL:

コメント (1)を読む

コメントする